2019年9月12日 更新

秋の甘い味覚、さつまいもで「腸美人」になろう!

秋の味覚の代表の1つ、「さつまいも」。さつまいもには腸をキレイにしてくれる成分がたっぷり!秋の甘い味覚、さつまいもを食べて腸活し、美肌をゲットしちゃいましょう!

秋の甘い、美味しい味覚といえば「さつまいも」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
さつまいもには腸をキレイにしてくれる成分がたっぷり詰まっています!

甘いお味で、腸が、肌がキレイになる!
こんな嬉しいことはありませんよね♪
秋の甘い味覚、さつまいもを食べて美肌をゲットしちゃいましょう♪

さつまいもの嬉しい美容効果

さつまいもはビタミンをはじめとした多くの美容効果が期待できるすごい野菜です。
 (4658)

その中でも特出しているのが、「ヤラピン」という成分。
お芋にはじゃがいも、里芋などいろいろ種類はありますが、この「ヤラピン」という成分はさつまいもだけに含まれています。
さつまいもを包丁で切ると、白い液が出てくるのですが、これが「ヤラピン」で、腸の環境を整える効果が期待できます。
 (4660)

腸美人が肌美人!

腸に便がたまっていると、身体にゴミを貯め込んでいるのと同じ状態。
健康にも良くないですし、肌にも「ニキビができる」など、不調が現れてきます。
逆に腸に便がたまっていない、キレイな状態だと、お肌もキレイになっていきます。
腸の環境はお肌に繋がっているんですよね。

2つのパワーで腸環境改善!

さつまいもに含まれているヤラピンは腸の環境を改善する効果が期待できます。
さらに、快便につながる食物繊維、この2つ成分の働きで、腸環境を整えてくれます。
昔、よく「さつまいもを食べるとオナラが出る」といったのは、これら2つの成分からくる腸への効果からきているんですね。

さつまいもの甘さの秘密

さつまいもは野菜の中でも甘さが強く、おやつとして食べることもあるかと思います。
この甘さの秘密、それは「麦芽糖」(ばくがとう)」です。
この麦芽糖は甘さだけでなく、ヤラピンと同じように腸の働きを助けてくれる効果がある、嬉しい成分です。

この麦芽糖は、酵素がデンプンを分解することでうまれるのですが、この酵素は加熱することで働き始めます。
ゆっくりと加熱する温度を上げていき、酵素が働く時間を長くすることで、麦芽糖は多くなっていきますので、「じっくり加熱する」ことが大切です。
次の章で、さつまいもの甘さの秘密、「麦芽糖」を最大限に引き出す焼き方をご紹介しますね。

家でも甘くて美味しいさつまいもを味わおう

外で買う石焼いも、美味しいですよね。
でも、いつも買いにいくわけにも行かない。
そこで、自宅でもしっかりさつまいもの甘さを引き立てることができる方法をお伝えします。
時間はかかるけど、すっごく簡単で、スーパーの普通のさつまいもが、まるでブランド野菜のように美味しくなりますよ♪

<材料>

さつまいも

<焼き方>

①    オーブンを160℃に温めます。
②    余熱が完了したらさつまいもを入れて1時間加熱して完成。
 (4673)

さつまいもの量はいくつでも大丈夫ですが、天板1枚に収まる量にとどめておくことをおススメします。

最近は電子レンジで簡単に加熱する方法もたくさん紹介されていますが、さつまいものおいしさを引き出すにはじっくり加熱することが大切です。
ご紹介した方法は、時間はかかりますが、作業工程はオーブンに入れる、これだけです。
オーブンで加熱することでじっくり火が通るので、ほっくり甘いさつまいもを食べることができますよ♪

さつまいもの甘さ引き立つ炊き込みご飯

さつまいもは、ただ焼くだけでも美味しいですが、炊き込みご飯もおススメです。
いつものお茶碗1杯の白米をさつまいもの炊き込みご飯にすることで、 ダイエット効果も期待できますよ♪
 (4677)

<材料>

米 2合
さつまいも 1本
酒 大さじ1
塩 1つまみ
 (4680)

<作り方>

①    さつまいもを角切りにし、水に10分ほどさらしておく。
 (4683)

②    お米は研ぎ、炊飯器の2合目のメモリまで水を入れ、大さじ1の水を捨てる。
③    酒と塩を加えて軽くまぜ、水切りした①のさつまいもを入れて普通炊きをする。
 (4685)

④    全体をざっくり混ぜ合わせて完成。

さつまいもがほっくりと炊き上がり、とっても美味しい炊き込みご飯の完成です!
秋には新米も出回りますので、新米とさつまいもで、秋の味覚が詰まった1品になりますよ♪

さつまいもは腸を整え、腸は身体、お肌を整える素晴らしい効果があります。
甘くほっくりとした秋の味覚、さつまいもでこの秋は「超美人」ならぬ「腸美人」、目指してみませんか?

RAN 公式Twitterアカウント→ https://twitter.com/rantee_beauty

菅 智香

菅 智香(かん ともか) 育児料理アドバイザー、食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。 一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。 その後、食事で体の中から、健康的な美しさを心がけ、 食を通して美しく歳を重ねるため、AGEフードコーディネーターの資格を取得。 美容に良い料理、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。
このライター記事はこちらから

関連する記事

秋の甘い味覚、さつまいもで「腸美人」になろう!

秋の甘い味覚、さつまいもで「腸美人」になろう!

秋の味覚の代表の1つ、「さつまいも」。さつまいもには腸をキレイにしてくれる成分がたっぷり!秋の甘い味覚、さつまいもを食べて腸活し、美肌をゲットしちゃいましょう!
菅 智香 | 0 view