2019年9月29日 更新

『美少女戦士セーラームーン』のショーレストランの衣装デザインを担当したクリエイティブ集団「オサレカンパニー」にインタビュー!

大人気作品『美少女戦士セーラームーン』世界初のステージショーが楽しめるショーレストランが作品の舞台である麻布十番にオープン。このステージショーの衣装デザインを担当したクリエイティブ集団「オサレカンパニー」から、衣装に対するこだわりを特別にお伺いしました!

女の子の憧れ・美少女戦士セーラームーンのステージショーがいつでも観劇できるショーレストランがオープン!

全世界にたくさんのファンを持つ大人気作品『美少女戦士セーラームーン』
8月15日(木)に、世界初のエンターテインメントショーレストランとして「美少女戦士セーラームーン -SHINING MOON TOKYO-」がオープンしました。
 (4972)

©Naoko Takeuchi

本作品のミュージカルといえば、数々の有名女優も輩出した実績があり、そんな大人気のステージショーが、作品をイメージしたスペシャルな食事とともに気軽に楽しめるショーレストランです。

ステージショーのプロデュースは、数々の2.5次元ミュージカルを手掛けてきたネルケプランニングが担当。
衣装とヘアメイクは、AKB48グループの衣装デザインを担当していることでも有名なクリエイティブ集団「オサレカンパニー」が手掛けています。

今回、特別に衣装を手掛けた「オサレカンパニー」のデザイナーさんからお話を伺うことに成功!
“女の子の憧れの存在”を作り出すプロのお話は必見です。

原作の世界観を忠実に表現!細かなパーツにもこだわった衣装に注目

「オサレカンパニー」は、AKB48グループをはじめ、2.5次元ミュージカルなどの衣装デザインやヘアメイクを手掛けているクリエイティブ集団です。
いわば、女の子の憧れの存在、「アイドル」の可愛いを引き出すプロ!

まずは、今回のステージショーの衣装について。
美少女戦士セーラームーンは、女の子であれば1度は憧れたことのある存在ですよね。
そんな本作品を実写として表現する際、特に力を入れたことについて聞いてみました。

「“2次元を具現化する”という事で、ラインというか、衣装のフォルムを特に重要視しましたね。
私自身も原作のファン。
少女の頃に憧れた誌面どおりに再現された方が『エモい』と思ったので、やはり1番“原作を再現すること”にこだわりました.
セーラー戦士の衣装は、ウエストのくびれとスカートのプリーツの流れ方が綺麗に見える様にパターン作成をし、肩を内側に入れて若干の身体への緊張が見える形にしています。
そうする事により、より2次元の世界観を表現することに成功しています。
 (4992)

©Naoko Takeuchi

また、それだけでなく、より美しく見えるよう生地選びにもこだわっています!
舞台上でも映えるよう衣装にはスパンコール生地を使用しているのですが、そのまま使用すると衣装に張りが出ないので、二枚ハギにするなどの工夫をしています。
タキシード仮面の衣装も、重厚感のあるマントが綺麗に翻るように制作しました。」(「オサレカンパニー」衣装デザイナーさん)


2次元を3次元で表現するための、プロならではのこだわりが随所にちりばめられた衣装。
今回特別に衣装のお写真もいただいたのですが、写真越しに見ても存在感がすごい!!
 (4989)

 (4990)

 (4991)

 (4979)

 (4980)

 (4981)

©Naoko Takeuchi

「原作を忠実に再現した」というのも、原作ファンからすると嬉しいもの。
小さい頃に憧れたセーラー戦士たちの衣装が、間近で見られると思うとワクワクしますよね!

また、「美少女戦士セーラームーン -SHINING MOON TOKYO-」では、毎日公演を行っています。
そのため、今までチケットが取れなかった人や、「気になるけど、チケット取るの大変だし…」と二の足を踏んでいた人でも気軽に足を運ぶことが可能に。
そこで、「これから見に行く予定!」という人に、チェックしてほしい衣装のポイントについて聞いてみました!

