スポンサーリンク

Original

秋冬の乾燥には、“ワンモア保湿”でうるおい力をアップ!【美容ジャーナリスト加藤智一のビューティティップスvol.4】

大気の乾燥が進んでいく秋冬。スキンケアにおいては、このシーズンこそ充実した保湿ケアが必要です。

というのも、この時期の保湿ケアを怠ると、肌は老けてしまうから。

特に保湿ケアをあまりしていない男性は、この傾向が顕著。正月休みを終えて、学校や会社で再会したクラスメイトや同僚が、「あれ? 去年よりもちょっと老けた?」と思うことはありませんか?

これは冬の乾燥で肌がかさつき、しぼんでしまうことで、老けてみえることがあるからです。


そんな衰えを避けるためにも、いまは通常のスキンケアに加えて、保湿をさらに重ねていく“ワンモア保湿”を実践しましょう。

大気の乾燥から肌をしっかり守れば、肌時計を確実にスローダウンさせられます。


資生堂「HAKU」から美白効果のある美容オイルが!

その代表アイテムといえるのが、美容オイル。たとえば、資生堂「HAKU」「メラノディープオイル」は、お手入れの最後にプラスするタイプの美容オイル


いつものスキンケアをしっかりと閉じこめつつ、うるおい成分や美白有効成分である4MSKが、さらなるうるおいを実現。

このプラスケアで、「うるおいが充実してる!」という手応えを得られるほど、濃密なうるおいを得られます。2,900円という手に取りやすい価格も好印象ですよ。

資生堂HAKUのメラノディープオイル 秋冬 乾燥 保湿

資生堂HAKU 「メラノディープオイル」(医薬部外品)15ml、2,900円(編集部調べ)(限定発売中)

指先、つま先など“末端”にうるおいを与える立役者

2品目に紹介したいのは、顔やボディなどあらゆる部位に使える、アベンヌの部分用保湿クリームです。


こちらは油分の多い、こってりとしたコールドクリームで、かかとやひざ、ひじなど、特に乾燥しやすい部分に重ねづけしたいアイテム。

たとえば、ひざのがさがさした部位に塗れば、やわらかく整えたくれたり、乾燥して赤みがある部位なら、うるおいのラップ効果から肌本来のうるおいを取り戻せたりと、さまざまな用途に使えて便利です。


私はひじやひざなどはもちろん、指先やつま先にたっぷり塗って“クリームパック”を施したり、鼻炎で鼻のまわりが赤くなってしまった時のレスキューケアとして活用しています。

昔懐かしい“軟膏”のようなテクスチャーで頼もしさもアリ。1本常備しておくと便利です。

アベンヌ コールドクリームN 部分用保湿クリーム 秋冬乾燥対策 保湿

アベンヌ「コールドクリームN」36g、1,500円(編集部調べ)

Motto オトクにキレイ

HAKUの「メラノフォーカス3D美容液」は1万円オーバーですが、この美白オイル(メラノディープオイル)は3,000円以下、というオトクプライス!

しかも、うるおいも充実。限定商品なので、買うならイマです! 


また、アベンヌも優秀な保湿アイテムが揃うわりには、意外に手に取りやすい価格なのが嬉しい。この「コールドクリームN」は。友人へのプチギフトとしてもおすすめですよ。(編集部)


美容ジャーナリスト 加藤智一

かとうともいち●角川春樹事務所『POPTEEN』から、ハースト婦人画報社『25ans』編集部まで、多くの女性誌の美容担当を経て独立。現在は、女性誌・男性誌のほか、さまざまな媒体で執筆。

著書に、「思わず触りたくなる美肌をつくる身だしなみメイク」や「お洒落以前の身だしなみの常識」(ともに講談社)がある。インスタグラムは@tomoichi2000、公式サイト「美肌百貨」。


関連記事

香りアイテムの“最新”フレグランスペン【美容ジャーナリスト加藤智一のビューティティップスvol.1】

秋冬のパーティメイク! 唇は“マット質感”が命!【美容ジャーナリスト加藤智一のビューティティップスvol.2】

売り切れ必至!アンダー3,000円!いま買うべきクリスマス限定コフレ【美容ジャーナリスト加藤智一のビューティティップスvol.3】

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク