スポンサーリンク

Original

今季トレンド・モーヴピンク。おすすめアイシャドウと取り入れ方

落ち着いたモーヴピンクは大人の女性らしさを演出

雑誌やネットでも頻繁に取り上げられているトレンドカラーの一つ、モーヴピンクは女性らしさや可愛らしい雰囲気が作りやすいカラーであり挑戦しやすい色です。

目もとにトーンの落ち着いた肌に溶け込みやすいくすみピンクを持ってくる事で深みが出て秋冬らしく大人な旬顔に。


一重や奥二重の方、ピンクのアイシャドウを使うと目が腫れぼったく見えやすい方は落ち着いたトーンのモーヴピンクのアイメイクがおすすめです。

締め色には同系色の赤みがかったブラウン、バーガンディーカラーを使うと腫れぼったく見えにくく、より締まった目もとになります。



挑戦しやすい!オススメのモーヴピンクのアイシャドウ

実際にモーヴピンクのアイシャドウを普段のメイクに取り入れたい!トレンドメイクに挑戦したい!という方にプチプラとお手頃なお値段のデパートコスメ、いわゆるデパコスをご紹介します。


キャンメイク パーフェクトマルチアイズ 780円(税抜) 04 クラシックピンク

アイシャドウはもちろん、これ一つでアイブロウ、アイライナーとマルチに活躍してくれるパレット。

定番品で入手もしやすく、お値段も文句なしのキャンメイクのアイシャドウはトレンドメイクを取り入れやすくおすすめです。


絶妙な配色のマットシャドウなので派手すぎず、オフィスメイクにも使えます。

粉質はとても滑らかで柔らかく、とてもプチプラとは思えないクオリティ。

粒子の細かい粉質がまぶたにスッと溶け込みます。


くすみがかったピンクブラウンで綺麗なグラデーションが楽々作れます。

スウォッチの一番上から

・ベースカラー

・メインカラー

・アクセントカラー

・アイブロウ

・アイライナー

として使えます。今回はこちらのパレットをフルに使ってメイクをしてみました。

ぜひ参考にしてみて下さい。


また、デパコスの中でもお手頃なADDICTIONの単色シャドウの中から旬なグラデーションが作れる色をご紹介します。


アディクション ザ アイシャドウ 2160円(税込)

(左) Cry Baby 080 (右) Gypsy Queen 087

クライベイビー」はシルバーとピンクのパールがたっぷりと、「ジプシークイーン」はツヤが自然と出る様な微細なパールが目立つカラーです。

先程のキャンメイクのマットなアイシャドウとは違ってパールが目もとを華やかにしてくれるので、シーンによって使い分けるのも良いですよ。


このようなツヤやラメを取り入れると華やかに、目もとにも奥行きが出て顔に立体感が生まれます。

スウォッチは上から

クライベイビー、ジプシークイーン

3段目は2色を使ってグラデーションを作ったものです。


この2色だけで綺麗なグラデーションが作れますし、キャンメイクのアイシャドウにプラスすればより使い道が広がるのではないでしょうか。

キャンメイクとアディクションのアイシャドウを並べて色みを見ていると、とても相性が良さそうに見えますよね。



実際にキャンメイクのパレットでアイメイク

ご紹介したキャンメイクのパレットを使ってメイクをしてみました。

指と付属のチップブラシのみで仕上げています。

ベースカラーをアイホール全体に指で塗り広げ、メインカラーを二重幅に。

目の際にアクセントカラーをチップでしっかりと塗って、アイライナーとなる一番濃い色をキワに細めに入れグラデーションを作ります。


リキッドアイライナーブラウンを使い、主張しすぎない様にまつ毛の隙間を埋めるように、目尻からは極端にはみ出さない程度に引きます。

優しげな印象を保つためにもマスカラをブラックではなくブラウンで。

アイブロウは同系色の赤みやピンキッシュな色の物を使うと馴染みやすいです。

キャンメイクのパレットのアイブロウカラーをブラシで乗せて、ワントーンで統一します。

下まぶたにはアディクションのクライベイビーを黒目の下あたりにチップで乗せると涙袋を強調でき、目も大きく華やかに見せることができます。


下まぶたの目尻から黒目の真ん中あたりまでパレットの締め色を薄く引き、濃い色からぼかすようにトントンと乗せていくと目尻側に色が乗り、目頭側は抜け感が出るのでより立体感を出せます。



20代後半、アラサーからのピンクメイクにおいて「甘すぎない色」としてオンオフの両方で活躍してくれるトレンドカラー、モーヴピンクメイクとおすすめアイテムのご紹介でした。


優しげに見せたい場合やデイリー使いに向いたメイクをするにはチークとリップは控えめに。

チークは大きめのブラシでふんわりと広範囲に乗せて色を主張しすぎないように、そしてリップは深みのある色でも透け感のあるシアーなリップを選ぶと失敗しにくいです。


隙のないモードなメイクがお好みであれば、リップも今年のトレンドアイテムであるマット系リップを。(CHANELやM.A.Cのパウダーマットリップなど)

より季節感を出すのであればリップで楽しみましょう。

顔に統一感を持たせるワントーンでのメイクをすれば失敗もしにくいです。

モーヴピンクの目もとを作ったら、同系色のくすみカラー、グレイッシュカラーを持ってくると良いでしょう。

ブラウンベージュダスティーなコーラルピンクローズカラーなど、彩度の低い色を取り入れることでグッと秋冬にぴったりな雰囲気になり大人の女性らしさが出せます。


ぜひ今季のトレンドカラーを取り入れて季節感のあるメイクを試してみて下さいね。




関連記事

【今さら聞けない!】なりたい印象別マスカラのつけ方選び方

これじゃダメ?!今さら聞けないビューラーの正しい使い方

似合うリップは何色?パーソナルカラー別お勧めテクニック

りょう

りょう

集英社MAQUIA公式インスタブロガー。日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュの資格を持つ。美容に関わる知見とブロガーならではの情報網を駆使し、最新コスメトレンドにも精通。パーソナルカラー等に縛られず、自由に自分らしくをモットーに、自身のSNSでも様々なコスメ情報を発信中。 公式Twitterアカウント:https://twitter.com/rcsm_glc、公式Instagramアカウント:https://www.instagram.com/lilil52/

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク