スポンサーリンク

Original

キリッと大人顔を可愛らしい雰囲気に見せるメイクテクニック

あなたの顔の特徴は、面長&切れ長?

これまでの記事で何度か紹介していますが、顔の印象は「顔の縦横の長さ比」と「フェイスラインが曲線的か、直線的か」、「パーツがどの位置があるか」によって決まります。


「パーツがどの位置があるか」を変えることはできませんが、面長タイプの人(縦横比で縦の方が長い人)は丸顔の人(縦の長さが目立たない人)に比べて大人っぽく見られる傾向があります。

また、目もとが切れ長だったり一重だったりするとパーツが直線的タイプに当てはまるため、さらに大人っぽく見られやすいです。


そのため、それぞれの部分が逆、面長から丸顔に近づけ、目もとは切れ長からクリクリとした印象に見えるようにメイクをすれば、可愛らしい雰囲気に寄せることができるということになります。




面長脱却には前髪とチークの入れ方がポイント

顔のパーツの位置を変えることは難しいですが、顔型も簡単には変えられません。

でも、髪型やメイクの方法をちょっと変えるだけで、面長フェイスを丸顔フェイスに近づけることは可能。

一番簡単な方法は前髪を下すこと。

前髪を下すことによっておでこが隠れ、顔の縦の長さが短く見えます。

縦の長さが短く見える=縦の長さが目立たない→丸顔に近づくというわけです。

タレントさんなどを見ても、前髪がある人は可愛らしく幼い印象に見え、前髪がない前髪を上げているヘアスタイルの人は大人っぽく見えませんか?

前髪一つで顔の印象も変わりますので、いつも同じヘアスタイルの人は、ぜひ一度新しいヘアスタイルも検討してみてください。

メイクでは、チークの入れ方がポイントになります。

チークはニコッと笑った時に一番高くなる位置が基準となることが多いですが、面長フェイスの人はその位置よりも少し下めに、スタート地点から平行に幅広く楕円形にチークを入れるのがポイントです。


チークを上の方に入れてしまうとチークを入れた位置よりも下の肌色の部分が長く見え、面長感を強調してしまうことに。

チークをまん丸に入れるのもあまり好ましくありません。

また、斜め上に向かってチークを入れてしまうと、フェイスラインの肌色の部分が強調され、面長感が軽減できません。

面長さんのチークは“やや下め”、“斜め上に上げない”のがコツです。



可愛らしいメイクは重ねアイライン&マスカラで仕上げる

きゃりーぱみゅぱみゅさんや橋本環奈さんなど可愛らしい顔立ちの人を分析してみると、みんな目もとは“くりくり”っとした印象ですよね。

メイクで大人顔→童顔に変身したい場合、ポイントメイクで一番重要なのはアイメイクです。

前段のアドバイス通りに髪型とチークの入れ方を変えるだけでもだいぶ印象は変わりますが、目もとをどう仕上げるかで顔の印象はもっと変わります。

目もとを“くりくり”っとした印象に仕上げるために絶対必要なのがアイライン&マスカラ

これなくして可愛らしい目もとは作れません!


アイラインは目頭から目尻側まで引きますが、幅は1ミリ程度が良いです。

太すぎるとメイクが濃く見え、可愛らしさを通り越して“オバさん”に見えちゃいます。

アイラインを引いた後、鏡に向かって真正面に立ち、自分の黒目の位置を確認します。

そして、その黒目の上の部分だけ、“重ねアイライン”=アイラインを太く入れます

そうすることで、黒目が強調され、遠くから見ると黒目が大きくなったように見え、“くりくり”っとした印象に。


これと同じ位置にマスカラも“重ねマスカラ”を。

アイラインとマスカラのダブル効果で目もとがぱっちり、くりくりに見えること間違いなしです!


この時、黒目の真上にだけ重ねてつけることがポイント。

全体的にラインを太くしたりマスカラを大量につけたりしても黒目が強調されませんので、ご注意を。

より可愛らしさを出したい時は、カラーはブラックよりはブラウン系の方がオススメ

ブラックはラインがはっきりと見えますが強い印象=凜とした雰囲気に見えることもあるので、柔らかいブラウン系のカラーを取り入れるのもいいですよ。



今回は、メイクで大人顔→童顔に変身するコツをお伝えしました。

目もとをちょっと変えるだけでも顔の印象がガラッと変わるのは本当不思議ですよね。

毎日同じようなメイクで飽きちゃった…という人にも「大人顔→童顔」メイクはオススメです。

その日のシチュエーションに合わせて、メイクを楽しんでくださいね。



関連記事

脱童顔!幼な顔女子が大人っぽく見える“大人メイク”

大切なのはトレンドよりも骨格!?本当に似合うメイクとは

メイクの基本は“線と色”!?今さら聞けないメイク基本レッスン

高橋果内子

高橋果内子

コラムニスト/美容コーディネーター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:http://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク