スポンサーリンク

Original

SNS映えする!盛れる!オススメ自撮りカメラアプリ3選!

自撮りをするなら、やっぱりキレイにかわいく盛りたい!

最近では「インスタ映え」という言葉をよく聞きますが、「SNSウケの良い写真を撮りたい!」という人が年々増加しているようです。


また、スマートフォンの普及から近年一気に流行した、自分自身を撮影する「自撮り」(セルフィー)も、今では「広辞苑」に載るほど幅広い年齢層に知られています。

スマホで自撮り

SNSで“いいね”が欲しい時、旅やイベントの記録を自分の姿と共に手軽に残したい時、大切な人だけに自分の姿を見せたい時、ただ単に気分をアゲたい時、いつもとは違う自分を演出したい時など。

スマホで自撮りした時に盛る

自撮りは、さまざなシーンで役に立ちます。

そこで今回は、キレイにかわいく自撮りを“盛る”ことができる、おすすめのカメラアプリ3つをご紹介します!

手軽に盛りたい派に!『カメラ360』

カメラ360』は、撮る前にどんな盛りになるのかを、「ナチュラル系」、「女神」、「人魚姫Lip」など、数あるバリエーションの中から選んで撮影できるアプリ。

撮影前に選びながら、自撮りの盛りを楽しめます。


■撮影前も細かいセッティングができる

手軽に盛りたい派に!『Camera360』

カメラ360アプリより


DIY」を選ぶと、目のクマ・ほうれい線・小じわを目立たなくする肌調整や、V字顎、猫目・キラ目などの顔調整、チークやアイシャドウといったメイク補正など、撮影前でも細かいセッティングができます。


■撮影後簡単に盛るなら「エフェクト」

Instagramのフィルター感覚で、非常に豊富な数のエフェクトを選べるので、いろいろなパターンで手軽に盛れます。

カメラ360のエフェクト機能

■とことんキレイに仕上げたいなら!細かくナチュラルな修正もできる♡

まだ盛り足りない時は、右上の魔法の杖のようなものをタップすると、さらに“編集”することができます。アプリが自動で顔認証を行うことで、より細かくナチュラルな修正が可能となっています。


■「ワンタッチ補正」や「ぼかし」も便利

カメラ360を使ったワンタッチ補正やぼかし機能

ワンタッチ補正」で、ある程度まで自動的に“自然なキレイ”になりますが、美肌や美白の調整やニキビ消しなどの細かい修正も可能。


それでも修正できないような、どうしても写したくない箇所を消したい時には、「油絵」で塗りつぶしたり、「ぼかし」で自然にぼかすことも可能です。

じっくり、とことん盛りたい派に! 『BeautyPlus』

BeautyPlus』も、先ほどの『カメラ360』同様、自撮りをかわいくキレイに盛るカメラアプリ。

こちらは、『Camera360』のように“撮る前に盛る”“撮ってすぐ盛る”というより、撮ってからじっくり盛るタイプのカメラアプリでしょう。

アプリ「BeautyPlus」

BeautyPlus」アプリより


では、顔をキレイに見せる、盛りの工程を行えます。

一瞬で“ある程度”の盛りを作ることができる「スマート美顔」と、種類豊富なフィルターの組み合わせだけでも、簡単な盛り自撮りを作れます。

「BeautyPlus」のビューティプラス フィルター機能


■全部で13種類の補正項目がある「美顔補正」

ひと通りのことは、グラフを調整するだけで簡単にできるすぐれもの。

さらに、お肌をキレイにする「肌磨き」や、「ニキビ隠し」「目を大きく」、さらに歯を白くする「美歯」などは、マニュアルで細かく調整可能です。

「ビューティプラス」でニキビや、ほくろも隠せる


■顔以外に身体も加工して“全身を盛る”「顔体痩せ」もできる!

ぽっちゃりが気になる方にはぴったりな「顔体痩せ」や、脚を長く見せる「足長」など、顔以外の加工もでき、自撮りだけでなく全身の写真を盛りたい時に役立ちます。


■有料オプション使えば「しわ消し」も可能

ちなみに、顔パーツの大きさや角度などを変えられる「リシェイプ」、「しわ消し」は、有料(200円)になりますが、無料でも“お試し”ができます。

「ビューティプラス」のしわ消し機能(有料・200円)



お試ししてみて気に入ったら、購入してみるのもいいでしょう。

ノーメイクでもバッチリ盛れる! 『MakeupPlus』

「MakeupPlus」アプリの画面キャプチャ

MakeupPlus」アプリより


「ノーメイクだけど突然自撮りがしたくなった」、「自撮りしたけどこのメイクはビミョー」、「全体的にメイクのノリが悪い」。

そんな時は、顔にメイクを施してくれる『MakeupPlus』がオススメです。


■テーマから選んで、写真にメイクが出来る画像編集アプリ

Moondust」「Comet」「Bubblegum」など、さまざまなメイクテーマの中から1つを選ぶだけで、撮った写真にメイクできます。

「メイクアッププラス」Gigi

メイクによっては、髪の色も一緒に変わることも!


用意されているメイクの種類は、違和感なく普段使いできそうなものから、コスプレ系“イロモノ”メイクまで、数え切れないほどあります。

メイクアッププラス V系ゴスロリ風メイク!?


■メイクをテーマを選ばず、リップからカラコンまで細かく設定することも可能

メイクテーマではなく、ファンデ、リップ、チーク、アイライナー、眉といった標準的なメイクだけでなく、ヘアカラーやカラーコンタクトも設定できます。

メイク以外にも、目を二重にしたり、顔痩せやデカ目などの美顔機能もあるので、メイクで補えない部分も修正して盛れます。

メイクアッププラス ヘアカラー カラーコンタクト

メイク前・メイク後の比較画像もシェア可能。まるで別人です(笑)。

メイクアッププラス 比較画像

Motto オトクにキレイ

自撮りカメラアプリといえば『SNOW』や『B612』が有名なようですが、数多くある自撮りアプリの中でも、特に人気が高く、実際に使ってみておもしろかったもの3つを厳選して紹介しました。


プリ機もビックリの盛りを、無料のアプリで楽しめるなんて、オトクにキレイを手軽に楽しめる、よい時代になりましたね。

気分や用途に応じてアプリを使い分けたり、盛った写真をまた別のアプリで加工したり、使い方はあなた次第です。

盛れるカメラアプリで、楽しい自撮りライフを!


関連記事

「写ルンです」で、簡単にインスタ映え♪撮影・現像・データ化など、使う前のギモンを解決!

ニトリの「二トスキ」と「ストレートディッシュ」で、インスタ映えばっちり♪簡単レシピと盛り付けのコツ

インスタ映えする飲食店探しは、アプリで簡単に♪「Tastime(テイスタイム)」

浦和武蔵

浦和武蔵

永遠の20歳。5月5日生まれB型。埼玉在住。スマホ・Android・アプリ・ソーシャルゲーム…等々の分野で浅く広く雑多に活動するフリーランスライター兼エディター兼放送作家。 公式ホームページ:http://musashi.urawa.ne.jp

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

スポンサーリンク

この内容で送信します。よろしいですか?