2019年6月27日 更新

カラーメイクシリーズ第7弾♡ブラック

様々なシーンで一色に絞ってカラーメイクをするのもまたメイクの楽しみ方の一つ。ライブ・イベント・スポーツ観戦などで応援しているグループやチーム、アイドルなど対象を象徴するカラーメイクをして趣味とメイクの両方をより楽しむのはいかがでしょう?今回ブラック。

クールなブラックメイクで、イベントを楽しもう

カラーメイクはイベントやお出かけの日にうってつけ。
これからは夏休みも到来し、様々なイベントやライブ、旅行に行かれる方も多いと思います。
遊び心を最大限に出して色んなイベントを楽しんでみましょう!

このようなテーマのもとカラーメイクシリーズを始め今回で7回目になります。
最近チームカラーやメンバーカラー、キャラクターカラーを身につける方が多いという事を筆者がSNSで目にして始まったカラーメイクシリーズです。
イベントやライブに行く時や観戦しに行く際に、好きなものにちなんだカラーメイクをしていくとより楽しめるのではないでしょうか。
普段そういった場所に出向かない方でも、一色に絞ってカラーメイクをするとメイクに統一感が出ます。


第7弾はブラック。
黒は強く凛としていて美しいイメージがあります。
そしてその中で赤い口紅をより一層際立たせることも、自らが主役ともなれる色だと思います。
カラーメイクでもブラックメイクはなかなか普段使いには難しいのではないか、目のまわりが真っ黒でケバケバしい印象になってしまわないかという懸念もあって挑戦した事のない方も多いと思います。

黒とひとまとめにしてしまうと抵抗がある方でも、墨のような深いグレーから「白に近い灰色」と言われるアースグレーの様な淡さも感じさせる色を取り入れるとメイクがしやすくなります。
モノトーンは落ち着きと大人っぽさを連想させ、意志の強さも見せられる色。
また、リップを目立たせたい時にモノトーンで薄く仕上げるとリップ選びも楽しくなりますよ。

また、アイシャドウの色の組み合わせ次第では素敵なグラデーションになります。
ピンクやパープル、グレイッシュな他の色…意外と合います。

今回も簡単なネイルからご紹介します。
黒のネイルはベタ塗りだとかなり手もとの印象が重くなってしまいがち。

今はシアーな質感を楽しめるシロップネイルなどもありますし、マットネイルなどで魅せ方を変えたりすることで同じ色でも違う楽しみ方ができるようになりました。
 (3067)

まずは左から3本の指に塗っているのは

◆ネイルホリック BK010

透け感のない黒で、まさに「漆黒」というカラー。

人差し指は
◆RMK ネイルポリッシュ EX-01 ブルーエボニー
こちらは限定カラーなので現在は入手できませんが、似たような透け感のあるグレーネイルは夏らしくてピッタリなのでおすすめです。

小指は
◆ネイルホリック パーティーフレークGD027
を上から一度塗りして雰囲気を変えてみました。
このパーティーフレークシリーズは他にもカラーラインナップがあるので、ネイルの雰囲気をお手軽に変えたい時にはもってこいのアイテムです。
特にこのゴールドとシルバーは持っておいて損はないでしょう。

薬指はシンプルにフレンチ。
爪の根元やフレンチの境目にパールやストーンなどを置いても可愛いですね。
手描きでチェックを描くのも夏らしくて可愛いのではないでしょうか。

中指は四角いスタッズを根本に。
ブリオンやラインストーン、ネイルシールなどをワンポイントで置くだけでも印象が変わってきますね。

セルフネイル派の方は是非簡単にアレンジしてみて下さい。

ブラックのアイメイクは、強さを見せるか引き算か

今回は夏らしくキラキラのラメたっぷりで華やかなメイクと、単色でグラデーションをしたものと2つご紹介したいと思います。

まずは黒と合わせるのは、多色ラメの混ざったやや暗めのダークパープル
個人的に黒と組み合わせるととても相性の良いカラーだと思います。
 (3071)

アイホールには明るいアイボリーの繊細なパールたっぷりのカラーを塗り広げます。
目頭側に「く」の字にハイライト効果が出るよう、この色を入れます。

キャンメイクのニュアンスチェンジャーとしても使えるアイシャドウベースを目尻にかけてグラデーションになるように塗って、土台作りをします。
この時、下まぶたにもチップでぼかして黒目の下辺りまで薄く塗っておきます。
上から薄く下の目尻を重点的にダークパープルのシャドウでさらにぼかします。

メインで使うADDICTIONのアイシャドウは透け感があるのでキャンメイクのベースは大切。
立体感が出るよう瞼の中央に広めに乗せて、アクセントとなる多色ラメのたっぷり入ったダークパープルを目尻に広げてグラデーションを作ります。

アイシャドウを濃いめに塗っているので、アイライナーはリキッドで繊細なラインを引き、目尻を跳ね上げて少しイベント向けに遊び心を出してみましょう。
マスカラも繊細で自まつ毛を際立ててくれるロングタイプのものを使用しています。
◆デジャヴュ ラッシュアップK)

使用アイテムのスウォッチです。
 (3073)

上から順に
◆ADDICTION ザ・アイシャドウ139 Soprano(限定色)
◆キャンメイク アイシャドウベースBV
◆ADDICTION ザ・アイシャドウ006 Ghost Dance
◆カラーポップ SUPER SHOCK SHADOW “DANCE PARTY”(現在販売終了)

