スポンサーリンク

Original

面長と丸顔、チークは同じ位置でいいの?チークの入れ方講座

チークは顔色を健康的に見せてくれるメイク必須アイテム

メイクをする時、多くの人はアイメイクに力を入れると思いますが、チークも大切なパーツ。

アイメイクと上手にバランスをとりながら自分にあった形・色でチークを塗ると、血色がよい健康的な素肌美を演出することができ、美人度がアップします。

ただ、雑誌などを読んでいて「私、モデルさんと顔型が違うのにチークの入れ方は同じでいいいの?」と悩んだことはありませんか?

そう思ったことがある人はメイクが上達する人。

顔型によっては雑誌で紹介している通りにチークを入れると素肌美は演出できても、顔の印象がアンバランスになってしまうことがあります。


今回は、面長さん、丸顔さんのタイプ別チークの入れ方を伝授します。



基本はニコッと笑った時に盛り上がる部分にチークを

これまでチークを塗ったことがある人であれば、一度は「ニコッと笑った時に盛り上がる部分にチークを塗ろう」と聞いたことがあるでしょう。

これは、顔の筋肉“表情筋”の位置に合わせてメイクをすると、表情筋が動いた時に自然に見えるから。

逆を返せば、表情筋の動きとメイクをしている位置がずれていると、表情が変わるたびに対する相手に違和感が…。

チークの位置の基本はニコッと笑った時に盛り上がる部分。

この位置に塗っていればまず間違いはありません。


ただ、もっと美人度をアップさせたい!という人なら、自分の骨格・顔型に合った位置にチークを塗ることをお勧めします。

まずは恒例の骨格・顔型チェック!

目の位置が顔の中心軸よりも上にある人は“面長さん”タイプ(図の上半分)。

面長さんはおでこの広さ(幅)よりも目の下からアゴ先までの長さの方が長いです。

目の位置が顔の中央軸よりも下、もしくはちょうど真ん中くらいにある人は“丸顔さん”タイプ(図の下半分)。

丸顔さんはおでこの広さがあり、頬の面積との差があまり感じられない人が多いです。


今回は、“面長さん”“丸顔さん”の2つに分けてポイントをお伝えします。



面長さんは“横長&幅広め”にチークを入れよう

面長さんは、おでこの広さよりも頬の面積(目の下からアゴ先までの長さ)の方が目立つ顔立ち。

面長さんが目の真下あたりにチークを入れてしまうと、可愛らしさは出るのですが頬の肌色の部分が増えて面長であることをより強調してしまう可能性があります。

縦の長さを目立たせないためにも、チークは頬骨の中心からやや下にかけてチークを横長に、そして幅を広めに入れましょう。

そうすることで横幅を強調することができ、面長な印象を緩和できます。

ニコッと笑った時に盛り上がる肉の部分だけではなく、耳の近くまで横長に入れるのがオススメです。



丸顔さんは“細く&シャープ”にチークを入れよう

顔さんは、おでこの広さと頬の面積(目の下からアゴ先までの長さ)が同じくらいか、おでこの方が広く見える顔立ち。

フェイスラインが曲線的で可愛い印象の人が多いです。

もともと可愛らしい印象の顔立ちの方は、基本的にはどんな風にチークを入れても大丈夫。

ですが、ニコッと笑った時に盛り上がる肉の部分を強調するようにチークを入れ過ぎてしまうと、“可愛い”を通り越して幼い印象に見えてしまうことも。

丸い印象を目立たせないためには、チークを丸く入れるのではなく、細くシャープに入れることをお勧めします。

耳の付け根から頬骨に沿って斜めに細くチークを入れれば、少し大人っぽく見せることができますよ。

明るめのカラーよりも暗めのトーンのカラーを選ぶと小顔効果もアップします。



アイメイクに比べると華がなさそうに感じるチークですが、チークの入れ方・色の選び方次第で顔型調整ができる名脇役なのです!

最近ではプチプラコスメでもカラーベリエーションが豊富ですので、自分に合ったチークの入れ方をマスターしたら、次は似合う色選びもトライしてみてくださいね。



関連記事

骨格メイクはシェーディングだけじゃない!骨格別アイメイク

眉毛のバランスをどうにかしたい!左右の眉の上手な書き方

大切なのはトレンドよりも骨格!?本当に似合うメイクとは

高橋果内子

高橋果内子

コラムニスト/美容コーディネーター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:http://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク