スポンサーリンク

Original

美人の条件「美眉」になれる!アイテムを一挙ご紹介【Mottoナビゲーター 眉毛のお悩みまとめ】

メイクの鬼門「眉」。キレイな眉になるためには…?

Mottoナビゲーター」では、12月に「眉に関するお悩み」を募集。

以前もご紹介した通り、「眉メイク」が上手くできずに悩んでいる方はかなり多いよう。

今回も、たくさんの方からストーリーをご紹介いただきました。


眉は、「眉の動きを見るだけでその人の感情が分かる」と言われるほど表情がでやすいパーツ。

さらに、「美人の条件」としてたびたび「眉の形が綺麗であること」と取り上げられるほど、眉のコンディションで顔の印象もかなり左右されますよね。

「前髪で隠れるし適当でいいや…」とあきらめてしまってはダメ!

アイブロウメイクで悩んだMottoナビゲーターの皆さんの解決ストーリーをご紹介します。

ぜひ、ご自身の悩みに近い方を参考にしてみてくださいね。



薄眉~しっかり眉まで、上手にメイクする方法をご紹介!

それぞれ顔が異なるのと同じように、眉の形や太さ、濃さも千差万別。

だからこそ、雑誌で紹介されているアイブロウメイクを真似するのは難しいですよね。

今回ご紹介いただいた5名のMottoナビゲーターの皆様は、それぞれ眉のタイプも悩みも異なります。

ぜひ、ご自身の悩みに近い方を探してみてください!



■jaanese_kitchenさん


japanese_kitchenさんは、かなり薄眉なのに、眉の毛の色自体は黒く目立ちやすいので、どうしてもバランスの良いアイブロウメイクができなかったそう。

そんな悩みを解決するために向かったのはアイブロウ専門サロン「アナスタシア」。

「アナスタシア」で紹介してもらったアイブロウパウダー「ブロウパウダーDUO」を使ってメイクしてみたら、自眉も浮かずナチュラルなふんわり眉を作ることができたそう。

眉を明るくできたからこそ、暗い色の服にもチャレンジできるようになったとのこと!

目につくパーツだからこそ、時にはプロの手を借りるのも良いかもしれませんね。

japanese_kitchenさんとアナスタシア「ブロウパウダーDUO」のストーリーはこちらから


■楓さん


楓さんは元から眉頭が薄く、以前「不自然に見える」と指摘されたことがきっかけで、アイブロウに苦手意識を持つように…。

買い物をしていた時に偶然見つけたキャンメイクの「ナチュラルシフォンアイブロウ」は、しっかり色を載せても「描きました」感が出にくく、さらにブラシとチップの両方が付属している充実アイテム!

ブラシとチップで描き分けることで、眉が濃い部分・薄い部分の両方に対応できるそうですよ。

プチプラアイテムなので、気軽に取り入れられるのも◎ですね!

楓さんとキャンメイク「ナチュラルシフォンアイブロウ」のストーリーはこちらから

このアイテムをAmazonでチェック


■さめろでぃさん


上手く描けないことがきっかけで、いつもなんとなくアイブロウメイクを誤魔化してきたさめろでぃさん

しっかり描こうとすると、どうしても太くなってしまったり、濃くなってしまったりしていたのだとか。

インテグレートの「アイブロウペンシルN」は、極細芯なので少しずつ描き足していけるのが◎

眉1本1本を丁寧に描き足し、細かい調整を行うことでキレイな眉が描けるようになったおかげで、より「自分のなりたい顔」に近づくことができたそうですよ!

さめろでぃさんとインテグレート「アイブロウペンシルN」のストーリーはこちらから

このアイテムをAmazonでチェック


■神戸綾乃さん


綾乃さんは眉の毛量自体はしっかりあるものの、形を整えるのが苦手だったそう。

ヘアメイクさんに相談したところ、プロは画材用ペンシルを使用しているのだとか!

それをきっかけに資生堂の超プチプラアイブロウペンシルで眉を整えてみたところ、程よい硬さの芯でキレイな形の眉に!

アイブロウパウダーが苦手だという綾乃さんでも、ペンシルなら簡単だったとのこと。

上手く眉が整えられずに悩んでいる方には、ぜひ1度試してみてほしいテクニックです。

神戸綾乃さんとSHISEIDO「EYEBROW PENCIL」のストーリーはこちらから

このアイテムをAmazonでチェック


■みーさん


昔から、トレンドに合わせた色々な眉を試し続けてきたみーさん

ですが、ここ数年トレンドの「太眉」を作ろうとすると、どうしても太く濃く、不自然な仕上がりになってしまう…。

そこで、K-パレットアイブロウマスカラを使って眉色を明るくしてみたところ、マスカラ液が地肌につかず眉毛だけが綺麗に色づいて、ナチュラルなふんわり眉が完成!

ちょっとした眉の色、形が変わるだけで、顔の印象ががらっと明るくなったそうですよ。

みーさんとK-パレット「リアルラスティングアイブロウマスカラ24h」のストーリーはこちらから

このアイテムをAmazonでチェック


■メロさん


眉自体はしっかり生えているものの、写真に写るとどうしても薄く見えてしまう眉に悩んでいたメロさん

最近は、SNS等に写真を載せる機会も多いので特に気になりますよね。

そこで、コスメブロガーさんの記事を見て気になったKATEの有名アイシャドウパウダーをチェック。

3色の色を合わせて使うことで、ナチュラルなのに印象がしっかりした、キレイな眉を作ることができたそうですよ!

写真に写った時の印象ももちろんアップ!

ドラッグストアで売っているうえ、様々なメディアで取り上げ実績のある有名アイテムなので、試しやすいアイテムです。

メロさんとKATE「デザイニングアイブロウ3D」のストーリーはこちらから

このアイテムをAmazonでチェック



眉を整えて、印象をアップしよう!

Mottoナビゲーターの皆様全員がおっしゃっていたのは、「眉が変わるだけで顔の印象が一気に変わった」ということ。

眉が変わるだけで印象が良くなるのなら、アイブロウメイクを一度見つめ直す価値は絶対にありますよね。

前髪を作っている人だとおざなりにしがちなパーツなのかもしれませんが、意外と周りは見ているかも…??

もちろん、眉が堂々と出せることにより、ヘアアレンジの幅も広がりますよ。


Mottoでも、眉の描き方のポイントを度々ご紹介しているので、ぜひ併せてチェックしてみてくださいね!

眉の基本の描き方

アイブロウメイクアイテムの使い分け



同じ悩みの記事を見る(毛穴)

Mottoトップページ

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク