2019年6月10日 更新

人気フィットネスエッセイスト・とがわ愛さんに聞いた、健康的にボディメイクを続ける極意

書籍も大ヒット中!の人気フィットネスエッセイスト、とがわ愛さんに「健康的に、美しい身体になる極意」についてインタビュー。 初心者おすすめのトレーニングは?食事はどうすればいい?モチベーションを保ち続ける方法は?女子が気になる色んなことを聞いてきました!

特別企画、Mottoで活動してくださっているライターの皆さんにインタビューを決行!
初書籍が爆発的なヒットを記録している、フィットネスエッセイストとがわ愛さん「健康的に、美しい身体になる極意」についてお伺いしました!
記事末にはとがわさんプロデュースのプレゼントも紹介中です!
 (2716)

名前:とがわ愛
プロフィール:フィットネスエッセイスト。
元ボディリンパケアセラピストの経歴を持つ。
2019年1月に出版した初書籍『はじめてのやせ筋トレ』が発売前に重版決定、3ヶ月で10万部を突破する大ヒットを記録している。
美容・健康・ダイエットに関わる様々な情報をSNSを通じて発信中で、Twitterのフォロワーは10万人以上。

Twitter:https://twitter.com/togawa_ai
Instgram:https://www.instagram.com/togawa_ai/?hl=ja

「痩せる」ことだけを目標にしない!

編集部(以下、編):編集部でも、『はじめてのやせ筋トレ』、購入させていただきました!
とがわさんは、一般の女性に「筋トレ」を活用したボディメイク・ダイエットを発信される先駆け的な存在かな、と感じています。
実際、とがわさんがダイエットを決意されたときは、まだ糖質制限等の「食事制限系ダイエット」が主流だったかと思いますが、筋トレというアプローチでダイエットを始めようと感じたきっかけがあれば、教えてください。
 (2721)

とがわ愛さん(以下、とがわ):私自身、食事制限系のダイエットに挑戦したこともあるのですが、どれも続かなかったり、明確な結果が出なかったり…という感じで、手ごたえを掴めなかったんです。
そこで着目したのが「筋トレ」でした。
私のもう1つの母国、タイはアジアの中でもフィットネス先進国と言われており、日本に比べてフィットネス人口もかなり多くて。
そこで、日本も将来的にフィットネス人口がより増えていくだろうと感じ、流行する前に試してみよう、と感じたのがきっかけです。

編:タイは美容大国としても有名ですもんね。
とはいえ、筋トレでのボディメイクは食事制限系のダイエットに比べ初動の体重変化も少なく、モチベーションが維持しづらい、と感じる人も多いかと思います。
とがわさんは普段どのようにモチベーションを管理されているのでしょうか?

とがわ:「明確な目標」を掲げ、維持でもボディメイクをせねば!という状況に追い込む、ということですかね。
例えば、旅行に行く、結婚式を挙げる、好きなアイドルのライブがある、だからそれまでに絶対に痩せる!と決めると、モチベーションが維持しやすいかと思います。
「痩せる」ということを目標にするのではなく、「痩せて何をするか」までを目標にすると、明確なモチベーションに繋がると思いますよ!

できることから、少しずつトレーニングを組み込んでいく

編:痩せた後のことをイメージすると、確かに頑張ろうという気持ちになれそうですね!
では、これから筋トレを活用してダイエットやボディメイクを始めたい!という運動経験の少ない人に向けて、「まずはこのトレーニングから始めると良い」というおすすめのトレーニングはありますか?

とがわ:フォームが「四つん這い」系のトレーニングです。
例えば、四つん這いになって脚を上げるような感じのトレーニングとか。
理由は、腹筋を効かせることができるのと、体幹も鍛えやすいから。
腹筋に力を入れ、上半身をまっすぐになるよう心がけてトレーニングすると、バランス感覚も養うことができます。

編:その答えは意外でした!
ワイドスクワットや腹筋などのベーシックなトレーニングではないんですね。

とがわ:はい、ワイドスクワットは、トレーニングに慣れていない身体の硬い子だとキレイなフォームが取れないことも多いので。
もちろん、それぞれのレベルもありますし、まずはストレッチから始める、とかでもOKだと思います!
 (2725)

編:まずはできることから少しずつ始めていくイメージですね。
初心者の子は体力的にできない、という場合も多いかと思いますが、「筋トレする時間が取れない」という方も多いと思います。
そのような場合の、おすすめのボディメイク方法はありますか?

とがわ:時間がない場合の対処法は2パターンあります。
週1回でも良いから、しっかりと時間を取って激しめのトレーニングをすることと、毎日小分けに少しずつトレーニングを重ねていくこと。
もちろん、本当は1回のトレーニングに時間を取って行った方が効果は出やすいのですが、まとまった時間が取れない人は小分けでもいいので、着実に続ける、というのがいいかと思います。

編:やはり、原則はトレーニングは一気に行うのがベストですか?

とがわ:そうですね。
例えば、朝にワイドスクワットをして、昼にお尻のトレーニングをして…となると、せっかく朝にお尻を追い込んだのに中途半端に休ませてしまうことになり、もったいない!
なので、トレーニングを小分けにする場合は、部位ごとに分けるのがおすすめです。

トレーニングの時間をどうしても作れない場合は、お尻の筋肉を使うよう意識して歩く、経っている時に腹筋を使うよう呼吸法を取り入れる、など、普段の生活で筋肉を使う時間を増やす、というだけでも変わってくると思いますよ。

編:やはり、自分のできることから始める!ということが大切ですね。
ちなみに、とがわさんご自身はどれくらいの頻度、時間、強度でトレーニングを行っているのですか?

