スポンサーリンク

Original

化粧のりの良い肌へ導く美容液「モイスチャー チャージ セラム」誕生


かつてない化粧のりを実現。「モイスチャー チャージ セラム」

今回はデパートコスメ『カバーマーク』の新製品発表会へ。

2018年11月16日(金)に発売になる「モイスチャー チャージ セラム」について、お話を伺ってきました。


ベースメイクのエキスパートブランドとして名高い『カバーマーク』は、スキンケアにおいても“化粧のりの良さ”を追求。

仕事に家事に育児に……何かと忙しい現代女性たちに向けて、この1本で化粧のりの良い肌へと導いてくれる美容液「モイスチャー チャージ セラム」を開発しました。


この1本で肌が変わる”を実感するためには、着目したのが肌の最表面にある“角質層”。

角質層は見た目や化粧のりに大きく関わる一方で、紫外線や乾燥などの外的ダメージにさらされ、その状態は日々変化しています。

ダメージが蓄積されてしまうと肌のターンオーバー(新陳代謝)にも影響があり、エイジングの加速につながる面も……。


新登場する「モイスチャー チャージ セラム」は、角質層に働きかけながら、スキンケアの効果だけではなく、その“即効性”にも着目しています。



視覚的にも触覚的になめらかな肌に導くために

今回、発表された美容液「モイスチャー チャージ セラム」は、“化粧のりが良い肌”がキーワードなのですが、『カバーマーク』では、化粧のりが良い状態を作るために“肌の質感”と“肌の柔軟性”の二面からお肌を追求。


単に肌表面がなめらかになっただけでは『カバーマーク』が定義する“化粧のりが良い肌”とは言えず、キメが整い、そして、肌内部の一つ一つの細胞がしっかりと水分を抱え込むことで肌に柔軟性が生まれ、ファンデーションをより均一に塗布することができると考えています。

理想的なのはむっちりとした肌

毎日この「モイスチャー チャージ セラム」を使い続ければ、理想に一歩ずつ近づいていきます。

モイスチャー チャージ セラム」こだわりのポイントは、中国四千年の知恵である漢方生薬の力を応用していること。

霊芝、高麗ニンジン、ソウハクヒ、トウキ、ヨクイニン、アロエ、シイタケの7種類を配合。

肌本来の抵抗力や回復力を高めながら、肌の基礎体力を養い、配合されている成分の働きもサポートします。


また、香りにもこだわり、ラベンダーやオレンジ、ローズマリーなど10種類のエッセンシャルオイルをオリジナル比率で配合。

爽やかな香りが毎日の疲れを癒してくれます。



これ1本プラスするだけで、肌体力がアップした印象に

商品を受け取ってから、実際に10日間連用してみました。

※発表会でいただいた美容液(奥)は見本用パッケージです


モイスチャー チャージ セラム」は、朝晩の洗顔後、化粧水をつける前に使うブースタータイプの美容液。

色は薄い乳白色、手に取った瞬間は少しとろみのあるテクスチャーですが、肌になじませていくと伸びの良いみずみずしい感触に変化します。

スーッと肌に溶け込むように浸透していき、ベタつき感はゼロ。

これなら朝のメイク前に使ってもメイクに影響はないと思います。


この美容液にはカバーマーク独自開発・特許取得済み成分「キトサンスプレッドゲル」が配合されています。

このゲルは一般的なゲルとは異なり、独自メソッド「リフトプレス法」で圧をかけることで、ゲル構造が弾けて美容成分を肌の奥まで届けやすくしてくれる処方になっています。


美容液をポンプ2〜3プッシュ取り出し、顔全体に広げたら両手のひらで顔を覆って温めるようなイメージで全体をなじませます。

顔が手で覆われている状態でゆっくりと深呼吸。

その後は手のひらや指の腹を上手に使って額〜目もと〜頬〜再度顔全体の順番で、美容成分をムラなく肌の中へ押し込んで行き渡らせるイメージでプレスしていきます。

この方法で朝晩使ってみたのですが、夏でもエアコンで乾燥しがちだった私のお肌もだいぶ調子が良くなり、まさに“化粧のり”が良くなっているのを実感。

周りの人から「お肌キレイですね。ファンデーションはどのブランドを使っているんですか?」と聞かれることが増えました。

変えたのはファンデーションではなく美容液をプラスしただけなのに、不思議ですね。


発表会で見かけた「スキンケアで目指す かつてない化粧のり」のキャッチコピーも頷ける使用感でした。



ここ数年、化粧水の前に使うブースタータイプの美容液が流行っています。

いつものスキンケアが物足りなくなってきた、新しいスキンケアアイテムにスイッチしたいけどこれまでのアイテムがまだまだ残っている、なんて人は、1本追加するだけで肌体力がアップするブースタータイプを投入してみてはいかがでしょうか。



関連記事

北海道発のオーガニックコスメ「shiro」新製品発表会へ

ローズ ド マラケシュからアルガンオイル美容液、新登場

「カバーマーク ブライトアップファンデーション」を使った目のくま対策でイメージチェンジ~京子さん

高橋果内子

高橋果内子

コラムニスト/美容コーディネーター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:http://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク