2019年8月7日 更新

スタッフへの福利厚生から生まれた化粧品ブランド「vivarca」

今年の夏、“キレイが人をつなぐ”というメッセージを掲げた化粧品ブランドが誕生します。その名も「vivarca(ビバルーカ)」。ブランド誕生のきっかけは、スタッフへの福利厚生だった!?というユニークなエピソードを持つ「vivarca」はどんなブランドなのか?

室内環境ストレスから肌を守る!商品開発のきっかけはスタッフ

先日、発表会にお招きいただき、ご紹介いただいたのは2019年9月に登場する新コスメブランド「vivarca(ビバルーカ)」です。
 (4016)

発表会では、開発販売を行う株式会社アレシアの社長からのご挨拶もありました。
株式会社アレシアは、もともと携帯販売ショップを経営している会社。
携帯販売ショップがなぜ化粧品ブランドを立ち上げたのか?について、社長から直々に教えていただきました。

「日々頑張ってくれているスタッフのために、会社としてできることは何かな?と考え、毎年社員のためにいろいろな福利厚生を考えていました。
もっと新しい何かを提供してあげたいな、と思ったある時、スタッフから「化粧品を作って欲しい」との声が。
携帯販売スタッフは一日中エアコンの環境下で業務を行い、肌の乾燥が気になる…と言うのです。
僕は男性なので化粧品のことは詳しくなかったですが、スタッフが欲しいというなら!と一念発起して作りました」

開発のきっかけが福利厚生というのは、とてもユニークですよね。

「そして、スタッフにプレゼントして使ってもらったところ、「お肌がきれいになったね」「化粧品変えたの?」と友達から声をかけられたスタッフが多く、今度は「社長、これ、売りましょうよ!」という話の流れになり…。
最初は社員ために作ったのですが、今回ご縁があって一般向けにも販売することになりました」


スタッフの方が効果を実感しているだけではなく、周りのお友達から見ても肌の変化がわかるほどの変化が起きるコスメであれば、興味津々です。

キー成分は“リンゴの女王”と呼ばれるイタリア「アヌルカカリンゴ」

「vivarca(ビバルーカ)」のコスメは、ローション(化粧水)と乳液の2種類からスタートします。
 (4020)

「vivarca(ビバルーカ)」のキー成分が“エナジェクションカクテル”
高い抗酸化力を誇るイタリア産の「アヌルカリンゴ」から抽出したエキスと、極限状態で生き抜く力を持つ水生生物「アルテミア」由来のエキスなどからなる自然由来成分を、独自の最新テクノロジー「クラスレートハイドレーションシステム」でカクテル化(複合化)したもの。

「エナジェクションカクテル」による抗糖化・抗酸化・乾燥を防ぐ作用のほか、角質に時間差で水分と美容成分をくまなく浸透させる「クラスレートハイドレーションシステム」によって、ベタつき感や被膜感を感じることのない、しっとりとしたうるおい感のある肌へと導いてくれます。
うるおい感を長時間キープしてくれる効果もあります。
 (4022)

「アヌルカリンゴ」エキスには目の下のクマや肌のたるみ、くすみを整えてくれる効果が期待できると言われています。

イタリアのナポリでのみ栽培される「アヌルカリンゴ」は高い抗糖化力・抗酸化力があり、近年では世界中で注目されている植物。
まだ果実が熟す前に青い実の状態で手摘みし、1カ月以上の月日をかけて手作業で天日干しして赤色へと追熟させていきます。
この丁寧な作業を行うことで、豊かで芳醇な香りと抗糖化・抗酸化力が増加するそうです。

ローションと美容乳液の2ステップで、お肌がプルプルつやつやに

今回、新発売になるローション「ビバルーカ Vローション」と美容乳液「ビバルーカ V美容乳液」をプレゼントしていただいたので、実際に使ってみました。
 (4026)

「ビバルーカ Vローション」は、さらっとしたテクスチャー。
さらっとしているのに肌がしっとりうるおいます。
うるおい感が長時間キープできるので、夏、エアコンで冷え、外気温との差が激しい肌へのストレスが高まっている時に使えば、肌状態が安定するかも!?

肌内部の水分量と油分量のバランスが崩れると肌トラブルを起こしがち。
特に夏は汗をかいて水分が少なくなりがちなので、ローションでの保水は大切です。
夏でも肌の乾燥が気になる人は、乳液や美容液を多めにつける前に、ローションを重ね付けすると水分量が増えてバランスが整うと思います。
 (4028)

続いて、「ビバルーカ V美容乳液」はローションとは対照的にとろみのあるテクスチャー。
手に取った瞬間は「あれ?これだとべたついちゃうかも?」と思いましたが、肌の上でのばしていくと肌へすーっとなじんでいき、後肌のべたつき感はなかったです。

1回2プッシュが推奨量。
うるおいキープ力が高いので「少量でもいいかな?」と感じてしまうかもしれないのですが、油分でしっかり肌を保護することも大切なので、量はケチらずに2プッシュを使いましょう。
顔全体になじませた後、ハンドプレス(手のひらで顔全体を覆う)をすればより密着感が増します。

ローションも美容乳液も柑橘系の爽やかな香り。
ベルガモット果実油・グレープ果実油・イランイラン花油・メボウキ油の4種を贅沢に使用していて、香りによるリフレッシュ&フラックス効果も。
毎日のストレスでなんとなく気分がスッキリしない…という時に救世主になってくれること、間違いなしです。
「vivarca」とは、イタリア語で「元気な」「活発な」を意味する「vivace」に由来してつけられたブランド名。
これを使うことで、ストレスケアをして、気分もスッキリ!そんな思いが込められているそうです。
2ステップでスキンケアが完了するのも忙しい女性にはお勧め。
気になった人はオンラインショップなどでチェックしてみてくださいね。

RAN 公式Twitterアカウント→ https://twitter.com/rantee_beauty

高橋 果内子

美容評論家/ビューティハンター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験や15以上の美容資格を取得した経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。 年間1000アイテム以上のコスメを試すほどの美容好きで、現在は、自分が実際に体験し“本当にお勧めできる”コスメやスパを探して世の中に紹介する「ビューティハンター」として活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。これまでの美容コラム執筆本数は1000本以上。 「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:https://www.kanakotakahashi.com Instagram:beautyhunter_kanako
このライター記事はこちらから

関連する記事

スタッフへの福利厚生から生まれた化粧品ブランド「vivarca」

スタッフへの福利厚生から生まれた化粧品ブランド「vivarca」

今年の夏、“キレイが人をつなぐ”というメッセージを掲げた化粧品ブランドが誕生します。その名も「vivarca(ビバルーカ)」。ブランド誕生のきっかけは、スタッフへの福利厚生だった!?というユニークなエピソードを持つ「vivarca」はどんなブランドなのか?
高橋 果内子 | 0 view