とがわ:私は基本的にジムでトレーニングをしているのですが、大体週5~6回はジムに通っています。
確実に聞かせたい部位を狙い撃ちできるよう鏡でフォームをチェックしながら、息が切れるくらいの強度で行っています!
そのため、トレーニング間の休憩もある程度取るようにしているので、大体1時間半くらいかな、と思います。

編:とがわさんの美ボディは、やはり相当な努力の結晶なんですね…!!
ジムにはトレーニングマシンの他に、ランニングマシン等の有酸素系の器具もありますが、普段とがわさんは有酸素運動はどれくらい取り入れていますか?

とがわ:ジムで筋トレして、余裕があれば、というくらいですね。
私はその分、食事でカロリーコントロールするようにしています!

食事は緩急をつけてコントロールする

編:カロリーコントロールの話も出てきたので、食事の話も聞かせてもらえればと思います!
普段の食事で、とがわさんが気を付けていることはありますか?

とがわ:まず、揚げ物やラーメンなど、明らかにダイエットに不向きな食べ物は週1には抑えるようにしています。
普段の食事は、野菜タンパク質を意識して摂る、くらいですかね。
ただ、野菜を食べるときのドレッシングはノンオイルのものを使う、オリーブオイルと塩で味付けをする、など気を付けています。
どうしても市販のドレッシングを使いたい場合は、少しだけかけるように調整していますよ!

編:想像していた以上にゆるくてびっくりしました…!

とがわ:よく言われます!笑
おそらく、筋肉が増え、代謝も上がったので、以前に比べ食べても太らない量、カロリーが増えたとは感じています。
 (2743)

編:食いしん坊なダイエッターさんは、ダイエットに筋トレは必至ですね!

とがわ:はい!
ですが、筋トレしているとはいえ、食事を減らさなかったり、むしろたくさん食べてしまったりすると、筋肉と同時に脂肪も増えてしまい逆に太ってしまう…、ということもあるので、ある程度はしっかりコントロールした方が良いです。

編:やはり、ダイエットと食事は切っても切れない関係ではありますよね。
とはいえ、毎日しっかりコントロールしていても、ふいに食欲が爆発してしまいそうになる瞬間が誰にでもあると思っていて…。
とがわさんは、そのようなときはどう対処していますか?

とがわ:2パターンあって、まずはガマンしないで食べてしまう、という場合!
私も、ビールを飲んだり、ラーメンを食べたり、唐揚げを食べたりします。
ただ、次の日の食事は控えめにする、翌朝の朝ごはんをプロテインだけにする、等、翌日以降にコントロールしています。
でも、絶食をすることは滅多にありません。

もう1つの方法は、チロルチョコのような小さいお菓子を1~2個買って、大事に食べる、という方法。
実は、この方法は普段から結構活用しています!

どちらにしろ、1番良くないのはたくさん食べてしまい開き直ってダイエットを投げ出すことですね。
編:小さいお菓子をゆっくり食べる、はぜひ私も実践してみようと思います!
ちなみに、とがわさんが運動、食事以外で気を付けていることはありますか?

とがわ:良質な睡眠をとることです。
人間は、本来8時間くらいの睡眠をとることがベストらしくて。
さすがにそれを毎日続けるのは現実的ではないので、私はなるべく最低でも6時間くらいは寝るようには心がけています。

あとはストレッチですね。
パソコンでの作業中も、定期的に肩を回したり背中を伸ばしたりしています。
どうしても身体が硬くてストレッチができない…という人は、お風呂上り等の筋肉が柔らかくなっている状態のときに、自分ができる範囲でストレッチを継続していきましょう!
そうすると、少しずつ身体も柔らかくなっていきますよ。
とがわさんに、「ダイエットをしたいけど、なかなか続かない…」という人に向けて、アドバイスをいただきました!
 (2731)

とがわ:「ダイエットをしている」という意識だけは持ち続けましょう!
お菓子を全部やめなくてもいいから、頻度を減らす。
生活に取り入れられる程度の、小さなガマンを継続する。
それだけでも、効果はでてくると思いますよ。

まずは軽い気持ちで行えるような、自分がキツくないダイエットで、少しずつ初めてみると良いと思います!
◇プレゼント商品◇
とがわさんの大ヒット中の書籍「はじめてのやせ筋トレ」10名様にプレゼント!
なんと、とがわさんの直筆サイン「ボディメイクのモチベーションが上がる一言」を書いていただいています♡

◇応募方法◇
Motto公式Twitter(https://twitter.com/MJapamoni)をフォロー・RTした人の中から抽選で決定

RAN 公式Twitterアカウント→ https://twitter.com/rantee_beauty

Motto編集部

Motto編集部です!皆さんの「キレイ」に役立つ情報をお届けします♡
このライター記事はこちらから

関連する記事

人気フィットネスエッセイスト・とがわ愛さんに聞いた、健康的にボディメイクを続ける極意

人気フィットネスエッセイスト・とがわ愛さんに聞いた、健康的にボディメイクを続ける極意

書籍も大ヒット中!の人気フィットネスエッセイスト、とがわ愛さんに「健康的に、美しい身体になる極意」についてインタビュー。 初心者おすすめのトレーニングは?食事はどうすればいい?モチベーションを保ち続ける方法は?女子が気になる色んなことを聞いてきました!
Motto編集部 | 0 view