2019年5月5日 更新

新しいアウトドアの必需品に!「スキューズミー」のドライシャンプーでいつでも爽やかヘアをキープ♡

行楽シーズン到来!これからキャンプやBBQなど屋外のイベントに参加する機会も増えてきます。そんなアウトドアイベントはもちろん、普段のヘアスタイルのお直しにも活躍するのが「ドライシャンプー」。今回は、この春リニューアルした「スキューズミー」のドライシャンプーの活用方法をご紹介します。

“髪のお直し”、できてますか??

行楽シーズン到来!
今年はゴールデンウィークも10連休、さらに連日暖かい気候で、どんどんお出かけしちゃいたくなりますね!
これからキャンプやバーベキュー、夏フェスなど屋外イベントに参加する予定のある人も多いと思います。

おそらく、多くの方はUV対策汗対策を完璧にして、イベントに参戦するはず!
ですが、「髪」の対策を万全にしている人は少ないのでは??
髪は汗をかいたり帽子を被ったりして意外とぼさぼさになってしまいがちですが、意外と気にしていない人、多いですよね。
でも、周囲から見られがちなパーツであることは明白!
いつでもサラサラで良い香りのする髪は男女問わず好印象を与えられるはず。

そこで、最近では様々なブランドから「ドライシャンプー」が発売されています。
ドライシャンプーはその名の通り、水で洗い流す必要のないシャンプーのこと。
今までは「ドライシャンプー」というと、風邪をひいてお風呂に入って髪を洗えなかった時に応急処置的に使うもの…というイメージだったと思いますが、最近のアイテムはどんどん進化!!
バッグに1つ忍ばせておくだけで、便利に使えるアイテムとなっています。

今回は、そんな進化型ドライシャンプーの活用方法をレポートします!!

ドライシャンプーでサラサラヘアに♡おすすめ使い方をご紹介

今回お試ししたのは「スキューズミー」のドライシャンプー。
 (1015)

「スキューズミー」のドライシャンプーの特長は、ヘアミストにも使えるような爽やかで良い香りに加え、使用用途に応じて「スプレータイプ」と「シートタイプ」の2種類を使い分けられること!
おすすめ使用方法と共にご紹介します♡

① アフター5のイベント前に!

働く女性なら、仕事終わりにデートや女子会などのイベントが控えていることは多々あるはず。
これからの季節、普通にデスクワークしているだけで髪の生え際などが汗でぺしゃっとなってしまいますよね。

そんな時は、メイク直しのタイミングでスプレータイプを生え際に軽くスプレー。
 (1019)

自分ではなかなか気づけない地肌の汗の臭いを取ってくれるのはもちろん、生え際のサラサラ感も復活!
大事なデートの前など、コテやアイロン、整髪剤だけではどうしても直せない部分まで、“髪のお直し”をすることができます。

② アウトドアのお供に!

キャンプやバーベキュー、夏フェスなどの屋外イベント。
UV対策がてら帽子を被ることも多く、さらに汗もかきやすいので髪はどんどんベタベタに…。
そこで、バッグの中に「スキューズミー」のドライシャンプーを忍ばせておいて、日焼け止めの塗り直しのタイミングやお手洗いに行くタイミングで一緒にお直し。
清涼感があるので、暑い日も頭がスッとして気持ちいいですよ!
スプレータイプはもちろん、夏フェスやBBQなど気軽にスプレーできない時は、シートタイプで地肌を拭いてげるのもおすすめです。

③ 飛行機のなかのセルフケアで!

連休中は、海外旅行などに行く機会も増えますよね。
長期間のフライト、隣の人との距離も広くはない環境で、汗が気になることも。
そこで活躍するのがシートタイプ
 (1025)

汗でベタベタしてしまってスッキリしたいとき、自分の座席で簡単に汗を拭きとり、すっきりすることができます。
機内はスプレーや液体など、持ち込みが非常に厳しいもの。
でもシートタイプのアイテムなら、自分の手持ちのバッグに入れておいてOK!
いつでもどこでも、気になった時にササっとお直ししましょう!

これからは、“ドライシャンプー”を必需品に!!

今回は3つのおすすめ使用方法をご紹介しましたが、他にも焼肉など食べ物の臭いがついてしまった時の応急処置や、スポーツジムで汗を流した後のヘアケアにもおすすめ!
持ち歩きできる程度のサイズ感なので、「あ、ちょっと髪が気になるかも…」と感じた時ならいつでも活躍してくれるはず。

また、香りも爽やかなハスの香りの「ロータスフラワー」とすっきりとした上品な香りの「フルーティブーケ」の2種類があるので、好みに合わせてお選びいただけます。
どちらの香りも、女性らしく華やかな香りでありつつ清涼感もある、爽やかな感じ。
より爽やかさや清涼感をお求めの方は「ロータスフラワー」、より女性らしく華やかな香りを纏いたい方は「フルーティブーケ」がおすすめ!
今まで、どうしても後回しになりがちだった「地肌のケア」。
これからは、化粧ポーチに「ドライシャンプー」も忍ばせておいて、メイク直しをする感覚で“髪のお直し”をしながら、いつでもサラサラヘアをキープしていきたいですね!

RAN 公式Twitterアカウント→ https://twitter.com/rantee_beauty

Motto編集部

Motto編集部です!皆さんの「キレイ」に役立つ情報をお届けします♡
このライター記事はこちらから

関連する記事

新しいアウトドアの必需品に!「スキューズミー」のドライシャンプーでいつでも爽やかヘアをキープ♡

新しいアウトドアの必需品に!「スキューズミー」のドライシャンプーでいつでも爽やかヘアをキープ♡

行楽シーズン到来!これからキャンプやBBQなど屋外のイベントに参加する機会も増えてきます。そんなアウトドアイベントはもちろん、普段のヘアスタイルのお直しにも活躍するのが「ドライシャンプー」。今回は、この春リニューアルした「スキューズミー」のドライシャンプーの活用方法をご紹介します。
Motto編集部 | 0 view