スポンサーリンク

Original

今年の日やけ止めは“こすれに強い”がトレンド【美容ジャーナリスト加藤智一のビューティティップスvol.18】

汗・水に強いことはもちろん、今年は“こすれ”にも対応した新作!

日やけ止めも技術進化が著しく、数年前には資生堂が、“汗や水に触れると、紫外線をブロックする膜が強くなる”=日やけ止め効果が高くなる、という革新的な技術を搭載して話題になりました。


それ以降、各メーカーとも汗や水に強いオリジナル技術を開発。汗や水に強い日やけ止めが出そろいました。そして、2018年の今年、各社が一斉にフォーカスしたのが“こすれ”! 


実は日やけ止め効果が落ちてしまう要因として、衣服やバッグ、タオルなどの小物による“こすれ”も挙げられることが判明。そこで、各メーカーともに汗・水に続き、こすれに強い日やけ止めを開発しました。


アネッサのこすれへの対処法は、独自の粉体技術で、“均一で滑りやすい膜”を形成させて、こすっても取れにくい技術を搭載したこと。

化粧膜を厚くしたり、落ちにくくするというより、タオルや衣服が触れても、つるんと滑る(とは言いすぎですが!)ことによって、日やけ止め効果をキープ。こすれに強くなっても、肌負担は少ない、というバランスを実現しています。


アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+・PA++++ 60ml

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+・PA++++ 60ml 3,000円(編集部調べ)/資生堂


オーガニック&天然成分で、肌のやさしさにこだわった日やけ止めも!

水・汗・こすれに強い、というトレンドがある一方で、肌のやさしさをとことん追求しているオーガニックや天然派のタイプも年々、ニーズが高まっています。


なかでも、肌へのやさしさを徹底的に追及しているブランド、アムリターラ日やけ止めは、紫外線吸収剤の不使用はもちろん、肌に負担がかかる酸化チタン酸化亜鉛も不使用

天然ミネラルの酸化セリウムだけで、紫外線やブルーライトもブロックするというユニークな製品を発売。


しかも、その酸化セリウムも肌に直接触れないように、アルギン酸やキサンタンガムなどの天然成分でコーティング。長時間つけていても、肌への負担が少なくなるよう工夫しています。


もちろん、保湿成分は美容液と同等レベルで、たっぷりと配合。各種植物オイルのほか、シアバター、セラミドNP、ポリフェノールなど妥協ナシ。


紫外線防止効果はSPF18・PA+と他社製品に比べると、低めですが、日常生活で浴びる紫外線には充分に対応できる値。つけ心地もよく、長期、品切れを起こしていたほど売れている注目作です。


オールライトサンスクリーンクリーム SPF18・PA+ 40g 3,800円/アムリターラ

オールライトサンスクリーンクリーム SPF18・PA+ 40g 3,800円/アムリターラ


美容ジャーナリスト・加藤智一さんプロフィール

かとうともいち●角川春樹事務所『POPTEEN』から、ハースト婦人画報社『25ans』編集部まで、多くの女性誌の美容担当を経て独立。現在は、女性誌・男性誌のほか、さまざまな媒体で執筆。

著書に、「思わず触りたくなる美肌をつくる身だしなみメイク」や「お洒落以前の身だしなみの常識」(ともに講談社)がある。インスタグラムは@tomoichi2000、公式サイト「美肌百貨」。


関連記事

気になる夏のにおいに効く、ボディシートとヘアミスト【美容ジャーナリスト加藤智一のビューティティップス vol.17】

高品質!ドラッグストアのプレミアムな植物コスメ【美容ジャーナリスト加藤智一のビューティティップスvol.16】

いま眉メイクのトレンドは“立体感”にあり!【美容ジャーナリスト加藤智一のビューティティップスvol.15】

Motto編集部

Motto編集部

スキンケア、ボディケア、ネイル、ダイエット、ヘアケア、グルメなど、様々なジャンルの“オトクにキレイ”を発信中♡

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク