2019年9月5日 更新

手軽に手に入るスーパーフード、きのこを食卓に取り入れよう!

カロリーが低いのに栄養豊富なきのこ。これから秋にかけて本格的に旬の季節になります!実は、きのこはダイエットだけでなはく、美肌・美髪にも効果的な食べ物。日持ちするきのこの常備菜レシピもご紹介します!

カロリーが低いのに栄養豊富なきのこ
ダイエットに効果があるイメージがあるかと思いますが、きのこはダイエットだけでなく、美肌美髪にもつながるスーパーフードなんです!

お料理あんまりしないしな…と食べないのはもったいない!
1度作れば日持ちする常備菜で、毎日の食卓にたっぷりのきのこを取り入れませんか?

きのこには美容につながる栄養素がいっぱい!

きのこは9割が水分なので、とてもカロリーが低いのが特徴です。
でも栄養は豊富に含まれていて、特に「キレイ」につながる栄養素がたっぷり含まれています。

食物繊維で便通がスムーズに!

きのこには、食物繊維が豊富に含まれていて、便通を良くする働きがあります。
腸の環境は肌と直結し、便通を良くすれば、美肌を手に入れることができます。
しかし、現代人は食物繊維の摂取が足りていないと言われていて、腸環境が乱れている方も少なくありません。
意識してしっかり食べるようにしたいですね。

ビタミンの力で肌と髪をキレイに!

きのこにはビタミンB、ビタミンDが多く含まれていています。
その中でもビタミンB2は皮膚が正常に働くために欠かせない栄養素で、美肌、美髪を保つために必須の栄養素です。

また余談ですが、ビタミンB群の一種である葉酸もきのこには含まれていています。
葉酸は、生まれる前の赤ちゃんの発達に必須の栄養素で、妊活中の方、妊娠中の方は特に積極的に摂取する必要がある、とても重要な栄養素です。
 (4490)

カリウムで脂肪燃焼!

きのこにはカリウムという成分も含まれていて、むくみ解消の効果が期待できます。
身体がむくんだ状態は、血管やリンパが圧迫され、体のめぐりが悪くなってしまうのですが、カリウムはむくみを解消する効果があります。
カリウムによって体のめぐりが良くなり、脂肪燃焼効率が上がる効果が期待できます。

快便、美肌、美髪、脂肪燃焼、すべて女性にとって嬉しい効果ですよね♪

きのこは冷凍すると旨味がアップ!

きのこ、実は冷凍できることは御存知でしょうか。
旨味成分があると言われているきのこですが、実は生のきのこには旨味成分はほとんどありません。
冷凍して細胞が壊れた時に、きのこの旨味は出てくるんです。
ですから、きのこは冷凍することで、より美味しくなるんですよ♪

きのこの冷凍方法はとても簡単です。
きのこにはたくさんの種類がありますが、今回はスーパーに常においてあるような代表的なきのこの冷凍方法をお伝えします。

エリンギ

使いやすいサイズに切る、もしくは手で裂いて冷凍
 (4497)

しめじ

小房にわけて冷凍
 (4500)

えのき

根本部分を切り落として冷凍
 (4503)

しいたけ

石づきを切り落として冷凍
 (4506)

まいたけ

使いやすいサイズに切る、もしくは手で裂いて冷凍
 (4509)

簡単に冷凍できるきのこですが、1つ注意点があります。
冷凍したきのこは、そのまま解凍をしてしまうと旨みが流れ出てしまいます。
冷凍きのこを使う時は、解凍せず凍ったままの状態でお料理に使うようにしましょう。

きのこを使ってごはんがすすむ常備菜

きのこは生で食べられないという点が、お料理をあまりしない方には少しハードルの高い点かと思います。

でも、これだけ美容効果たっぷりのきのこを、食べないのはもったいないですよね。
そこで、今回はきのこを使った日持ちする常備菜をご紹介します。
1度作れば冷蔵庫で数日日持ちしますので、休日など時間があるときに作って、毎日少しずつ食べるのがおススメです♪
 (4513)

<材料>

エリンギ 1パック
しめじ 1パック
えのき 1パック
生姜 1かけ
砂糖 大さじ2
酒 大さじ2
みそ 大さじ2
醤油 大さじ2
ごま油 大さじ2
 (4516)

<作り方>

①    きのこ全てと、生姜をみじん切りにする。
(えのきはキッチンバサミを使うと簡単ですよ)
 (4519)

②    砂糖、酒、みそ、醤油を混ぜ合わせる。
③    フライパンにごま油を入れて加熱し、きのこ、しょうがを炒める。
④    きのこが全体的にしんなりしてきたら②を入れて炒めあわせたら完成。


冷凍したきのこを使う場合も、同じ手順でできますよ。
ごはんにとっても良く合うので、白米にのせて食べると最高においしいですよ♡
おにぎりの具にしたり、冷奴にのせて食べるのもおススメです♪
きのこはとっても栄養豊富で、健康、ダイエット、美容に嬉しい効果がたっぷり!
その上、1年中お手軽な値段で、スーパーで簡単に買うことができます。
ついつい食べすぎてしまう食欲の秋、あなたの食事にきのこをプラスしてみませんか?

RAN 公式Twitterアカウント→ https://twitter.com/rantee_beauty

菅 智香

菅 智香(かん ともか) 育児料理アドバイザー、食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。 一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。 その後、食事で体の中から、健康的な美しさを心がけ、 食を通して美しく歳を重ねるため、AGEフードコーディネーターの資格を取得。 美容に良い料理、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。
このライター記事はこちらから

関連する記事

手軽に手に入るスーパーフード、きのこを食卓に取り入れよう!

手軽に手に入るスーパーフード、きのこを食卓に取り入れよう!

カロリーが低いのに栄養豊富なきのこ。これから秋にかけて本格的に旬の季節になります!実は、きのこはダイエットだけでなはく、美肌・美髪にも効果的な食べ物。日持ちするきのこの常備菜レシピもご紹介します!
菅 智香 | 0 view