スポンサーリンク

Original

乾燥性敏感肌でも、エイジングケアを…今秋新発売「キュレル」レビュー

「乾燥性敏感肌」って聞いたこと、ありますか?

秋冬のシーズンになるとお肌の乾燥が進みガサガサしたり、さらにはムズムズするかゆみを伴ったり、お肌が敏感になっている状態に陥りやすいです。

乾燥性敏感肌の状態は、保湿成分「セラミド」が不足しがちで、角層のバリア機能が十分に働かないことが引き金となり、外部刺激の影響で肌荒れしやすかったりカサつきを繰り返しやすかったりします。

乾燥性敏感肌 キュレル エイジングケア

ということは、逆を返すと「セラミド」で満たされたお肌は、うるおって肌理も整って、乾燥などの外部刺激からお肌を守るバリア機能を助けて肌荒れしにくい状態に。

今冬の注目アイテム「キュレル エイジングケア」

かくいう私も毎年冬になると、元々乾燥気味のお肌がさらにカサカサになってしまって、冬はスキンケアを毎年見直しています。

毎年「何を使ってみようかな」と悩むのですが、今年はこんな私にもぴったりな商品が新登場しました。

花王「キュレル」は以前から乾燥性敏感肌の方向けの商品を多数取り揃えていますが、今年はなんとエイジングケアに着目した、その名も「エイジングケア※シリーズ」(全て医薬部外品)が登場です!

※年齢に応じたハリのお手入れ

キュレル エイジングケア 乾燥性敏感肌

■花王が独自の研究を重ね開発した、乾燥性敏感肌の方でも使えるエイジングケアコスメ

これまで、敏感肌用のコスメにエイジングケア機能を付加することは難しいと考えられていましたが、乾燥性敏感肌の研究をスタートして30年が経つ花王が独自の研究を重ね、ついに乾燥性敏感肌の方でも使えるエイジングケアコスメを開発したのです。

冒頭でもお伝えした「セラミドケア」でお肌のバリア機能を向上させるだけでなく、ふっくらとハリに満ちたお肌へと導いてくれます。

 

■“エイジングのファーストサイン”が気になり始めた人にもおすすすめ

「肌が乾燥して敏感になりがち」と言う人で、「乾燥による小じわが目立ってきた」「お肌のハリが気になり始めた」と「エイジングのファーストサイン」が気になり始めた人にもぜひ試してもらいたいシリーズです。

とろみのある化粧水でお肌にうるおいをプラス

乾燥性敏感肌 キュレル エイジングケア ローション

乾燥性敏感肌について研究した結果生まれた低刺激の化粧水は「弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリー・アレルギーテスト済(※1:すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません)」で、お肌が揺らいでいる時期には使い勝手の良いアイテムです。

ポンプ式の容器に入っていて、適量が計りやすいのも嬉しい限りです。洗顔後、3〜4プッシュを手に取り顔全体に優しくなじませます。

乾燥性敏感肌 キュレル エイジングケア ローション

化粧水自体はとろみのあるテクスチャーですがべたつき感はなく、指先で顔全体にのばしている間にすーっとお肌へ染み渡って行くような浸透力の良さです。

洗顔後、顔全体になじませる時にコットンを使うよりは指の腹や手のひら全体を上手に使ってお肌に塗布すると、より刺激を低減させることができます。

化粧水の後に使うクリームは、2種類から選べる!

化粧水の後に使うのが、しっとりタイプの「ジェルクリーム」か、とってもしっとりタイプの「クリーム」。その時のお肌の乾燥具合で、どちらを使うか選びましょう。

乾燥性敏感肌 キュレル エイジングケア ジェルクリーム クリーム

右の白い容器が「ジェルクリーム」、左のやや紫がかったパッケージが「クリーム」です。

乾燥性敏感肌 キュレル エイジングケア ジェルクリーム

いずれも化粧水同様、「弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリー・アレルギーテスト済(※1:すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません)」です。

乾燥性敏感肌 キュレル エイジングケア ジェルクリーム

べたつかず、「さらっとするのにうるおう」半透明の「ジェルクリーム」は、お肌の上に乗せた時に薄いベールをまとったようなしっとりとした付け心地。

しばらくするとお肌表面のべたつきはなくなり、肌自体がふっくらとしたモチっとした手触りになります。

乾燥性敏感肌 キュレル エイジングケア ジェルクリーム

やや紫がかったパッケージの「クリーム」も、もちろん「弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリー・アレルギーテスト済(※1:すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません)」。

乾燥性敏感肌 キュレル エイジングケア クリーム

真っ白いこっくりとした濃密クリームは、見た目からも、少量でも伸びがよく乾燥からしっかり守ってくれそうな予感。乾燥が気になる個所には、重ねて付けることをおすすめします。

乾燥性敏感肌 キュレル エイジングケア クリーム

以前の記事「夏のお疲れ肌脱出!秋美肌をゲットする保湿スキンケアテク」で紹介しましたが、スキンケアの最後に「ハンドプレス」をすれば、スキンケアアイテムの浸透が高まり、翌朝からお肌の変化が実感できると思います。

乾燥性敏感肌 キュレル エイジングケア クリーム

Motto オトクにキレイ

今回ご紹介したシリーズは、ドラックストアで手軽に手に入る価格帯です。ガサガサになってしまうとリカバーするのが大変なので、やっぱりケア(予防)が大切。

毎年お肌のカサつきが気になる人は、ぜひ乾燥もハリもケアできる、乾燥性敏感肌を考えた「キュレル エイジングケアシリーズ」を試してみてくださいね。

 

また、この記事を読んで「キュレル エイジングケア」を試してみたい、と思った方、今ならチャンス。11/5(日)23:59送信分までの限定で、80,500名にサンプルが当たる、オトクな「キャンペーン」を開催中です。

試して実感してから、オトクにキレイを目指してみるのもいいかもしれませんね。気になる方は、こちらもぜひ応募してみて下さいね。

 

関連記事

夏のお疲れ肌脱出!秋美肌をゲットする保湿スキンケアテク

大人気「デジャヴ」から、“クリームペンシル”タイプのアイライナーが新登場

もうすぐ30代…ポーラ「B.A」でエイジングケアを始めるなら、公式オンラインストアがオススメの理由

高橋果内子

高橋果内子

コラムニスト/美容コーディネーター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:http://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako

スポンサーリンク

この内容で送信します。よろしいですか?