2019年4月18日 更新

カラーメイクシリーズ第一弾♡レッド

様々なシーンで一色に絞ってカラーメイクをするのもまたメイクの楽しみ方の一つ。ライブ・イベント・スポーツ観戦などで応援しているグループやチーム、アイドルなど対象を象徴するカラーメイクをして趣味とメイクの両方をより楽しむのはいかがでしょう?今回はレッド。

カラーメイクでイベントを更に楽しもう

カラーメイクはお出かけの日にうってつけ。
遊び心を最大限に出して色んなイベントを楽しんでみましょう!
今回から一つの色に絞ったカラーメイクシリーズを何回か書かせて頂くことになりました。

というのも、最近チームカラーやメンバーカラー、キャラクターカラーを身につける方が多いという事を筆者自身SNSで目にするからです。
その対象を象徴するようなカラーが、スポーツやアイドル、アニメのキャラクターでもありますよね。
そこで、そのイベントやライブに行く時や観戦しに行く際に、好きなものにちなんだカラーメイクをしていくとより楽しめるのではないでしょうか。

普段そういった場所に出向かない方でも、オフィスメイクや無難なメイクから、一色に絞ってカラーメイクをしてみると顔に統一感も出ますし、お洋服との相性を考えながらくどくならないようメイクは引き算して…と考えると、よりお化粧が楽しくなると思います。

最初はレッド
赤は色のイメージだけですと力強さ、情熱的、元気さも感じられるカラーですよね。
リーダー格(戦隊モノのヒーローのような)イメージもあります。

赤を取り入れたい!と思ったら、気軽にネイルから取り入れてみるのはいかがでしょう。
 (728)

こちらは赤の中でもポップで明度も高く鮮やかなカラー。
若干透け感のあるポリッシュです。

RMK ネイルポリッシュ 15(CL)

RMKのネイルはカラーバリエーションも多く、質感もマットに仕上がるものからラメ入り・繊細なパールたっぷりのものまで様々。
同じ赤でもニュアンスの違うものが何色かあり、デパコスの中でもお値段がお手頃なので買いやすく、プレゼントにもオススメです。

 (730)

写真はどちらも二度塗りの状態です。
ほんの少し透けていますが、ほぼボトルの色と同じ発色に。

秋冬はもっと深いボルドーのネイルでも良いかもしれませんね。

メインは赤のアイシャドウ

今回はアイメイクに力を入れて、リップはシアー、チークも薄くふんわり乗せるメイクをイメージしています。
全部パキッとした色を乗せるとくどくなりすぎてしまうからです。

単色アイシャドウを入れるところを工夫すると目の形や一重や奥二重、二重など関係なくメインとなるカラーを主張することができるので、そのやり方でやってみました。
それは「メインカラーを上まぶた目頭側と、その対角線上の下まぶた目尻側に乗せる事」

こちらはお店のビューティーアドバイザーの方に教えて頂きました。
メイクアップアイテムを買う時に、活かしたい色をどう乗せるか、メイク方法を聞いてみるのも良いと思います。
 (734)

このメイクに使ったのは赤みブラウンで普段使いもしやすい

SUQQU デザイニングカラーアイズ04 絢撫子

こちらは定番色で大人気のアイテム。
粉質も滑らかでラメ感も繊細なので上品に仕上がります。

そしてアクセントに使った単色アイシャドウは

マジョリカマジョルカ シャドーカスタマイズ
RD422 熱情


こちらは昔からある人気色、きつすぎない柔らかな赤です。
このシャドウの乗せ方でさらに目尻にカラーライナーを引き、もう一つ遊びの要素を足すのも良いですよ。

チェリーレッドなどの鮮やかな赤いアイライナーに抵抗感のある方は、バーガンディーなど落ち着いた赤みブラウンを足すとぐっと深みも統一感も増すのでそちらもおすすめ。

今回はアイライナーは引かず締め色をキワに乗せ、ブラウンマスカラで仕上げています。

赤いリップで仕上げ

目を強調するためにアイシャドウを少し派手に仕上げたので、リップは自然でシアーなものを。

もちろんこれを逆にして、リップを強調し、アイメイクは控えめに(いつも通りに少し赤の要素を足す程度)仕上げても良いでしょう。
 (738)

こちらは
ゲラン キスキスローズリップ
R374 ワンダーバイオレット


このリップはゲラン初のティンテッドリップバーム。
滑らかでふっくら唇に仕上げ、潤いも持続するので普段使いのリップとしても重宝します。

スティックの色よりもシアーで薄めの発色なので使いやすいですよ!
いかがでしたでしょうか。
今回のレッドメイクで使ったメインアイテムはこちら。
 (741)

特にSUQQUのデザイニングカラーアイズ04絢撫子
は赤みがあるとはいえ濃淡を調節すればオフィスでも使えますので特におすすめですよ!

これから様々なジャンルのイベントがたくさんあると思いますが、皆さんの好きなものに因んだメイクをするとより楽しめると思います。
普段のお出かけメイクでも、今日は「赤でいこう!」と決めて、コスメを選んで自分の違う顔を見つけるのも楽しいですよ。

RAN 公式Twitterアカウント→ https://twitter.com/rantee_beauty

りょう

集英社MAQUIA公式インスタブロガー。日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュの資格を持つ。美容に関わる知見とブロガーならではの情報網を駆使し、最新コスメトレンドにも精通。パーソナルカラー等に縛られず、自由に自分らしくをモットーに、自身のSNSでも様々なコスメ情報を発信中。 公式Twitterアカウント:https://twitter.com/rcsm_glc、公式Instagramアカウント:https://www.instagram.com/lilil52/
このライター記事はこちらから

関連する記事

カラーメイクシリーズ第一弾♡レッド

カラーメイクシリーズ第一弾♡レッド

様々なシーンで一色に絞ってカラーメイクをするのもまたメイクの楽しみ方の一つ。ライブ・イベント・スポーツ観戦などで応援しているグループやチーム、アイドルなど対象を象徴するカラーメイクをして趣味とメイクの両方をより楽しむのはいかがでしょう?今回はレッド。
りょう | 0 view