スポンサーリンク

Original

夏のお疲れ肌脱出!秋美肌をゲットする保湿スキンケアテク

夏に浴びた紫外線…カサカサお肌をしっとり保湿できるおすすめテクニック

肌老化の原因の一つとして挙げられている、紫外線。でも、「夏は思いっきり遊びたい!」と、紫外線ケアをさほどしないで過ごしてしまった……なんて人はいませんか?

夏 お疲れ肌 秋 保湿

紫外線&エイジング対策は「ならないようにケアする」方が好ましいのですが、過ぎたことを後悔しても仕方ありません!

そんなあなたも、これからリカバリーケアをすれば大丈夫。今回は夏のお疲れ肌をケアして、秋に向けて美肌をゲットする保湿スキンケアに注目したいと思います。

スキンケアアイテム、特に“化粧水”の量を2倍に

「保湿」、「乾燥ケア」と聞くと、保湿クリームなどの油分が多いアイテムを投入する方が多いですが、油分を与えすぎてかえって乾燥が進む可能性もあるんです。

まずはじめに、今日から実践できる「秋の保湿ケアの3つのポイント」からチェックしてみましょう。

夏 お疲れ肌 秋 保湿

■大切なことは、肌内部の「水分」と「油分」のバランスを整えること

化粧水→美容液→乳液→クリームという順番に使うと思いますが、化粧水が最も水分が多く、クリームが最も油分を多く含みます(細かい配合はブランドごとに異なります)。

そのため、化粧水の量(水分量)が少ないと油分が多い状態になり、バランスが崩れます。そうなるとお肌が油分過多になったことが引き金となり、肌乾燥が進んでしまう可能性があるんです。

水分 油分 クリーム バランス 夏 お疲れ肌 秋 保湿

■油分でフタをする前に化粧水でたっぷり、水分を十分に与えておく

秋冬になると、クリームなどの油分が多いアイテムでスキンケアの最後に水分が蒸発しないようにフタをすることはもちろん、フタをする前に化粧水をたっぷりつけて、水分をしっかり与えることが大事です。

化粧水 保湿 夏 お疲れ肌

秋になって「クリームをちゃんと塗っているのにお肌が乾燥するなぁ」と感じている人は、水分量不足のサインですので、化粧水の量を2倍にしてみてください。

これだけでも、かなりお肌状態がモチモチした感じになると思います。

もちもち肌 夏 お疲れ肌 秋 保湿

■すき間時間に手軽&たっぷり保湿できる!フェイシャルパックも合せて活用を

日常的なケアなら、パックといっても高いものではなく、100均ショップなどで売っている顔型マスクでOK。お手持ちの化粧水を贅沢にひたひたにし、顔に乗せ5〜10分置きます。

顔にぴったり密着していればパックしながら本を読んだり、テレビを見たりできるのでスキマ時間を有効活用してください。これもハンドプレス同様、スキンケア効果をサポートしてくれますよ。

すき間時間 スキンケア ローションパック 夏 お疲れ肌 保湿 

お肌が期待に応えてくれる!ハンドプレス活用法

時間に余裕がある時は、両手のひらで顔全体を包み込むように覆う「ハンドプレス」をしてみましょう。手のひらの体温で顔全体を温まり、気持ちもリラックス。スキンケア効果をサポートしてくれます。

ハンドプレス 夏 お疲れ肌 秋 保湿

■ハンドプレスのやり方

1.普段スキンケアするように化粧水をつけます。この時の化粧水の量は、いつも通りでOKです。

2.手のひらに再度化粧水を取り、今度は顔全体に軽く押し込むように広げて行きます。このとき、指や手に力が入りすぎるとお肌への負担が高まりますので、気をつけてください。

3.顔全体に化粧水を広げたら、手の指を揃えて手のひら全体で頬の部分を包み込みます。

4.化粧水をお肌の奥へ押し込むようなイメージを持ち、軽くお肌をプレスして5秒キープします。

5.ゆっくり元の位置に戻し、これをゆったりとした気持ちとペースで、3〜5分ほど繰り返します。

 

「ハンドプレス」後はお肌がもちっとして、いつもよりも少しべたつきを感じるかもしれません。

そんな時は、次のアイテムをつけるまで時間を置いてください。時間がない時はそのまま次のステップに進んでOKです。

 

■目の周りのツボも一緒に刺激して、目元の疲れもリフレッシュ

ハンドプレス 目のツボ お疲れ肌 夏 

目の回りにはツボがあるので、ついでに刺激してしまいましょう。

中指が目頭、人差し指が目尻に当たるようにして、ほんの少しだけ指先に力を入れます。ツボが刺激されて、目もとの疲れをリフレッシュできます。

手でつける?コットンでつける?化粧水のつけ方もチェック

化粧水のつけ方について、「手でつけた方がいいですか?それともコットンでつけた方がいいですか?」とよく質問されますが、ブランドごとに推奨しているやり方がある場合があります。

まずは、そのブランドの使い方をチェックしてみてください。

夏 お疲れ肌 保湿 化粧水 チェック

どちらもOKとなっているブランドは、本当にどちらでもOK。ただし、コットンを使ってお肌にゴシゴシこすりつけるように使い方はNGです。

面倒くさがりな人、不器用な人は、手でつけた方が肌への負担は軽減できるかもしれません。

Motto オトク

その時のお肌の状態にも左右されますが、高額なクリームを新たに購入しなくても、手持ちの化粧水のつけ方を変えるだけで、お肌のもちもち感がアップします。

フェイシャルパックも身近な100均ショップでゲットしたもので、ぜひ試してみてくださいね。

 

悩みの多い夏のお疲れ肌対策ですが、秋の美肌をゲットするためには、毎日コツコツと保湿しておくことが大切です。美肌は一日にしてならず。将来のシミ・しわ対策にもつながりますので、頑張りましょう!

 

関連記事

キレイになって謝礼もゲット!オトクに女磨きができる「美容モニター」とは?

まるで美容液。マナラのホットクレンジングゲルをお試し!

毎日のもっちり泡洗顔は、いいこといっぱい♪「どろあわわ」お試しレポ

高橋果内子

高橋果内子

コラムニスト/美容コーディネーター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:http://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako

スポンサーリンク

この内容で送信します。よろしいですか?