カラーポップは他にも同じような色のアイシャドウがありますが、基本的に海外コスメなので入手のハードルが高く感じられる方も多いと思います。
MACのダズルシャドウはとても色みが似ていて含まれているラメの色が違うので、こちらもまた可愛くておすすめです。
 (3075)

スウォッチ上から
◆カラーポップ
◆MAC ダズルシャドウ ゲットフィジカル

 ライトブルーがきらめくパープル
◆MAC ダズルシャドウ フィールザフィーバー
 ピンクがきらめくディープブルーパープル

どれも似ているようでいて似ておらず、多色ラメの輝きがとても綺麗な人気色です。

2つ目のメイクパターンは、シンプルに単色でグラデーションを作り、最後にラメをポイントで乗せたもの。
こちらの方が大人しめで、ブラックのニュアンスも先ほどのメイクと違います。
 (3077)

下まぶたにはアクセントでボルドー、カシスカラーのラインを引いてチップでぼかしています。

使用アイテムのスウォッチ
 (3079)

上から2つが
◆エレガンスクルーズ アイカラーウィンド MN04

チップでひと塗りしたものと、その下が指で広げたスウォッチです。

その下は先ほども使ったADDICTIONのゴーストダンス。
シルバーラメが爽やかなきらめきをプラスしてくれます。
一番下はカシスカラーのペンシルアイライナーです。

エレガンスクルーズの「アイカラーウィンド」は、珍しいチップで取り出して塗るルースタイプのパウダーアイカラーです。
とてもさらっとしていてエアリーな質感、高発色のアイカラーです。
少々取り出す時の粉飛びが気になりますが、まぶたにつけると密着度は高いです。
お値段もお手頃、カラー展開も豊富なのでチェックしてみて下さいね。

ブラックのアイメイクは他の色を上手く組み合わせるとより魅力的になります。
どの色が相性がいいか探すのも、また一つの楽しみになりますね。

ブラックメイクに合わせるリップ&チーク

ブラックをテーマにしたメイクをすると、どうしても目もとは目立ちがちに。
なので、チークはカラーレス、または肌馴染みの良いものを広範囲につけるのがおすすめ。

リップはブラックのアイメイクを濃いめにしてモードな服装の時は、今もトレンドのセミマット・マットリップの高発色なものを。
グロスで自然なツヤと潤いを与えて、黒の中にも唇には透け感を与えてセンシュアルな雰囲気を出すのも良いでしょう。
 (3083)

少しダークなベリーカラーでも、グロスやシアーなリップを選ぶとぐんとつけやすくなります。
また、上から二番目のようなニュアンスチェンジャーのような役割を果たすグロスを上から乗せて、普段使っているリップの雰囲気を変えるのもおすすめ。

画像上から二番目のCHICCAのメスメリックグロスオンは現在販売終了品ですが、後継品のメスメリックグラスリップオイルウェットリップオイルでトーンを落としてリップメイクを楽しむこともできます。

そして「黒グロス」の代表とも言われている名品
◆ADDICTION リップグロスピュア 003 ダークナイト
 (3085)

手持ちのリップに乗せるだけでガラリと印象が変わります。
これを一本持っているだけで、手持ちのリップが実質2パターン楽しめる大ヒットアイテム。
グロスとしても優秀で密着度も高く、使用感も良いのでぜひブラックメイクに取り入れてみてください。
いかがでしたでしょうか。

「黒コスメ」は、普段からアイライナーやマスカラを使っていてもアイシャドウ選びがなかなか難しいと思います。
グレーでもパープリッシュなものや、赤みのあるもの、ブルーがかっている色など様々あり、なかなか研究しがいのあるカラーテーマですよね。
応援している人や団体のイメージカラーが黒の方はこれを機にぜひ挑戦してみてください。
 (3088)

これから夏に突入しライブ、スポーツ観戦などイベントがたくさんあると思いますが、皆さんの好きなものに因んだメイクをするとより気分も上がりますよね。
普段のお出かけメイクでも、今日は「ブラックでいこう!」と決めて、コスメを選んで自分の違う顔を見つけるのも楽しいですよ。

前回までの記事はこちら

RAN 公式Twitterアカウント→ https://twitter.com/rantee_beauty

りょう

集英社MAQUIA公式インスタブロガー。日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュの資格を持つ。美容に関わる知見とブロガーならではの情報網を駆使し、最新コスメトレンドにも精通。パーソナルカラー等に縛られず、自由に自分らしくをモットーに、自身のSNSでも様々なコスメ情報を発信中。 公式Twitterアカウント:https://twitter.com/rcsm_glc、公式Instagramアカウント:https://www.instagram.com/lilil52/
このライター記事はこちらから

関連する記事

カラーメイクシリーズ第7弾♡ブラック

カラーメイクシリーズ第7弾♡ブラック

様々なシーンで一色に絞ってカラーメイクをするのもまたメイクの楽しみ方の一つ。ライブ・イベント・スポーツ観戦などで応援しているグループやチーム、アイドルなど対象を象徴するカラーメイクをして趣味とメイクの両方をより楽しむのはいかがでしょう?今回ブラック。
りょう | 0 view