スポンサーリンク

Original

メイクの基本は“線と色”!?今さら聞けないメイク基本レッスン


メイクで大切なのは、“線と色”


なんとなく感覚的にメイクを済ませてしまっている人、いませんか?

特に、忙しい朝などはパパッと済ませたいので、メイク時間も5分程度……なんて人もいるかもしれません。

それでは、メイクがなかなか上達しないのは当たり前。

「私のメイクって正しいのかな?」と悩んでしまうのもわかります。


雑誌やネットの情報ではなかなか伝わりづらいかもしれませんが、メイクは“線と色”がキーワード。

どんな曲線を描いているか」「どんな長さのラインにするか」「色は何色を使うか」を組み合わせることで、“目の錯覚”効果を利用し、顔の印象を変えることができます。


今回は、目の錯覚効果を起こす“線と色”の基本をお伝えします。



直線?それとも曲線?ラインによって可愛らしさがグッと変わる


みなさんに質問です。

「この左の図の真ん中の線と右の図の真ん中の線、どちらの方が長く見えますか?」


誰もが昔、数学か美術の時間にこんな図を見たことがあるかと思います。

パッと見た感じ、左側の線の方が長く見えますよね。

でも、じーっとよく見てみると真ん中の線の長さは実は同じ。

これが目の錯覚です。

実はメイクもこの効果を応用したテクニックで、ラインをどう操るかがポイントになってきます。


例えば、切れ長で凛とした目元を演出したければ、まつ毛全体に均一にマスカラをつけるより、目尻側だけ重ねづけしてボリュームをアップさせる。

そうすることで、目の横幅を強調することができます。

さらにアイラインを目尻側に長めに描くことにより、切れ長効果がアップします。


また、眉を描く時にもポイントが。

ひと昔前までは眉尻側が長めの細い眉が流行っていた時代がありましたが、眉毛の長さが長いと錯覚効果で目が小さく見えてしまいます

最近の“ナチュぼさ眉”は、どちらかというと眉自体をはっきり描かず、眉の長さも目尻からやや出るくらいの長さに描きます。

そうすることによって目が小さく見えず、目ヂカラを強調することができるので、実は非常に理にかなっているんですよ。


さらに、線のカーブをどう描いているかによっても印象が変わってきます。

眉が一番わかりやすい例。

曲線的なアーチ型の眉であれば可愛らしい幼い印象に、直線的で角がしっかりしているへの字眉であれば大人っぽいクールな印象になりますよね。

この法則は眉だけではなく、唇の輪郭チークの入れ方、フェイスラインなどにも応用が可能。

そして、それらの組み合わせによって、顔全体の可愛らしさの度合いを調整することができるということです。


可愛らしさを強調したければすべてのパーツで曲線的なラインを描き、大人っぽさを強調したければすべてのパーツで直線的なラインを描くと、より効果がはっきりとわかりますよ。



暖色&寒色だけじゃない!色の効果を最大限活用しよう


シーズンごとに様々な新色が発売になるコスメ。

メイクの色選びは楽しいですよね。

ただ、その反面「自分に似合う色がわからない」「ついいつも無難な色ばかりを選んでしまう」という声もチラホラ。


先ほど説明した“”同様、“”もメイクにとっては重要なポイントになりますので、基本的な知識を押さえておきましょう!


みなさんがよく知っている色の分類としては“暖色”と“寒色”があると思います。

“暖色”とは赤やオレンジなど温かみを感じる色のことで、“寒色”とは紫や青など涼しさを感じる色のことを指します。

暖色を多く使えば可愛らしい優しい印象に、寒色を多く使えば大人っぽい凜とした印象の顔になりますよ。


そのため、先ほど説明した“”のテクニックと、“”選びを掛け合わせれば、イメージを変えるのは自由自在に!

ただし、人の肌の色は真っ白なキャンバスではないので、メイクアイテムが見たまま発色するわけではありません

肌の色との調和を考えなくてはならないのが、メイクの奥深いところです。


以前、別の記事でも紹介しましたが、色の世界には“自分を引き立ててくれる色”=パーソナルカラーという考え方があります。

これは自分自身の元々持っている“髪・瞳・肌”の色調に合う色のゾーンを見つけ、それを取り入れることでより魅力的に見せてくれる色のことです。

ひと言で「ピンク」と言っても、鮮やかなショッキングピンク柔らかなサーモンピンクもピンクの仲間。

同じピンクの中でもより自分を引き立ててくれるカラーを知っておくと、アイテム選びもより楽しくなりますよ。



今回は、メイクの“基本のキ”について、お伝えしました。

感覚的にメイクをするのも楽しいですが、基本を押さえることで理論的に、かつ意識的にメイクをし、自分のイメージをガラッと変えることができるので、なかなか楽しいですよ。

可愛いなぁと思うモデルさんや女優さんの顔を分析して、メイクで近づけていくこともできるようになりますので、ぜひトライしてみてくださいね。



関連記事

可愛いもクールも自由自在!?イメチェン可能なメイクテクニック

大切なのはトレンドよりも骨格!?本当に似合うメイクとは

あなたに似合うパーソナルカラーで印象アップ!

高橋果内子

高橋果内子

コラムニスト/美容コーディネーター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:http://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク