スポンサーリンク

Original

アフターケアが大事!うっかり日焼けした後の美肌・美白を取り戻すポイント

夏は海水浴やアウトドアを楽しんでいるうちに、うっかり日焼けをしてしまうことがあります。日焼け後の肌はとても敏感で、その後のアフターケアが重要です。

夏 うっかり日焼け

紫外線を多く浴びた肌も、きちんとしたケアをすることで美肌・美白を取り戻すことができます。日焼けをしてしまった直後のケアを中心に詳しく見ていきましょう。

日焼けをしてしまったら、まずは冷やすことと保湿が大切

うっかり日焼けをしてしまったら、まずは流水や氷などで十分に肌を冷やしましょう。なぜなら、日焼けをした肌はやけどの一種と考えられているからです。

一度に冷やし過ぎるのではなく、数回に分けて時間をかけて冷やしましょう。

うっかり日焼け アフターケア

肌がヒリヒリとするとこすりたくなりますが、肌にダメージを与えるため、少し我慢をしてジッと冷やすようにします。冷やしてもヒリヒリとする場合には、軟膏を塗って肌を労わってあげてください。

化粧水などはしみてしまうので、無理に使うことはありません。

うっかり日焼け アフターケア 軟膏

ほてりがない場合は、化粧水を浸したコットンを肌にあてて水分を補います。

日焼け後の肌は水分不足が起こっているので、普段よりも多めに化粧水を使うことがポイントです。その後乳液で保護し、保湿しましょう。

日焼けした箇所が水ぶくれになっていたら、ためらわずに医師の診察を受けてください。

十分な水分を摂って、しっかりと休みましょう!

肌のアフターケア後は、十分な睡眠をとることが大切です。日焼けをした肌はダメージを受け、身体全体も普段よりも体力を消耗しています。

さらに夜更かしてしまうと、自ら肌にダメージを与えることになるので避けましょう。

うっかり日焼け アフターケア 睡眠

また、寝る前は十分に水分補給をすることが大切です。日焼けをした状態は発汗などにより水分不足となっているので、肌のスキンケアをすると同時に身体の内側からも水分補給をしましょう。

うっかり日焼け アフターケア 水分補給

また、いきなり多くの水を摂取するよりも、こまめに電解質を含んだ水分などを摂って下さい。十分な水分を摂った状態で眠りにつけば、体内の自然な回復力により肌の修復が行われていきます。

日光をガードして、バランスの摂れた食事を心がける

日焼け後の肌にとっての大敵は、新たな日焼けをすることです。せっかく肌の修復が進み始めた肌に直射日光が当たると、スキンケアの効果がなくなるばかりか、余計肌にダメージを与えてしまいます。

外出する際は 、日焼け止めや日傘、帽子などのアイテムも必須です。多少暑くても上着を羽織り、肌に日光を当てないようにしましょう。忘れがちですが、家の中でも同じく日光から肌をガードしましょう。

うっかり日焼け 日傘 紫外線対策

日焼け後の肌は、とてもデリケートな状態です。日焼けした状態から回復するまでは、こまめに肌に意識を向け、修復を促進するために食事にも気を配ることが必要です。ビタミン群、亜鉛、たんぱく質といった様々な栄養素を多く含んだ食品を意識的に摂って下さい。

うっかり日焼け アフターケア 肌の修復

亜鉛とビタミンCを一緒に摂ることで、体内での吸収が促進されます。亜鉛を多く含んだ食品はカキ・牛肉などで、ビタミンCを多く含んだ食品は緑黄色野菜・アセロラ・キウイなどです。これらの食品を組み合わせた食事を摂ってみましょう。

そして、たんぱく質は肉や魚・卵などに多く含まれています。肌に必要な栄養素をとることで肌の補修につながりますし、さらに美肌効果も高めていくでしょう。

シミ・そばかすを防ぐために必要なケア

肌を正常な状態に戻すと同時に考えたいのが、日焼け対策です。同じ間違いを繰り返さないという意味もありますが、賢くスキンケアをすることで、より美肌・美白を保てるといえます。日焼け後に対応するよりも、事前に対策したほうが手間もコストもかからずに済みます。

うっかり日焼け アフターケア 事前の対策

シミやそばかすを防ぐ基本となるのは、「日焼け止め」です。一日一回だけではなく、2~3時間おきにこまめに塗るのがポイントです。最初に適量を塗ったとしても、汗などで流れてしまうからです。

うっかり日焼け 予防 日焼け止め

ウォータープルーフタイプの日焼け止めでも万全とは言えないので、やはり適度に塗り直すことが大切です。時間がない時は、フェイスパウダーを併用してもいいでしょう。

Motto オトクにキレイ

日焼けをした肌は十分に冷やし、こまめな水分補給が大切です。さらに食事や睡眠にも気を配りましょう。うっかり日焼けを繰り返さないためにも直射日光を避け、日焼け止めの使用を心がけて下さい。

肌のことにちょっと意識を向けるだけで日焼け対策はでき、手間と時間とお金をかけずにスキンケアができます。

 

[監修専門家]

米虫 隆貴(医師)

心斎橋美容外科クリニック開業

出身大学:関西医科大学医学部

過去の所属先:クリスタル美容外科クリニック等

資格・所属学会

 日本美容外科医師会 加齢画像研究会

 

女性の美に対する悩みに向き合う現場を20 年以上経験するドクター。経験に加え、日本美容外科医師会に属し、加齢画像研究会では役員を歴任することで後身の指導にも従事している。

日々、新しくなる美容業界において、新しい技術の研究を怠らず常に最先端の医療を行っており、患者様からの信頼も厚い。昨今では、女性に留まらず、男性の薄毛治療等にも力をいれている。

スポンサーリンク

この内容で送信します。よろしいですか?