スポンサーリンク

Original

プチプラな“ミニミニコスメ”が続々登場!【美容ジャーナリスト加藤智一のビューティティップスvol.12】

携帯に便利なミニサイズのコスメは、“お試し買い”にも最適!

少しでも“インスタ映え”したい! という願いから、メイクアップ研究に余念がない人に、ぜひおすすめしたいアイテムが、通常よりも一回りも二回りも小さいサイズのミニミニコスメです。


たとえば、「赤リップに挑戦したいけど似合うかどうかが心配…」という人でも、ミニサイズで、しかもプチプラ価格であれば、“お試し用”として買いやすいので安心。

それに、赤が何色か用意されていた場合、グラデーションで数色買っても、通常サイズのリップを1本買うほどの価格で購入できるからです。

コンビニ限定! 特別な赤が揃うミニリップ!

カネボウ化粧品のメディアから、コンビニ限定シリーズとして発売される赤セレクションは、まさに赤リップの代表格。凛とした赤、華やかな赤、澄んだ赤、優しい赤の4色が用意されており、しかも1本につき¥500という嬉しい価格!

4色まとめ買いしても¥2,000と、コスパに優れています。


メディア ミニリップ 全4色 各¥500/カネボウ化粧品(ファミリーマート、サークルK・サンクスで取り扱い)

メディア ミニリップ 全4色 各¥500/カネボウ化粧品(ファミリーマート、サークルK・サンクスで取り扱い)


普段使いにはもちろん、メイク直しや旅行など、さまざまなシーンで使えるのが便利。

コンビニ限定シリーズのミニリップなので、急なお泊りが必要になったとき、「コンビニに¥500リップがあった!」と覚えておくと助かります。

24hコスメがプチプラコスメとしてリニューアル!

また、2月にプチプラコスメとして、リニューアルした24hコスメは、価格だけでなくサイズも“プチ”にこだわったラインナップを発表。


なかでも秀逸なのがベースメイクで、パクトタイプのミネラルクリームファンデや、ブラシでつけるパウダーファンデは植物オイルや種子オイルを配合している“美肌ファンデ”処方で、つけ心地が快適なことが特長。ふんわりとヴェールがのるような軽さで、肌の赤みや毛穴を消し去ってくれます。


クリームタイプは指塗で簡単に、パウダーもブラシでささっと塗るだけなので、化粧直しの時にも大活躍。

同シリーズではミニサイズのスティックファンデやCCバームもあり、カバー力や仕上がりの好みで使い分けるのも手です。

24ミネラルパウダーファンデ・プチサイズ 全3色 各¥1,800、24ミネラルクリームファンデ 全3色 各¥3,900/ともに24h cosme

24ミネラルパウダーファンデ・プチサイズ 全3色 各¥1,800、24ミネラルクリームファンデ 全3色 各¥3,900/ともに24h cosme


Motto オトクにキレイ

少しでもインスタ映えしたい、というのが女子心。

そのために、自分にはどんなメイクが似合うのか探すうえで、プチプラコスメは大活躍。いろんなアイテムを買いそろえても、トータルプライスは想像以上に安かったりして嬉しくなりますよね。

特に、24hコスメにはベースアイテムも複数あるので、いろんな肌感をオトクに楽しめそうです!(編集部)


美容ジャーナリスト加藤智一さん

かとうともいち●角川春樹事務所『POPTEEN』から、ハースト婦人画報社『25ans』編集部まで、多くの女性誌の美容担当を経て独立。現在は、女性誌・男性誌のほか、さまざまな媒体で執筆。

著書に、「思わず触りたくなる美肌をつくる身だしなみメイク」や「お洒落以前の身だしなみの常識」(ともに講談社)がある。インスタグラムは@tomoichi2000、公式サイト「美肌百貨」。


関連記事

韓国の人気No.1自然派コスメがついに日本上陸!【美容ジャーナリスト加藤智一のビューティティップスvol.11】

マスク代わりの“バリアコスメ”で肌あれ予防!【美容ジャーナリスト加藤智一のビューティティップスvol.10】

春メイクは桜色のリップから!【美容ジャーナリスト加藤智一のビューティティップスvol.9】


スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

スポンサーリンク

この内容で送信します。よろしいですか?