2019年4月24日 更新

パーソナルカラーがわからない人、必見!簡単自己診断法とは

コスメを買う時、トレンドカラーや好きな色よりも“自分に合う色”を選びたいと思う人もいますよね。そんな時に役立つのがパーソナルカラーですが、「パーソナルカラーなんてわからない!」という人もいるはず。今回は簡単自己診断テクニックを紹介します。

パーソナルカラーは“自分を引き立ててくれる”色

最近、雑誌やコスメ売り場でも見かけるようになった“イエべ”“ブルベ”というキーワード。
これはパーソナルカラー用語で「イエローベース」「ブルーベース」の略です。
 (1603)

パーソナルカラー」は、肌・髪・瞳・頬・唇などその人の生まれ持った色と雰囲気が調和した色=自分を引き立ててくれる色のこと。
似合う色を見つける診断のことを「パーソナルカラー診断」と言います。

パーソナルカラリストと呼ばれる診断をしてくれるプロフェッショナルも多く見かけるようになりましたが、興味はあるけど診断を受けるほどではない…と思っている人もいるかと思います。
もちろんプロに診断してもらうのが一番ですが、鏡を見ながら自分でもセルフチェックする方法はあります。

今回はその方法と、パーソナルカラーに近づけるための最新アイテムをご紹介します。

セルフチェックには“ファンデーションとチーク”がポイント

「パーソナルカラーはプロに診断してもらうもの」と思いがちですが、自分の感覚を信じてみることも一つの方法です。
もちろんプロの診断に勝るものはないですが、プロの診断を受けなくても毎日のメイクが自分で納得がいけばそれでもいいと思います。

「パーソナルカラー診断」と聞くと、とても敷居が高く感じると思いますが、自分を引き立てる色=似合う色とは、自分がつけていて違和感のない色の組み合わせだとざっくり捉えてみましょう。
洋服をコーディネートする時、「あれ?このトップスにこのスカートは合わないかな??」と感じたことはありませんか?
その時に感じた「あれ?」が“違和感”です。
 (1607)

洋服に比べてメイクはつける範囲が狭いのでその違和感を感じにくいかもしれません。
そのため、パーソナルカラーを自己診断したい時は、メイクの中でも塗る面積が広いチークファンデーションの色でチェックしましょう。
 (1609)

まずは、チーク。
チークは大きく分けて“オレンジ系”と“ピンク系”に分かれます。
最近は“テラコッタ”と言われるブラウン系チークがトレンドですが、ブラウン系はチェックが難しいので、ここでは敢えて外します。

“オレンジ系”と“ピンク系”、両方の色を頬に乗せてみて、どんな風に見えるか比べてみましょう。
自宅に両方の色がない人は美容カウンターで試してください。
そして、どちらの色が“違和感”を感じないかを自分で確認してみてください。

一方は自然に肌になじんで血色がよく、健康的な肌に見えませんか?
そしてもう一方はチークが悪目立ちしたり、クマやニキビ跡など肌トラブルが目立って見えたりしていませんか?

メイクで取り入れるべき“自分を引き立てる色”とは、自分の肌になじんで肌トラブルが目立たなく見える色。
チークを乗せて悪目立ちしているカラーは「パーソナルカラーではない」と判断しましょう。
 (1611)

次に、ファンデーション。
ファンデーションを選ぶ時、「色白に見えたい」とか「ソバカスを目立たなくしたい」など叶えたい肌質があると思いますが、私がお勧めする選び方は「首の色と合わせる」方法。

顔は日焼け止めを塗っている人がいますが、首元は意外にケアが行き届かず日焼けしていることがあります。
顔だけ見てファンデーションを選んでしまうと、首との色の差がはっきりしすぎて“違和感”を感じることも。

ファンデーションを選ぶ時は、オークル系の“イエべ”か、ピンク系の“ブルベ”かよりも、明暗をチェックした方が自然になじむ色を選べるようになりますよ。

パーソナルカラーに近づけるための最新アイテムをご紹介!

なんとなく自分で“自分に似合う色”が分かってきても、今持っているコスメがそれに合っているとは限りませんよね。
“自分に似合う色”が分かる前にゲットしたコスメが、自分にはなんとなく似合っていないと思っていた…そんな時、そのコスメがお蔵入りしてしまうことが多かったのではないでしょうか。

でも、コスメの研究開発が進み、最近ではパーソナルカラーに近づけるためのアイテムが続々と登場しています。
 (1615)

例えば、『コフレドール』の「スキンシンクロルージュ」。
これは、店頭では“イエべ”“ブルベ”に分かれて並んでいるという、これまでにはあまりなかった販売方法。
その中でも特に注目したいのは、<PT-01 プラチナチェンジャー>と<GD-01 ゴールドチェンジャー>の2色。

この2色は手持ちの口紅に重ね塗りすることで、自分のベースカラーに近づけることができるという優秀アイテム。
こういったアイテムを取り入れれば、これまでにゲットしたアイテムをお蔵入りさせる必要がないので、ぜひ試してもらいたい逸品です。
 (1617)

『コフレドール』以外にも、『ロレアル』のグロス「ユイルカレス」の<801:イエロー>&<809:ブルー>、
 (1619)

バラエティーショップでゲットできる『kiss』の「ニュアンスラスターグロス」<06:Rich Turquoise>&<09:Neon Light>など。
手持ちのリップにイエローorブルーのカラーをプラスするだけで自分のパーソナルカラーに近づけることができます。

アイメイクに関しては、塗っている面積が小さいのでパーソナルカラーに縛られずにその時の直感で「これ、いいな!」と思ったカラーを選んでも大丈夫です。
ちなみに、顔にはチークや唇など“赤み”を感じる色が多いため、顔の中に存在しないグリーン系のカラーが似合う人は少ないと言われています。
グリーンのアイシャドウは奇抜な印象になってしまう人が多いので、使う場合は塗る幅などに配慮が必要です。
パーソナルカラー」は難しく考えず、鏡越しに「今日の私はどうかなぁ?」と自分をよく観察しているうちに、自分に合う色に気づくようになります。
これから先、自分に合ったカラーを選ぶためにも自分チェックを続けてみてくださいね。
自分チェックが面倒…という人がいたら、ぜひ一度プロに診断してもらってください!

RAN 公式Twitterアカウント→ https://twitter.com/rantee_beauty

高橋 果内子

美容コーディネーター/コラムニスト OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:https://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako Instagramアカウント:takakana_official
このライター記事はこちらから

関連する記事

パーソナルカラーがわからない人、必見!簡単自己診断法とは

パーソナルカラーがわからない人、必見!簡単自己診断法とは

コスメを買う時、トレンドカラーや好きな色よりも“自分に合う色”を選びたいと思う人もいますよね。そんな時に役立つのがパーソナルカラーですが、「パーソナルカラーなんてわからない!」という人もいるはず。今回は簡単自己診断テクニックを紹介します。
高橋 果内子 | 0 view