スポンサーリンク

Original

大切なのはトレンドよりも骨格!?本当に似合うメイクとは

人間の顔には“ゴールデンバランス”がある

タレントさんやモデルさんは顔が小さく、目が大きい人が多いため、そういった顔つきに憧れている人も多いと思います。

ですが、実は顔の輪郭(骨格)筋肉のつき方によって顔の見え方は大きく変わってくるのです。

多くのモデルさんたちはいわゆる“卵型”と呼ばれる輪郭タイプの人が多いと言われており、それぞれの輪郭タイプによっても顔のパーツの位置に理想的なバランスがあります。

それを“ゴールデンバランス”と呼びます。

ゴールデンバランス”とは、顔の縦の幅を1とした時、おでこの部分(上)と鼻の部分(中央)、鼻下からアゴにかけての部分(下)の長さが均等に1/3ずつに見えること。

さらに、顔の横幅が目の幅と目と目の間の部分(中央)、目尻から髪の生え際までの部分の長さが均等に1/5ずつに見える人が最もバランスが良いとされています。


「世界で最も美しい顔100人」に見事ランクインした経験のあるモデル・女優の桐谷美玲さんはまさに“ゴールデンバランス”の持ち主と言えますね。



バランスによって“キレイ系”か“可愛い系”に分かれる

理想的な“ゴールデンバランス”はあるものの、顔のパーツがどの位置にあるかによって、顔の印象は大きく変わります。

特に人と話す時にはアイコンタクトを取るため、よく相手から見られているアイメイクで変化をつけるのがポイントです。

前述した「左目の幅:目頭と目頭の間:右目の幅=1:1:1」の“ゴールデンバランス”はどちらかと言うと“キレイ系”な顔立ち。

それに対して目の幅が若干短くなって目と目が少し離れてみえる「左目の幅:目頭と目頭の間:右目の幅=0.88:1:0.88」のバランスになると“可愛い系”になります。ほんの少しの差ですが、印象は大きく変わります。


「今日は大事なプレゼンがあるからクールに見せたい!」という日は、目元が「1:1:1」に見えるようにメイクしましょう。

アイラインを長めに引く、マスカラを目尻側だけ二度塗りするなど、目尻側を強調することでメイクの錯覚効果で目の幅に長さを出すことができます。


「今日は気になる彼とデート」など、可愛くしたい!という日には目元が「0.88:1:0.88」に見えるようにメイクをすると良いでしょう。

目の幅を狭く見せるためには、“キレイ系”アイメイクとは逆で、アイラインは目尻より飛び出さない、マスカラは目尻夜も黒目の真上に二度塗りして高さを強調させることで、メイクの錯覚効果で黒目がちな瞳に見せることができますよ。



なりたいイメージに近づけるためにはまずは自己観察から

雑誌やネットでメイク研究をしていると「あぁ、私もこんな顔になりたいなぁ」と憧れるモデルさんや女優さんのタイプってありますよね。

先ほどから伝えている“ゴールデンバランス”を基準に、モデルさんや女優さんの顔立ちを観察分析してみると、大きく分けて4つに分類できます。

ゴールデンバランスに比べて、おでこが狭い(顔の中心部分が長い)タイプの人は“遠心タイプ”と呼ばれ、大人っぽい印象の人が多いです。

逆に、おでこが広い、顔のパーツが全体的に下の方に集まっているタイプは“求心タイプ”と呼ばれ、幼い印象の人が多いです。

前述の“キレイ系×可愛い系”と“遠心タイプ×求心タイプ”をかけ合わせた、4つのパターンに分類できます。


なりたい顔に近づくためには、まず自分が憧れている女性の顔立ちがどのパターンに当てはまるのかを分析。

その後に自分がどのパターンなのかを分析して、その差を明らかにします。

そうすることで、メイクをするにしても、どの部分をより強調し、どこを控えめにすべきなのかが明確になります。


メイクは単に色を乗せて華やかに見せるだけではなく、描くラインの長さや幅の太さなどを調整することで起こる“錯覚効果”を応用するのが上級者テクニック。

また、メイクは人を真似ているとどんどん上達して、セルフイメージを自由自在に操れるようになります。

朝の忙しい時間にメイクを失敗するのは嫌だと思うので、帰宅後入浴前の時間を“新しいメイクに挑戦する時間”に設定して、メイクを落とす前にいつもとは違うメイクを練習してからクレンジングをするようにすれば、メイクの上達間違いなしですよ。



キレイ系×可愛い系”と“遠心タイプ×求心タイプ”をかけ合わせた4つのパターンさえ理解できれば、あとはメイクするのみ

気になる憧れのモデルさんや女優さんの写真からどんどんタイプを分析してみるだけでも楽しいですよ。

ここ何年もメイクを変えてない、いつも同じメイクで飽きてきた……なんて人にもこのメイク分析はオススメです。



関連記事

可愛いハロウィンメイクは小技が命!簡単メイクテクニック

今さら聞けない!正しい眉毛の書き方レッスン

シェーディングを活用して簡単小顔!とっておき小顔メイクアイテム

高橋果内子

高橋果内子

コラムニスト/美容コーディネーター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:http://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク