2019年9月2日 更新

美容を気にする人におススメの中食、外食術

日々忙しい現代女性。毎日自炊した方が良いとはわかっていても、難しいのが現状ですよね。でも、美容や健康を意識した食事をしたい!という方は、「食べるものの選び方」を意識してみてはいかがでしょうか??今回は、美容のために気にするべき外食・中食術をご紹介します。

レストランなどでの外食、スーパーなどでお惣菜を買って家で食べる中食、すっかり定番になってきていますよね。
「手作りの方が良いのはわかっていても、時間と意欲がなくて、毎日お料理なんてできない…。」そんな方も多いのではないでしょうか。

自炊と違って、外食・中食は家にある食材を気にせず、その時、その時で自分で食べるものを選ぶことができる!という大きなメリットがあります。
だからこそ、美容のために、何を食べるべきか、何を避けるべきか、それを知っておくことで、数年後のあなたの見た目に大きな影響が出てきます。
アンチエイジングならぬ、ウェルエイジング!
美しく歳を重ねるために、今日からあなたが食べるもの、見直してみませんか。

見た目年齢に大きく影響、AGEって知ってる?

AGEという言葉、ご存じでしょうか。
近年、健康な身体や見た目年齢に大きく影響するということが分かり、じわじわと話題になっています。
キレイに歳を重ねる「ウェルエイジング」に興味のある方には特に知っておいていただきたい物質です。

AGEって何?

AGEとは「終末糖化産物」を英語で省略したもので、たんぱく質と糖が加熱されてできた物質。
老化を進める原因物質と言われています。

AGEは美容の大敵!

AGEが身体の中に増えるとどうなるのかを端的にいうと、見た目年齢がどんどん老け込んでいきます。

皮膚の主成分はたんぱく質。若い人の肌にハリがあり、弾力があるのはたんぱく質に元気があるためです。
ですが、たんぱく質がAGE化すると、お肌にハリや弾力がなくなり、シワやたるみが出現。
さらに、シミができ、黄ぐすみなどの老化現象が現れてきます。

また、髪もケラチンというたんぱく質で出来ているので、髪も糖化がすすみAGE化すると髪のコシがなくなり、スカスカになってきてしまいます。
髪のキューティクルもなくなっていき、美髪とはどんどんかけ離れた状態になってしまいます。
 (4398)

AGEが増えにくい調理方法

食品に含まれるAGEは、高温で調理すればするほど増えていきます。
ですから、調理方法は下記順番でAGEが増えていきます。
外食をする際に何を食べるか、選ぶ基準になるので、なんとなく頭に入れておくといいですよ♪

①    生            (野菜スティック、生野菜サラダetc)
②    蒸す・茹でる  (温野菜etc)
③    煮る          (煮物etc)
④    炒める    (野菜炒めetc)
⑤    焼く          (焼き魚、ステーキetc)
⑥    揚げる        (天ぷらetc)

中食、外食で避けるべき食べ物

AGEを体内に増やさないために、中食や外食の時、何を食べるべきでしょうか。
AGEを全く摂取しないということは難しいですが、なるべく控える、ということはできます。
なんとなく頭に入っているだけでも、明日からの中食、外食で何を選ぶか変わってくると思いますので、是非確認してみてください。

ジュースや炭酸飲料は避ける

市販のジュースや炭酸水は異性化糖という物質が含まれているものがあります。
この異性化糖は、ブドウ糖の10倍の速さでAGEを作ると言われています。

そんなことを言っても、どう判断すればいいのか、難しいですよね。
そんな時は商品の成分欄を見てみください。
「ブドウ糖果糖液糖」「果糖ブドウ糖液糖」と書いてあるものは避けるようにするのがおススメです。
 (4405)

迷ったら中華は避けておこう

食事をするお店を決める時には、「今日は中華かなぁ」「イタリアンかなぁ」といろいろ考えますよね。
大まかですが、和食・イタリアン・中華の3つから選ぶ機会が多いのではないでしょうか。

「今日は何にしようかな?」迷っている時には和食がおススメです。
そして最も避けるべきが中華です。
 (4408)

高温で調理すればするほど、AGEは増えてしまうのは前述のとおり。
中華はお肉を揚げた後に炒める酢豚や、高温で炒めるチャーハンなど、注意すべきメニューが意外と多くありますので、中華以外のお店を選ぶことをおススメします。

揚げ物は買わない!

自炊で一番めんどくさいのは揚げ物!
普段自炊をしている人でも、揚げ物だけはお惣菜で…という方も多いかと思います。
でも、揚げ物こそ食べたいなら自宅でするべき!
中食、外食は避けるべきなんです。

先にもお伝えした通り、揚げ物にはAGEがたっぷり含まれています。
そして市販の揚げ物やファストフードの揚げ物には、AGEの観点からだけでなく、他にも避けた方が良い理由があります。
それが「トランス脂肪酸」という物質です。

トランス脂肪酸という言葉、なんとなく聞いたことある方もいるのではないでしょうか。
トランス脂肪酸は「食べるプラスチック」とも言われていて、高血圧、肥満など、すべての生活習慣病の素になり、諸外国では禁止されているところもあるほどの恐ろしい物質!
健康に悪影響なのはもちろんのこと、体型、見た目年齢にも悪い影響を及ぼします。
そして、1度摂取してしまったトランス脂肪酸が身体の中から完全になくなるのにはおよそ1年かかると言われています。
そこまで身体に悪いものを、あえて買って食べる必要は全くないですよね。
ですから、できるだけ揚げ物は避けるようにしましょう。
 (4412)

普通に食事を楽しいながら、AGEをすべて避ける、そんなことは無理な話です。
でも、少しでも知識が頭に入っていれば、コントロールをすることができます。

「昨日揚げ物だったから今日はやめておこうかな」、「明日中華食べに行くから、今日は和食にしておこうかな」、こんなちょっとした事の積み重ねで、数年後のあなたの見た目年齢は劇的に変わってくるはず!
食事はあなたを作る大切なもの。
だからこそ、食事を楽しみながらもちょっとコントロール、食の楽しみも将来の美しさも、両方手に入れましょう♪

RAN 公式Twitterアカウント→ https://twitter.com/rantee_beauty

菅 智香

菅 智香(かん ともか) 育児料理アドバイザー、食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。 一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。 その後、食事で体の中から、健康的な美しさを心がけ、 食を通して美しく歳を重ねるため、AGEフードコーディネーターの資格を取得。 美容に良い料理、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。
このライター記事はこちらから

関連する記事

美容を気にする人におススメの中食、外食術

美容を気にする人におススメの中食、外食術

日々忙しい現代女性。毎日自炊した方が良いとはわかっていても、難しいのが現状ですよね。でも、美容や健康を意識した食事をしたい!という方は、「食べるものの選び方」を意識してみてはいかがでしょうか??今回は、美容のために気にするべき外食・中食術をご紹介します。
菅 智香 | 0 view