スポンサーリンク

Original

【プレゼントあり】「DHOLIC」のオリジナルコスメ『MILCOTT』。新登場のスキンブラーパウダーを試してみた!


なめらか肌を実現!2色の「スキンブラーパウダー」

ライフスタイル通販サイト「DHOLIC(ディーホリック)」が展開するコスメブランド『MILCOTT(ミルコット)』。

MILCOTT』と言えば、2016年に「トーンアップクリーム」を発売。

翌年2017年に韓国のコスメセレクトショップでの販売をスタートすると、スキンケアとしても化粧下地としても使えると話題となり、発売から1か月で累計1,000個を売り上げるヒット商品を生み出した、今注目のブランドです。


その『MILCOTT』からシリーズ第三弾としてふんわり&さらさら肌のための「スキンブラーパウダー」が2色展開で登場!

今回は「スキンブラーパウダー」2色それぞれの実力を試しつつ、使い心地をレビュー&お勧めの使い方をご紹介します。



「ブラー」って一体なに??塗った瞬間ふんわり肌になる秘密

商品名にある「ブラー」とは、日本ではまだ馴染みが薄い言葉ですが、英語で“ぼかす”という意味があります。

今回新登場した「スキンブラーパウダー」はメイクの仕上げに使うことで、まるで美肌アプリでぼかし加工したかのようなふんわり&さらさら肌に手軽に仕上げてくれる秀逸アイテムです。


パウダーはホワイトピンクの2色展開。

ケースに入っている状態でパウダーを見ると「白浮きしてしまうかも…」とちょっと不安になってしまうほど明るい色みですが、肌の上に乗せるとごく自然な仕上がりになります。


どうしてそんなに手軽にふんわり&さらさら肌をゲットできるのか?

それは、パウダーが皮脂を抑えながら毛穴までカバーしてくれる細かくやわらかい粒子だから。

そして、天然のミネラルパウダーなので明るすぎない自然な肌トーンに導いてくれます。

軽いつけ心地にも関わらずお肌にしっかりと密着するためメイク崩れしにくいので、暑い夏の日にもぜひお勧めしたいアイテムです。

しかも皮脂抑制成分が配合されているため時間の経過とともに気になる皮脂の分泌を抑えてくれて、可愛らしさだけではなく機能面も◎。


ホワイトピンクの2色でカラーリングされたパッケージは、まるでマシュマロのような可愛らしい色合い。

牛乳パックをモチーフにした外箱も、捨てずにディスプレイしておきたくなるくらい可愛いデザインです。



「スキンブラーパウダー」はホワイト&ピンクの2色展開

パウダーは、無色でメイクに響かずに皮脂ケアできる「01:ホワイト」とさりげない色合いで華やかさをアップできる「02:ピンク」の2色展開。

ここからはそれぞれのパウダーの使い心地をレビューします。


最初に紹介するのは、メイクに響かない無色のパウダー「01:ホワイト」。

パフに乗せたパウダーを見てもらえれば分かりますが、ケースに入っているとパウダーは真っ白に見えます。

でも、肌の上に乗せるとスーっと肌の色と馴染み、肌の透明感がアップ!キメの整ったふんわり&さらさら肌の完成です。


スキンケア成分として肌にうるおいを与え清潔に保ってくれると言われる緑茶成分(緑茶パウダー)を配合。

その他にもドクダミ、緑豆、薄荷も配合されていて、お肌を外部刺激から守ってくれながらもさっぱりとして清涼感のある仕上がりです。


次は、さりげない色合いで肌に華やかさをプラスしてくれる「02:ピンク」。

ピンクのパウダーには酸化亜鉛よりも収れん作用や殺菌作用が強いと言われているカラミンパウダーを配合していて、皮脂の分泌を抑えながら毛穴を引き締め、すこやかな肌へと導いてくれます。


ピンクのパフに乗せるとピンクのパウダーの色は目立ちませんが、手に乗せた瞬間、ホワイト同様キメが整い、ふんわり&さらさら肌になります。

ホワイトに比べるとややピンクがかった色みのあるパウダーのため、色白というよりは血色感を増して健康的な肌に見せてくれます。

ピンクのベールをまとったお肌は女性らしさをアップさせてくれるかも!?


ホワイトもピンクも白浮きはしないのでどちらもお勧めですが、肌に透明感が欲しい時はホワイト血色をプラスして健康的な肌に見せたい時はピンクと使い分けるのも良いかもしれません。



綺麗に仕上げたい!「スキンブラーパウダー」お勧めの使い方

なりたい仕上りに合わせて、またその時の気分次第で選んで使える「スキンブラーパウダー」。

軽いつけ心地なのでメイクの仕上げに付属のパフで顔全体に軽く叩き込むように使うとメイク崩れを防ぐことができます。


でも、「さらにナチュラルに仕上げたい」という人は顔全体に使うのではなく、皮脂やテカリが気になる部分にだけ軽く乗せる、明るく見せたい部分にハイライトとして使うのがお勧めです。


使う順番としてはメイクの最後、フェイスパウダーとして使います。

お肌のくすみが気になるという時は皮脂分泌が多いTゾーンやUゾーンに乗せれば明るい肌に仕上げることができます。

また、目元のメイク崩れが気になるという時はアイメイクをする前にまぶたにつけておくとアイシャドウ崩れを防ぐこともできます。


また、変わった部分使いの方法として、夏暑い日に汗をかいて前髪がペタっとおでこに貼り付く……なんて時は、前髪に直接つけるのがお勧め。さらさら前髪がキープできます



「スキンブラーパウダー」をプレゼント!キャンペーン実施中☆

メイクの最後にフェイスパウダーを塗るのは面倒くさい……と思って省略している人が多いようですが、メイク崩れ防止のためにはフェイスパウダーは必須です。

今回ご紹介した「スキンブラーパウダー」は本当に軽いつけ心地で使い方も簡単なので、ぜひ皆さんも省略せずに試してみてくださいね。


なんと今なら!

Motto読者4名様にこちらの「スキンブラーパウダー」をプレゼント!

以下のプレゼントキャンペーンページから詳細をチェックして、ぜひ応募してくださいね♪

※募集は終了しております。




関連記事

「ANOCOI(アノコイ)」で、女性なら誰もが気になるあの悩みを解決!

全9種類異なる機能の、フローフシ「新モテマスカラ」。30万人の声に応えた“アンサー”は!?全部試してみた!

ハニーチェ「ハンドクリーム」「ハニーリッチオイル」お試しレポート」

高橋果内子

高橋果内子

コラムニスト/美容コーディネーター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:http://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク