スポンサーリンク

Original

北海道発のオーガニックコスメ「shiro」新製品発表会へ


“毎日使いたいものを作る”が「shiro」の原点

今回、発表会へお伺いした「shiro」は、2009年に誕生したオーガニックコスメブランド(ブランド立ち上げ当初は社名から取った「ローレル」というブランド名でしたが、2015年にブランド名を「shiro」に変更)。



元々コスメ関連のOEM(ブランドから受注してコスメを作る)事業を展開していましたが、北海道の原料をメインに使った、自分たちが毎日使いたいと思える商品を手がけたいという想いからオリジナルブランドの開発に乗り出しました。


ブランドスタート当初はスキンケアアイテムがメインでしたが、徐々に商品群を増やし、現在、メイクコスメヘアケアフレグランスホームケアアイテムまで取り揃え、商品だけでなくヘアサロンカフェなどの上質なライフスタイルを提案するスペースも提供しています。

北海道に直営店を出店したことを皮切りに、現在では札幌、東京(表参道、自由が丘、新宿、渋谷、他)、名古屋、大阪、福岡など全国に展開。

もちろんオンラインショップも展開しています。



タヒチの自然の恵みを凝縮させた新製品「タヌマ オイルインセラム」

今回、ご紹介いただいたのは2018年10月に登場する美容液「タヌマ オイルインセラム」と2018年9月に登場するメイクコスメです。

10月に登場する「タヌマ オイルインセラム」は、「shiro」の人気アイテム「酒かす化粧水」をベースにブランドを代表する素材と豊富な美容成分を含む植物エキスを厳選して組み合わせた高保湿オイル美容液です。


“オイル”と聞くと重いテクスチャーが嫌、ベタつきが気になる……という人も多いと思いますが、この「タヌマ オイルインセラム」はつけ心地の軽さにこだわり、オイルが約70%、水分が約30%配合になっています。

この“7:3”の配合にたどり着くまでには、開発の段階で様々な比率を試したそうですが、オイルの配合率が70%以上を超えるとべたつくし少ないと思ったような保湿力がキープできないと試行錯誤の結果導き出された、「shiro」らしいベストバランスです。

タヌマ オイルインセラム」は中身が2層式になっているため、使う前によく振ってから使いますが、振っているうちに美容液が白濁します。

とろみのあるテクスチャーでお肌の上に乗せた後、手のひらでお肌の中へ押し込むようなイメージでハンドプレスするとべたつかずしっとりうるおったお肌へと導いてくれます。


使う順番としては、化粧品前のブースターとしての使用がおすすめ。

タヌマ オイルインセラム」と塗ってから次のステップへ進むとうるおいの持ちが良くなり、もっちりとした内側からハリ感を感じるお肌を実感できます。

オイル美容液ですが、ベタベタしないので朝のメイク前の使用もOK。

保湿成分をしっかりと肌へ届けてからメイクするとヨレにくくなるのでスキンケアしてから30分くらい経ってからメイクするのがおすすめです。



スキンケア発想で作られる「shiro」のメイクコスメ

素材にこだわり、スキンケアと同じ発想で作られるメイクコスメが揃う「shiro」。

9月に登場するのはメイクコスメ

アイライナー、アイシャドウ、チーク、リップ、ネイルとたくさんの新製品・リニューアル品・新色が登場しますが、中でも注目したいのが新製品「がごめ昆布アイライナー」です。


がごめ昆布アイライナー」の商品目にもなっている“がごめ昆布”は、限られた海域の水深が深い海で生育しているとても貴重な昆布。

真昆布などに比べてとろみが強いのが特徴で、「shiro」ではスキンケア成分として開発を進めてきましたが、今回はなんとアイライナーにも配合しています。


水とオイルがベースのジェルタイプで、柔らかいジェルがどんなラインも自由自在に描けるのが特徴。

乾くとまぶたの上にピタッと密着してヨレにくいロングラスティング処方です。

カラーリングもユニークで、赤み交じりのブラウン(モカブラウン)や黄みよりの肌なじみの良いグレー(クールグレー)など、いずれも薄いグレーを混ぜたようなグレイッシュなトーンの4色展開。

がごめ昆布やユズ果皮エキス配合で目もとの乾燥もケアしながらアイメクを楽しむことができます。


アイライナー以外にも、「シアアイシャドウ」は従来品に比べてパールの量がアップし発色もよくなりました。

まぶたにのせた後はさらっとしたパウダー状に変化して目もとをふんわりと綺麗に見せてくれます。

シアアイシャドウ」はシアバターとゴマ油配合で、乾燥しがちな目もとを保湿してくれます。


のび・つき・発色がさらにアップして色持ちよく、全色新しいカラーに生まれ変わる「シアチークバター」。

クリーム状なので指先にとって頬の上にポンポンと重ねると肌の内側から発色しているような自然な血色感を演出できます。


ブランド誕生当初から“自分たちが毎日使いたいものを作る”、“自然の恵みを活かす”ことを信念に商品作りに取り組んでいる「shiro」。

成分にも使用感にもこだわり、なおかつパッケージもシンプルでおしゃれ。お部屋の中にあっても邪魔にならないデザインなのところも注目です。



関連記事

ゲランからケースをカスタマイズできるリップスティック登場

ローズ ド マラケシュからアルガンオイル美容液、新登場

全9種類異なる機能の、フローフシ「新モテマスカラ」。30万人の声に応えた“アンサー”は!?全部試してみた!

高橋果内子

高橋果内子

コラムニスト/美容コーディネーター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:http://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク