スポンサーリンク

Original

骨格メイクはシェーディングだけじゃない!骨格別アイメイク


印象を変えたければ、まずは“アイメイク”をチェック!

「毎日、なんとなく代わり映えのないマンネリメイクになっちゃうな……」と悩んでいる人も多いようですが、メイクの中で一番変化を出しやすいのが“アイメイク”。

顔の印象を決めるパーツと言っても過言ではありません。


アイメイクが毎日同じだと、どうしてもマンネリになりがち。

マンネリメイクを脱出したい人も、イメージチェンジしたい人も、まずはアイメイクを見直してみましょう。


以前、「大切なのはトレンドよりも骨格!?本当に似合うメイクとは」の記事で、人間の顔のゴールデンバランスについてご紹介しましたが、あなたはどのタイプでしたか?


上図をよく見てみると、右側は目と目の間がやや狭いタイプ(求心タイプ)、左側は目と目の間がやや広いタイプ(遠心タイプ)です。

雑誌と同じようにメイクをしても同じにならない理由はここにあります。

メイクされているモデルさんの顔をよく分析してみてください。

自分とは違ったタイプの顔ではありませんか?

タイプが違う場合、同じようにメイクしても同じに見えないのはもうお分かりですよね。


逆に、自分タイプを理解していれば、「モデルさんに比べて私は目と目の間が狭い(広い)から、こんな風にアレンジすればいいのかな?」と分析できるようになるので、どうやって真似すれば良いのかが自分でもわかるようになりますよ。



求心タイプさんは“目尻”の色を濃く、長さは長く

図右側の目と目の間がやや狭いタイプ(求心タイプ)さんは、もともとの顔立ちとしては可愛らしい印象の人が多いです。

赤ちゃんの顔を思い出してもらうと分かりやすいかと思うのですが、赤ちゃんの顔って顔自体も小さいですが、小さい時は顔のパーツもなんとなく顔の中心に集まっていませんか?

(時折、パーツのバランスがすでに整っている赤ちゃんもいますが、こういう赤ちゃんはなんとなく大人びたしっかりした顔に見えることが多いです)


ですので、雑誌で紹介されている“可愛い系”のメイクを実践したら、甘くなりすぎちゃう…なんてこともあるかもしれません。

逆に“エレガント系”のメイクを実践したらちぐはぐな印象になってしまうことも。


求心タイプさんがメイクをする時、“目尻”側のアイメイクがポイントです。


アイラインを描く時、目頭側と目尻側を同じ太さで描くのではなく、目尻側に向かって太くし、目尻からちょっとはみ出るくらいでもOK

そうすることで、目の幅が目尻側に長くなったように見え、求心タイプから遠心タイプに近づきます。


アイラインを長めに描いたら、マスカラもぜひ目尻側だけ濃く塗ってみましょう。

そうするすることで調整力が2倍になります。



遠心タイプさんは“目頭”の色を濃く、長さは長く

図左側の目と目の間がやや広いタイプ(遠心タイプ)さんは、もともとの顔立ちとしては凛とした大人っぽい印象の人が多いです。

赤ちゃんが成長して幼稚園・小学生くらいになると顔の形も変わってきて大人っぽくなっていくのは顔型に対してパーツバランスが変わってくるからです。


遠心タイプさんはもともと大人っぽい印象なので、どんなメイクでも似合いますが、可愛らしさを求めて雑誌のメイクを真似してみるとちょっと違和感を感じる時があるかもしれません。


遠心タイプさんがメイクをする時のポイントは、“目頭”側のアイメイクです。


アイシャドウを塗る時、何気なく目頭側と目尻側を均一に塗っているかもしれませんが、遠心タイプさんは目頭側に視線が集まるよう、ホワイト系のアイシャドウを目頭に仕込むとベター。

目の錯覚効果で目と目の間の距離が求心タイプさんのように近づいて見せることができます。

そうすることでパーツ全体のバランスが良くなり、可愛らしいメイクも似合うように。

アイシャドウを目頭に濃く乗せるのには最初抵抗がある人が多いと思いますが、一度ぜひやってみてください。


あと、絶対避けて欲しいのはアイラインで目全体を囲むようにメイクをすること。

一時期、目全体を囲むと目ヂカラがアップする!と言われてこぞってみんな“囲み目メイク”をしていましたが、メイク理論からするとあれは逆効果

白目の部分が小さく見えて、かえって目が小さく見えてしまいます。

遠心タイプさんはできるだけ目の中心に視線を集めたいので、目頭側にだけアイラインを入れるのはオススメですよ。



今回は骨格別アイメイクについてご紹介しました。

メイクは色で楽しみながら自分の顔型・骨格を上手にカバーするとより綺麗に仕上がります。

骨格について最初はちょっと難しく感じるかもしれませんが、ぜひ鏡と向き合って自己分析してみてくださいね。



関連記事

大切なのはトレンドよりも骨格!?本当に似合うメイクとは

メイクの基本は“線と色”!?今さら聞けないメイク基本レッスン

可愛いもクールも自由自在!?イメチェン可能なメイクテクニック

高橋果内子

高橋果内子

コラムニスト/美容コーディネーター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:http://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク