スポンサーリンク

Original

キュレル史上最高保湿!モイスチャーバーム新発売


乾燥性敏感肌・セラミドを研究し続ける「キュレル」

今回、「キュレル」から9月8日に発売となった新商品の発表会へ行ってきました。

1999年のブランド誕生以降、乾燥性敏感肌を徹底的に研究している「キュレル」。

ブランド名の由来は“Cure(キュア)+well(ウェル)”。

肌状態を改善することで単にお肌がキレイになるだけではなく、気持ちの面でも心地よい毎日を過ごして欲しいという願いが込められています。

洗浄から保湿まで一貫して「セラミド」に着目したスキンケアへのこだわりは、12年の歳月をかけて製品化された、真面目な姿勢にもあらわれています。


今回、新発売となったのは「キュレル モイスチャーバーム」。

これまでの調査で判明した、衣類に隠れる部位に対するケアがしづらいと感じている女性が多いことに着目し、長時間うるおいが持続する保湿ケアを開発しました。



キュレル至上最高保湿!キュレル モイスチャーバーム

今回発表されたのは、2018年9月8日に発売した「キュレル モイスチャーバーム」。

これまでにも数多くの商品を開発してきた「キュレル」が満を持して誕生させた、長時間保湿ケアアイテムです。


キュレル」シリーズは花王の皮膚科学の叡智を結集し、乾燥によって肌が敏感になる原因の一つに“セラミド”不足があることに着目し、今までに数多くの商品を世に送り出しています。

近年、エアコンなどの普及により日常的に乾燥を感じる人が増えているとのこと。

花王の調査によると、からだの乾燥が気になる女性は、2007年に25%だったのに対して、2017年には40%まで拡大しているそうです。


中でも、最も乾燥の悩みが多いのが

しかし、乾燥性敏感肌であると感じている人は、そうでない人(普通肌の人)に比べ、足だけではなく背中ウエストなど衣類で隠れてしまう部分にも乾燥を感じることが多いことが判明。

衣類で隠れてしまう部分は、日中に乾燥が気になってもわざわざ着替えて保湿クリームを塗ることが難しいため、ケアが行き届かずトラブルを繰り返しやすくなってしまいます。

そこで「キュレル」は、一度塗ったら長時間保湿ケアできるアイテムを作れないか……と研究に乗り出し、ついに「キュレル モイスチャーバーム」が完成しました。



オススメは“入浴後5分以内に”ゆっくりやさしいタッチで

発表会の後半には、キュレル事業部の方からスキンケアメソッドの説明とオススメの塗り方使い方のレクチャーがありました。

キュレル モイスチャーバーム」は、塗るタイミングとして入浴後約5分以内、まだお肌が湿っている状態でスキンケアをスタートするのがオススメ。

入浴後は肌表面から水分が蒸発しやすいと言われているので、顔も体もお風呂上がりにすぐケアするのが一番効果的なようです。


適量は指の第一関節を目安にひとすくい

手に取ったクリームを両手のひらに広げて、塗る時は、指を軽く曲げてからだのラインに沿った形を作り、優しく包み込むようなイメージで塗っていきます。

どの部位に塗布する時も、まずは手のひら全体を使って、塗布したい箇所全体に満遍なくクリームが行き届くように伸ばします。

その次に円を描くように馴染ませるのですが、この時のポイントは勢いよくゴシゴシこすらないこと。

皮膚は繊細なのでゴシゴシすると刺激を与えることになりますので、ゆっくりやさしく包みこむような動きを心がけましょう。


手の届きづらい背中は、ひじに反対側の手を添えてグッと押し上げるようにすると指先が背中の中心まで届きやすくなるのでオススメです。


キュレル モイスチャーバーム」という名前の通り、やや固めのクリーム。

ですが、手のひらでゆっくりと馴染ませているうちに肌へ浸透していき、塗り終わった後はベタつき感もないため、すぐに着替えても、まったく問題ありません。



現在、1100以上の医院やクリニックで販売、サンプリングされている「キュレル」。

今回登場した新アイテムは、これまで日中に肌の乾燥や乾燥によるかゆみを感じていた人の救世主となること間違いなし!

入浴後の夜ケアももちろんですが、ベタつき感がないので外出前の朝ケアに使えばより効果を実感できると思います。

現在、公式ホームページにて5万名様にサンプルプレゼントキャンペーンも実施中!秋冬の乾燥が気になる季節、乾燥性敏感肌でない人もぜひトライしてみてくださいね。



関連記事

USA売上No.1ボディローションブランド「JERGENS」日本上陸

北海道発のオーガニックコスメ「shiro」新製品発表会へ

ローズ ド マラケシュからアルガンオイル美容液、新登場

高橋果内子

高橋果内子

コラムニスト/美容コーディネーター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:http://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク