スポンサーリンク

Original

ジルの「ジェリーアイカラー」で、キラキラの目元で気分を上げて!~みーさん

Mottoナビゲーターの方が、“コスメを使って、人生を少し輝かせたストーリーを伝える”こちらのコーナー

今回は春の特別編!

Mottoナビゲーターの皆さんに、新生活におすすめのコスメアイテムをご紹介いただきました♡

みーさんに、ストーリーを伺いました。


■今回のMottoナビゲーター:みーさん

肌質:混合肌(部分ごとに異なる)

年齢:30歳

自己紹介:

ただいま英語の勉強を頑張っています。

趣味はクラッシックバレエ。週3回レッスンをし、週2でスポーツジムに通っています。

甘いもの、チョコレートが大好きなので、毎日太らないように必死で運動するようにしています。

30歳になってから痩せにくくなりましたw 常に向上心を持ち、衰えないように必死ですw

Instagram:mikasimura​​​​​​​



■悩みを解決に導いてくれたコスメ:JILL STUART「ジェリーアイカラー」



キラキラメイクで気分を盛り上げる!~みーさんの思い出〜

春って気分がうきうきしませんか??

テンションの上がる、可愛いメイクもしたくなりますよね。

私は、キラキラのラメが入ったアイシャドウを使うのが大好き!


毎年、暖かい季節になると、キラキラのコスメを使ってメイクをして、気分を盛り上げて過ごしています。



試しに使って一目惚れ♡女の子で良かったと思えるコスメ

特に、今回のおすすめコスメであるJILL STUARTの「ジェリーアイカラー」を目の下の目頭の方に入れるのがお気に入り。

ラメが細かくてキラキラして、上品な輝きがよりいっそう気分を盛り上げてくれます。

ジル・スチュアートのコスメを見ていた時、試しに目の下(涙袋)につけてみたところ、すごくキラキラしてうるうるの目元ができ上がり、可愛くなれました。

ラメが細かいので、想像以上に上品に仕上がるのにびっくり!

キラキラしているのでつけるだけで気分も上がり、女の子で良かったと思えるようなコスメです。


また、容器も可愛いので、持っているだけでテンションも上がる♡

使い終わった後は、ケースをピアスなどを入れる小物ケースとしても使うこともできますよ。



華やかなのに上品なラメで女子力アップ

もう7年ほど使っています。

その時の気分でピンクを買ったりゴールドを買ったり。

「ジェリーアイカラー」を付けると目が大きく見え、顔もあか抜けるよう!


ラメ感が華やかなのでオフィスメイクには向かないですが、休みの日には必ず目元にキラキラを入れ、気分を上げていますよ。

今までに他のブランドのアイシャドウも試したことはあったのですが、ラメ感がどうしても気に入らず…。

ジルの「ジェリーアイカラー」の細かくて上品なラメ感、女子力が上がりそうな良い香り、そして持っているだけでテンションの上がる可愛いパッケージ

すべてが私のお気に入りポイント!



私はそんなジルのコスメが大好きで、この他にものリップなども持っていますよ。

香りが良くて可愛くて、唇も潤うのでお気に入り!


「ジェリーアイカラー」はジェル状のアイシャドウなので、つけすぎないようにアイシャドウのチップの小さい部分を使って付けます。

しっかりとふたをしないとジェルが固まって使えなくなってしまうので、注意してくださいね!



肌荒れや憂鬱も、上手に予防して楽しく過ごしたい!

「ジェリーアイカラー」はとても華やかなので少し派手になってしまうため、新社会人の方などは職場によっては付けない方が良いかもしれませんね。

もちろん、お休みの日のメイクにはおすすめ!

キラキラのラメが気分を上げてくれますよ♡


また、春に気を付けた方が良いのが花粉症

私自身、花粉症で肌荒れもするタイプ。

そのため、マスクをしている時であっても、必ずBBクリームや日焼け止めだけは使うようにしています。

すっぴんでいるよりも、肌に何かを塗ってプロテクトすることで肌を守ることができるので、肌荒れが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。


春は環境が変わることで色々と憂鬱になることもあると思いますが、暖かくなり出掛けやすい季節でもあります。

JILL STUARTの「ジェリーアイカラー」のきらきらラメを付けてたくさん出掛けて、テンション上げて憂鬱な気分を飛ばしましょう!



■商品名:JILL STUART「ジェリーアイカラー」

■価格:2,376円(税込)



同じ悩みの記事を見る(毛穴)

Mottoトップページ

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク