スポンサーリンク

Original

アイブロウパウダーとアイブロウペンシルって何が違うの?


眉メイクに欠かせない王道アイテムは「アイブロウペンシル」!

眉を描くアイテムとして、古くから使われていたのがアイブロウペンシルです。

「最初に手に取ったアイテムがペンシル」という人は多いのではないでしょうか。


「アイブロウペンシル」は名前の通り、えんぴつ型の眉毛を描くアイテムのこと。

ここ数年は形状が複雑化していて、純粋なえんぴつ型のものでなくても「アイブロウペンシル」という名称になっていることもあります。


アイブロウペンシル」は芯が硬く、しっかり描けるのが特徴。

一昔前までは、“眉毛は一本一本書き足すように”というメイク法が提唱されていていました。

そのため、眉を描き足すように仕上げたい人にとって、アイブロウペンシルは芯が硬くて描きやすく重宝されていました。



ナチュラル眉を作るには「アイブロウパウダー」がイチ押し!

眉メイクに欠かせないアイテムだった「アイブロウペンシル」。

ですが、ここ数年ブームになっている“ナチュラル眉”を描くにはちょっとしたテクニックが必要になります。


ペンシルに代わって“ナチュラル眉”を手軽に描けるアイテムとして台頭してきたのが「アイブロウパウダー」。

パレットの中に2〜3色のパウダーがセットされていて、付属の筆で眉毛を描くアイテムです。

アイブロウパウダー」はペンシルに比べてふんわりと描くことが可能

しかも、2〜3色のパウダーをブレンドして使うことで自分の髪の色と合った色を作り出すことができる優れものです。

ただし、手軽に“ナチュラル眉”が描ける反面、自分の眉毛がないとパウダーが乗りにくいというデメリットがあります。


アイブロウペンシル」、「アイブロウパウダー」が眉メイクの主要アイテムではありますが、最近ではそれぞれの良いところ取りをしたようなアイテムも登場しています。

それが、繰り出し式のアイブロウペンシル

繰り出し式のタイプはえんぴつ型のペンシルに比べて芯が柔らかく、芯の形状が楕円形になっているなど、様々な描きやすい工夫がされています。


それぞれのアイテムはそれぞれに良いところがあるので、しっかりした眉毛を描きたい時は「アイブロウペンシル」、ナチュラル眉に仕上げたい時は「アイブロウパウダー」、手軽に眉毛をパパッと描きたい時は「繰り出し式アイブロウペンシル」を選ぶなど、なりたい仕上がりやメイクにかけられる時間の長さによって、アイテムを使い分けてみるのもいいですね。



トレンド眉になりたければ「眉マスカラ」をゲットせよ

アイブロウペンシル」、「アイブロウパウダー」以外のアイテムでぜひ使ってみてもらいたいのが、「眉マスカラ」です。


目力アップに欠かせないまつ毛に塗るマスカラと同じような形状をした「眉マスカラ」。

店頭で探してみるとカラーバリエーションが豊富で、髪色に合わせて選べるのが嬉しいポイント。

「髪はカラーリングをしているけど、そうすると眉毛の色と合わずに困る…」という人にとって救世主のようなアイテムです。

ただし、眉マスカラは眉毛につけるものなので、眉毛自体が薄い人には残念ながら不向きかもしれません


使うタイミングは、「アイブロウペンシル」もしくは「アイブロウパウダー」で眉毛の形を整えたあと

最後に、「眉マスカラ」眉の色みを調整します。

塗る時は眉の生えている流れとは逆、眉尻から眉頭に向けて塗ってから、眉頭から眉尻に向かって二度塗りします。

そうすることで、眉毛全体にムラなく色が付きます。


「眉マスカラ」は単品では使えませんが、1本持っていると一気にトレンド感のあるメイクに仕上げることができます。

眉マスカラを使わなかったら古くさいメイクになっちゃうかも…というくらい便利なアイテムです。

カラーバリエーションが豊富なので色選びでも悩んでしまうことがあるかもしれませんが、もし悩んだら持っているペンシルの色よりもちょっと明る目を選んで。

色が暗いとマスカラを塗った時にのっぺりとした濃い眉毛になってしまう可能性があるので要注意です。


余談ですが、眉のお手入れをする際、毛抜きで抜いてしまうのは絶対NG!

抜き過ぎてしまうと、眉自体が生えてこなくなってしまう場合があるので、眉毛を整えたい時は眉用ハサミでカットするようにしましょう。



今回は眉メイクに使えるアイテムやそのアイテムの使い方をご紹介しました。

なりたいイメージに近づくために眉は重要なパーツです。

アイブロウに関するアイテムの特徴を理解して使い方をマスターすれば、イメチェンも自由自在です。

トレンドを押さえながら自分らしいメイクにどんどんチャレンジしてくださいね。



関連記事

今さら聞けない!正しい眉毛の書き方レッスン

【今さら聞けない!】なりたい印象別マスカラのつけ方選び方

これじゃダメ?!今さら聞けないビューラーの正しい使い方

高橋果内子

高橋果内子

コラムニスト/美容コーディネーター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:http://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク