2019年9月21日 更新

将来の美肌のためには“年中UVケア”が必須!知っておきたい紫外線あれこれ

日頃の日焼け止めを塗ってUVケアしているのにうっすらとシミらしきものが出てきて困っている人はいませんか?将来の美肌のためには“年中UVケア”が必須です。そこで今回は、紫外線とシミの関係性、紫外線対策グッズについてご紹介します。

日焼けでシミができる原因になるのは、やはり〇〇

日焼けすると肌が黒くなるのは皆さんもご存知だと思いますが、どうして肌が黒くなるのでしょうか?

日焼けとは、実は火傷(やけど)の一種。
太陽の光に含まれている紫外線により皮膚が刺激・ダメージを受けて炎症を起こしたり、褐色化して皮膚の色が変化したりします。
太陽光を浴びると、紫外線による防御反応としてメラニン色素が発生します。
このメラニン色素は紫外線が体内に侵入するのを防ぎ、肌細胞を守るために一時的に生成させるとされています。

このメラニン色素は肌のターンオーバーサイクルが正常だと一定期間が過ぎれば老廃物として排出されるのですが、たくさんの紫外線を浴びた時やターンオーバーサイクルが乱れている時は、排出しきれずに細胞の中に残ったままになります。
この状態になると、シミとして部分的に目立つようになります。
 (4948)

もう少し具体的に説明すると、

1)太陽光を浴びる
2)紫外線が体内に侵入する
3)細胞破壊などを防ぐためにメラノサイトでメラニン色素が生成される
4)メラニン色素が広がって紫外線吸収を防いで、肌を守る
5)ターンオーバーサイクルが正常であれば、一定期間が過ぎると元に戻る
6)代謝が落ち、ターンオーバーサイクルが乱れると排出しきれなかったメラニン色素が肌の奥に残る
7)メラニン色素が皮膚に沈着してしまう
8)ターンオーバーを繰り返すうちに、肌の奥に残っていたしメラニン色素が肌表面に現れてシミに見える


このような順番で、シミができてしまいます。
ですので、どこかのタイミングでシミが生成されないためのケアが必要ということになります。

日焼け止めと合わせて使いたい紫外線対策アイテム3選

冒頭でもお伝えしましたが、日焼け止めをしっかり塗ったつもりでもうっかり焼けてしまうことがあります。
ここでは、日焼け止めと合わせて使いたい紫外線対策グッズを紹介します。
 (4952)

(1)サングラス

も日焼けをします。
お肌のように色が黒くなったりするわけではありませんが、お肌が炎症を起こすように目が日焼けをするとトラブルの原因になります。

また、目が日焼けをすると実はお肌も日焼けをします。
角膜が紫外線を吸収すると、脳に「メラニン色素を作れ」と指令が出るメカニズムになっています。
目が無防備だと、UVケア効果が半減してしまうかもしれません。

(2)帽子

頭のてっぺんが日焼けして皮がむけた経験がある人はいませんか。
髪や頭皮も紫外線によってダメージを受けます。

サンバイザーや麦わら帽子は頭のてっぺんが開いていたりメッシュ状になっていたりして涼しげですが、紫外線対策を優先するのなら頭を全部覆うタイプがお勧めです。
つば広で耳の裏まで隠れるタイプだと万全だと思います。

(3)日傘

紫外線対策の鉄板アイテム。
日焼け止めには「SPF/PA」という指標がありますが、日傘には紫外線をどれくらいカットできるのかを表す「紫外線遮光率」という指標があり、100%に近いものをお勧めします。
最近は、晴雨両用傘や紫外線遮光率が高くても可愛くておしゃれな日傘が増えています。
自分の好きな傘を常にバッグに忍ばせておきましょう。

(4)スプレー式日焼け止め

紫外線を防ぐ時、意外に盲点なのが地面からの照り返しです。
街中のアスファルトの照り返しは想像以上の影響力があり、油断しているとうっかりサンダル焼けをしていた…なんてことも。
素足の時は日焼け止めを塗り直せば良いのですが、ストッキングなどを履いていることもあるかと思いますので、スプレー式の日焼け止めが便利で効果的です。

すでにできてしまったシミを対策するには?

すでにできてしまったシミについては、以下のような対策が可能です。

(1)美白コスメで日々のケア

 (4963)

美白美容成分配合の化粧品で毎日コツコツとケアしましょう。
シミは一気には消えませんが、美白コスメ利用で少しずつ薄く改善されていきます。

(2)すぐに効果が欲しい人はレーザー治療

 (4967)

大きく、濃くなって目立つシミだとできるだけすぐに薄くしたいですよね。
そういう時はクリニックに行って医師に相談することをお勧めします。
レーザー治療後は軽い火傷(やけど)状態になりますので、治療施術による痛みや腫れ、赤みや傷痕などが回復するのにかかる時間=ダウンタイムがあります。

この期間は医師の指示に沿ったスキンケアが必要になりますが、自力で美白ケアするよりは短期間で効果実感できる可能性がありますよ。
今回は、冬でも続けたい紫外線対策にまつわるお話をしました。
ちょっと面倒だと感じても、一年中UVケアしておくことが美肌への近道です。
最近はグッズも増えていますので、自分のライフスタイルにあったアイテムをぜひ見つけてみてくださいね!

RAN 公式Twitterアカウント→ https://twitter.com/rantee_beauty

高橋 果内子

美容評論家/ビューティハンター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験や15以上の美容資格を取得した経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。 年間1000アイテム以上のコスメを試すほどの美容好きで、現在は、自分が実際に体験し“本当にお勧めできる”コスメやスパを探して世の中に紹介する「ビューティハンター」として活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。これまでの美容コラム執筆本数は1000本以上。 「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:https://www.kanakotakahashi.com Instagram:beautyhunter_kanako
このライター記事はこちらから

関連する記事

将来の美肌のためには“年中UVケア”が必須!知っておきたい紫外線あれこれ

将来の美肌のためには“年中UVケア”が必須!知っておきたい紫外線あれこれ

日頃の日焼け止めを塗ってUVケアしているのにうっすらとシミらしきものが出てきて困っている人はいませんか?将来の美肌のためには“年中UVケア”が必須です。そこで今回は、紫外線とシミの関係性、紫外線対策グッズについてご紹介します。
高橋 果内子 | 0 view