「ショーを見ているとセーラー戦士の衣装に注目が行きがちですが、ぜひ各キャラクターの制服衣装にも注目してほしいです!
オリジナルを完全に、忠実に再現しています。
また、今までは様々な理由で実現できなかったセーラー戦士たちの小物類も、今回は実際に作成しました。
何度足を運んでいただいても新しい発見があるように、トキメキがあるようにという想いで制作しています!
 (4993)

 (4994)

 (4983)

©Naoko Takeuchi

また、実は「敵役」にもコンセプトがあるんです。
原作にちなんで、最近発見された惑星をモチーフに“岩石”をイメージソースとしてデザインしました。
そのような細かいところにも注目して楽しんで見ていただけますと嬉しいです!」(「オサレカンパニー」衣装デザイナーさん)

女の子の“可愛い”を引き出すプロのこだわりを、間近で体験してみて!

最後に、女の子の憧れ「アイドル」の衣装デザインを担当している「オサレカンパニー」だからこそ、衣装制作において大事にしていることをお聞きしました。

「アイドルたち自身も、歌って踊っている姿が1番可愛く見えたいと考えています。
だからこそ、立っていて可愛いのは勿論、動いている姿は尚可愛く見えるよう、360度立体的に見てキレイに可愛く成立するよう工夫しています。

今回の美少女戦士セーラームーンのショーでも、原作のファンの方が見ても本物のキャラクター達が目の前に現れたような感覚を体験してほしいなと思い、動いてポーズを決めた時に1番の“キュンポイント”を持ってきています。
衣装のリボンを立体的にするなど、横から見ても後ろから見ても、360度そのキャラクターらしさが出るように作ったつもりです。
 (4995)

©Naoko Takeuchi

セーラー戦士が戦っているとき、思わず「頑張れ!うさぎちゃん!」と応援してしまう感覚を味わっていただけると嬉しいですね!」(「オサレカンパニー」衣装デザイナーさん)

正面からの立ち姿が可愛いのは当たり前。
どんな角度から見ても、どんな姿勢を取っていても絶対に可愛く仕上げる!というストイックなマインドと、より美しさを際立たせるためのち密な計算や細やかな技術は、普段から「歌って踊るアイドル」の可愛さを追求しているからこそ生まれたものなのかもしれませんね。

今回お話を伺って、改めて「美少女戦士セーラームーン -SHINING MOON TOKYO-」への期待はもちろん、「オサレカンパニー」が制作する衣装の可愛さの秘密を知ることができました。
お話の通り、ひとつひとつの小物にまでこだわっているので、何度見ても新しい発見があること間違いなし!
毎日公演しているので、ふらっと行きたいタイミングで行けるのも嬉しいところです。

「美少女戦士セーラームーン -SHINING MOON TOKYO-」は、物語の舞台にもなっている麻布十番にあるので、聖地巡りを兼ねて行くのも面白そう!
食事メニューも、作品の世界観を反映した可愛くて美味しいメニューばかりですよ♡

ぜひ、「美少女戦士セーラームーン」ファンの人はもちろん、「可愛い女の子を見て美意識を上げたい!」という人も観に行ってみてくださいね。


「美少女戦士セーラームーン -SHINING MOON TOKYO-」公式サイト:https://sailormoon-shiningmoontokyo.com/

RAN 公式Twitterアカウント→ https://twitter.com/rantee_beauty

Motto編集部

Motto編集部です!皆さんの「キレイ」に役立つ情報をお届けします♡
このライター記事はこちらから

関連する記事

『美少女戦士セーラームーン』のショーレストランの衣装デザインを担当したクリエイティブ集団「オサレカンパニー」にインタビュー!

『美少女戦士セーラームーン』のショーレストランの衣装デザインを担当したクリエイティブ集団「オサレカンパニー」にインタビュー!

大人気作品『美少女戦士セーラームーン』世界初のステージショーが楽しめるショーレストランが作品の舞台である麻布十番にオープン。このステージショーの衣装デザインを担当したクリエイティブ集団「オサレカンパニー」から、衣装に対するこだわりを特別にお伺いしました!
Motto編集部 | 0 view