スポンサーリンク

Original

似合うリップは何色?パーソナルカラー別お勧めテクニック


「似合う色」って一体?パーソナルカラーの基本

昔に比べると「パーソナルカラー」という言葉を耳にすることが多くなりましたが、そもそも「パーソナルカラー」って何なのでしょうか。


パーソナルカラーの起源は諸説ありますが、1920年代にアメリカで発表された「色をブルートーンとイエロートーンの2つに大別し、同じトーンに属する色は調和しやすい」という色彩調和論の一つが元になっていると言われています。

これが発展して、現代では2分類ではなく4分類に分けて診断されることが多いです。

四季を思い浮かべる色は誰でもがイメージしやすいという理由から、パーソナルカラーの分類は「春・夏・秋・冬」の4つで表現されるようになりました。


1960年代のアメリカでは政治家がこぞってカラーアナリストを雇って、パーソナルカラーに合ったスーツやネクタイを身につけることでイメージアップ戦略を図っていたようです。



私のパーソナルカラーは何色?簡単セルフ診断

パーソナルカラーは本来、簡単に見極められるものではないため、きちんと研鑚を積んだプロのカラーアナリストの診断を受けて正しいアドバイスを受けることをお勧めしますが、「ちょっとだけ知りたい!」という方のために、簡単なセルフ診断チェックリストをご紹介します。

以下の質問に順番に答えてくださいね。


Q1.あなたの色はどちらかと言えば……

  A:ピンクオークル系  B:イエローオークル系

Q2.あなたの髪の毛(地毛)の色はどちらかと言えば……

  A:黒系  B:茶系

Q3.あなたの瞳の色はどちらかと言えば……

  A:黒系・白目は青白い  B:茶系・白目は黄みがかっている

Q4.あなたの肌になじむチークの色は……

  A:ピンク系・ローズ系  B:オレンジ系

Q5.あなたがよく身につけるアクセサリーの色は……

  A:シルバー系  B:ゴールド系


いかがでしょうか?

上の5つの質問に対して、Aの答えが多かった人は「ブルーベース」、Bの答えが多かった人は「イエローベース」である可能性が高いです。

冒頭でお伝えした通り、色は同じトーンに属する色は調和しやすいという特性がありますので、このブルーベースかイエローベースかが分かっているだけでも、コスメや洋服を買う時の参考になると思います。


※この簡単セルフ診断は、あなたの主観が混じっている結果ですので、あくまで参考程度に。きちんとした診断を受けたい人は是非プロに相談しましょう。



パーソナルカラーを生かして、メイクしよう!

パーソナルカラーが分かったところで、ここからはそのカラーをメイクにどう活かせばいいのでしょうか?


メイクアイテムを購入する際、ファンデーションは肌の色を基準に選ぶことが多いですが、ポイントメイクはパーソナルカラーではなく自分の好みで選びがち。

好きな色を買って好きなようにメイクするのももちろんOKですが、もしパーソナルカラーを知っているなら、自分の肌を引き立ててくれる色を選んでみましょう。


リップメイクであれば、ブルーベースの人はピンクやローズ、ワインレッドなど同じ赤系でも「青み」「涼やかさ」を感じる色を、

イエローベースの人はコーラルオレンジやベージュ系など「黄み」「温かみ」を感じる色がお勧めです。


「えー!この前新しい口紅を買ったのに、パーソナルカラーと違ったかも」なんて人も、諦めないで!

簡単セルフ診断の中に「Q5.あなたがよく身につけるアクセサリーの色は……」という質問がありましたが、ブルーベースの人はシルバーと、イエローベースの人はゴールドとの相性が抜群。


ですので、今持っている口紅にシルバーもしくはゴールドのグロス(口紅)をプラスオンすれば、口紅の色をニュアンスチェンジすることができて、今持っているカラーでもパーソナルカラーに近づけることができます。

NARS「フルビニール リップラッカー」 左:2438 右:2437


ニュアンスチェンジのグロスを1本持っていると、どんな口紅にも応用できるので「コスメは自分の好きな色を買いたい!」という人にはお勧めのテクニックです。

リップだけではなくアイシャドウでも同じことができますので、シルバーorゴールドのラメアイシャドウも1つ持っていると助かる優秀アイテムです。



関連記事

ゲランからケースをカスタマイズできるリップスティック登場

【プレゼントあり】「DHOLIC」のオリジナルコスメ『MILCOTT』。新登場のスキンブラーパウダーを試してみた!

全9種類異なる機能の、フローフシ「新モテマスカラ」。30万人の声に応えた“アンサー”は!?全部試してみた!

高橋果内子

高橋果内子

コラムニスト/美容コーディネーター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:http://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク