2019年8月4日 更新

今さら聞けない!パーソナルカラーの基本のキ

「パーソナルカラー」「イエベ」「ブルべ」というワードは、コスメ好きの人なら1度は聞いたことがあるはず。「自分の肌や瞳、髪に調和する色=パーソナルカラー」を知ることで、自分の印象をアップさせることができますよ。今回は、今更聞けないパーソナルカラーの基礎知識について解説します!

”パーソナルカラー”、活用してる??

美容やコスメが好きな人なら、「パーソナルカラー」や、「イエベ」「ブルべ」といったワードを一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
パーソナルカラーとは、その人が生まれ持った肌や髪、瞳の色に調和するカラーのこと。
そのため、人それぞれ服やメイクなどで似合う色も変わってきます。
 (3845)

「人気のコスメを買ってみたのに、自分が使ってみると全然似合わなかった…」ということはありませんか?
また、素敵な色の服だと思って買ったのに、実際着てみると、服が浮いているような気がして全然似合っていないということも、一度は経験したことがあるかと思います。
モデルさんには似合っていても自分には似合わないというのは、パーソナルカラーが違っているから、ということが原因の場合も。

逆に、パーソナルカラーを基に自分に似合うメイクを試したり服を選んだりすることで、自分自身をより美しく、健康的に見せる効果もあります。

パーソナルカラーを知るメリット

パーソナルカラーを知っておくことによって、洋服を選びやすくなったり自分に似合うメイクを知ることがでたりすることで、より魅力を引き出すことができるのは前述のとおり。
セルフブランディング面でも、金銭面でも、実はたくさんのメリットがあるんですよ。

第一印象がアップ!

パーソナルカラーを知ることで、自分に似合う色がわかるようになります。
自分に似合う色の服を着ると、肌がトーンアップして見え、さらにはシミやしわ、くすみを目立たなくしてくれます。
また、服装やメイクをパーソナルカラーをベースに色味を調整することで、全体的にまとまりが出ることによって、センスが良く見える効果も。

逆に、パーソナルカラーと真逆のカラーを身に着けると、若作りに見えたり、逆に老けて見えたりしてしまうことも。
顔は、1番相手に見られるパーツ。
身に着けるカラーだけで肌の見え方や印象が変わるのであれば、ぜひとも活用したいですよね!

無駄な買い物が減る

「可愛い!」と思って買ってみたはいいけれど、なんとなく自分に合わなくて、結局1度も使っていない…というコスメや洋服を持っていませんか?
自分が好きな色やトレンドカラーと、自分が似合うカラーが異なることも多々あります。

自分のパーソナルカラーを知ることで、確実に自分の似合う色を選ぶことができるように。
すると、服やコスメを買うときにも、自分の似合うカラーがどれなのか体感的に分かるようになり、「なんとなく似合わなくて使っていない…」という無駄買いを極力減らすことができます。
細々した無駄買いでも、蓄積すると結構な出費になっていることも。
自分の魅力を引き出しつつ、お財布にも優しいのは嬉しいですよね。

各パーソナルカラーの種類と特徴

パーソナルカラーは、大きく分けると暖色系のカラーが似合う「イエローベース(通称イエベ)」と、寒色系のカラーが似合う「ブルーベース(通称ブルべ)」の2種類に分けられます。
 (3853)

小麦色の肌がイエローベースで色白肌がブルーベース、と考えている人も多いですが、あくまでも「肌や瞳に調和するカラー」が黄みよりか青みよりか、で分けられるので、ご注意ください。
(色白肌で有名な女優さんがイエベであることは有名ですよね。)

「イエローベース」「ブルーベース」をさらに2つに分けたカラータイプが、春(スプリング)、夏(サマー)、秋(オータム)、冬(ウィンター)と呼ばれているもの。
通常はこの4タイプごとに似合うカラーを見ていくことが多いと思います。
 (3857)

では、それぞれのパーソナルカラーのタイプを詳しくみていきましょう!

●イエローベース

暖色系が似合うイエローベースさんは、スプリングタイプオータムタイプに分けられています。

・スプリング(春)タイプ

 (3862)

スプリングタイプは、髪色や瞳の色が明るく、また、年齢より若く見られることが多いという方が多いそう。
黄みよりの暖色系で澄んだカラーが似合う傾向にあり、明るいコーラルピンクや鮮やかなイエローを身に着けると、若々しい印象になります。

・オータム(秋)タイプ

 (3865)

オータムタイプは、黄みよりでくすんだ、深みのあるカラーが似合うタイプ。
カーキやブラウン等、アースカラー系のカラーが非常に似合い、おしゃれでゴージャスな雰囲気の方が多いです。

●ブルーベース

寒色系が似合うブルーベースさんは、サマータイプウインタータイプに分けられます。

・サマー(夏)タイプ

 (3870)

サマータイプは、青みよりの淡くグレイッシュなカラーが似合うタイプ。
パステルカラーやピンクベージュなどの淡いカラーを身に着けることで、肌の透明感がアップしますよ。

・ウィンター(冬)タイプ

 (3873)

ウインタータイプは、青みよりで澄んだコントラストの強い色がよく似合います。
はっとするような濃く強いレッドや曇りのないブラックを身に着けても顔が色に負けず、逆に存在感が引き立てられるタイプです。
パーソナルカラーをうまく活用している方は、第一印象で得をするのはなんとなくお分かりになったのではないでしょうか?
私たちの目から入る情報は膨大なため、色をうまく活用して、自分の印象すらコントロールできる力を、パーソナルカラーを知ることで身に着けることができるため、ぜひ活用してみてください。

RAN 公式Twitterアカウント→ https://twitter.com/rantee_beauty

Motto編集部

Motto編集部です!皆さんの「キレイ」に役立つ情報をお届けします♡
このライター記事はこちらから

関連する記事

今さら聞けない!パーソナルカラーの基本のキ

今さら聞けない!パーソナルカラーの基本のキ

「パーソナルカラー」「イエベ」「ブルべ」というワードは、コスメ好きの人なら1度は聞いたことがあるはず。「自分の肌や瞳、髪に調和する色=パーソナルカラー」を知ることで、自分の印象をアップさせることができますよ。今回は、今更聞けないパーソナルカラーの基礎知識について解説します!
Motto編集部 | 0 view