スポンサーリンク

Original

男子の大好きなメニューのひとつ、「ハンバーグ」を簡単に作るコツ

彼に手作りのハンバーグを食べさせたい、でも、生焼けになる、固くなる、割れるなど、焼き方が難しいイメージがありませんか。コツさえつかめば、意外と失敗なく出来上がります。

今回は、料理が苦手な方でも安心!簡単なハンバーグの簡単なハンバーグの作り方、彼のタイプ別おすすめのハンバーグアレンジについてご紹介します。

 

■材料 (二人分)

ハンバーグ 材料

・牛豚合いびき肉 200g

・玉ねぎ 1/2個

・パン粉 大さじ3

・水 大さじ3

・マヨネーズ 大さじ2

・塩 適量

・黒コショウ 適量

・バター 10g

・サラダ油 適量

ハンバーグ ソース 材料

A水 大さじ2

Aケチャップ 大さじ2

Aウスターソース 大さじ2

 

■ハンバーグの作り方

1、玉ねぎはみじん切りにして耐熱容器に入れ、バターをのせてラップをし、500wのレンジで1分ほど加熱をし、よく混ぜて粗熱をとっておきます。パン粉は水にふやかしておきます。

(パン粉を多めに入れることにより、ふんわりと柔らかく仕上がります)。

ハンバーグ 刻み玉ねぎハンバーグ パン粉

2、ボウルに合いびき肉を入れ、塩、こしょうを加えて粘りが出るまでよく混ぜます。指にまとわりつくくらい練ることで、焼いたときのひび割れ防止にもつながります。

ハンバーグ

3、1とマヨネーズを2に加えてよくまぜて、2等分にし、手にサラダ油を付けて丸め、2センチくらいの厚さの楕円にします。片手に打ち付けて空気を抜きます。

ハンバーグ マヨネーズ パン粉

※通常卵をいれるレシピが多いですが、1個だと多すぎ、半分だと余りが出てしまうので、卵が入っているマヨネーズで済ませるのが、簡単&オトク♪

マヨネーズには、油も入っているので、さらにふんわりと仕上がるメリットも♡

 

4、冷たいフライパンにサラダ油をひき、3をのせ真ん中をくぼませて置きます。

ハンバーグ

中火にして2分ほど焼きます。ハンバーグの周りが焼けて色が変わったら、ひっくり返し蓋をして5分ほど焼きます。

ハンバーグ

5、フライパンの余分な脂を、ペーパーでざっと吸い取ります。余分な脂は、あくや臭みもありますがうまみもあるので、少しだけ残しておきます。

6、Aを加えて絡めながら30秒ほど中火で煮からめます。(味をしみこませると同時に、生焼けを防ぎます)

ハンバーグ

■半熟のきれいな目玉焼きの作り方

1、フライパンにサラダ油をひき、卵を真ん中におとしたら蓋をせずに弱火で5分ほど焼く。

半熟 目玉焼き

蓋をしないで焼くことで、黄身にまくが張らず、きれいな目玉焼きができます。

半熟目玉焼き

2、お皿にハンバーグ、上に目玉焼きをのせ、彩りで葉野菜やトマトで飾ります。

ひと手間加えれば、さらに彼好みのハンバーグに♡

■白いご飯が大好きな彼に

ごはんの上にハンバーグをのせれば、ワンプレートでもカフェ飯風に。そこにスープを添えるだけで、立派な献立になります。

ハンバーグ ワンプレート

スープは冷蔵庫に余っている野菜を切って鍋に入れ、水、コンソメと塩コショウで味をととのえれば出来上がり。より本格的な味に仕上げたいなら、オリーブオイルをスプーンで少し垂らしましょう。

野菜スープ

■ボリューム重視な彼に

アスパラガスにベーコンを巻いてハンバーグにのせれば、ボリューム満点。見た目もお腹も満足してもらえるはず♪

ボリューム重視 ハンバーグ

■野菜大好き!ヘルシー志向の彼に

葉野菜とトマトに加え、ほうれん草のソテー、コーン、ニンジンのグラッセなど、付け合わせに野菜を何品かプラスすれば、見た目も彩りよく仕上がります。

ヘルシー志向の彼なら、ご飯を白米ではなく玄米に変えても喜ばれそうですね。

ハンバーグ 野菜多め

Motto オトクにキレイなポイント

彼が遊びに来た時に、手作り料理でおもてなしがしたい!そんな時に覚えておくと便利なのがハンバーグです。

大切なことは、「美味しい!」と喜んで食べている、彼の笑顔を思い浮かべながら作ること。

外食で一緒にご飯を食べた時などに、彼が好きな食べ物をさりげなくチェックしておけば、より彼の好みに近いお料理に仕上がります。

 

また、余った野菜は、スムージーにして自分で美味しく飲んじゃうという方法も!

彼の笑顔を見て、自分も美味しく野菜を摂って、ココロもカラダもハッピー&キレイな時間を楽しんで下さいね。

 

関連記事

忙しい女子でも簡単!「キットオイシックス」で、自宅でカフェ風ごはんが作れる♪

ヘルシー&華やか♡野菜寿司の簡単レシピと盛り付けのコツ

・「夏のビューティチャージにも♪甘酒をもっと楽しむ、飲み方&作り方

梶山葉月

梶山葉月

本企画レシピ監修のフードコーディネーター。料理家。 テレビやCMなど広告関係の料理製作・スタイリング・レシピ提案・ケータリングなど、「食」をトータルコーディネート。 最近では不定期でイベントを開催し、旬の食材を味わう場を提供し、素材を生かしたシンプルな料理には定評がある。見た目の美しさもさることながら、美味しく体に良い料理を発信。

スポンサーリンク

この内容で送信します。よろしいですか?