スポンサーリンク

Original

夏の料理は調理家電まかせ! 涼しく作れるレシピ

暑くなると、家事の中でも辛くなるのが料理。どんなに料理が好きでも、火を使うキッチンに長時間立つのは辛かったりしますよね。

なんとか時短になるようにと、思いつくレシピもマンネリになりがちではありませんか? そんな苦痛から、調理家電を上手く使って解放されちゃいましょ♪

身の回りにある調理家電を、もう一度確認してみよう

ガスコンロやIHの前に立っているのが暑くて辛いなら、そこに立たなければいいのです。

 夏 暑いキッチン 涼しく作れるレシピ

そんなの可能なの? 料理するのよ? と思うかも知れませんが、キッチンを見渡してみてください。案外材料を入れてそのままにできる調理家電があるはず。それを活かして料理ができるはずです。

炊飯器まかせにできる、シンガポール風チキンライス

まずはいつも使っている炊飯器。おかずとごはんを一緒に作れる、というのは聞いたことのある人も多いかと思いますが、食材のにおいがごはんに移るのが欠点でもあります。

 涼しく作れる レシピ 炊飯器

それをカバーできるのがシンガポール風チキンライス。本来鍋でじっくり作るものですが、実は炊飯器で簡単にできてしまいます。

 夏 涼しく作れる レシピ

●炊飯器で出来るシンガポール風チキンライス

<材料(2人分)>

■チキンライス

鶏もも肉……1枚

塩……小さじ1/2

砂糖……小さじ1/2

おろししょうが……大さじ1/2

おろしにんにく……大さじ1/2

お酒……大さじ1

お米……1合

中華スープの素……小さじ1

 

■ソース1

おろししょうが……大さじ1/2

おろしにんにく……大さじ1/2

長ねぎみじん切り(白い部分)……10センチ分

ごま油……小さじ1/2

砂糖……少々

醤油……大さじ1/2

レモン汁……少々

■ソース2

スイートチリソース……適量

 

<作り方>

1.鶏肉の水分をキッチンペーパーで拭い、中華スープとお米以外の調味料をすりこんでビニール袋に入れ、10分置く。

2.お米を洗い、炊飯器の分量より少なめの水を入れ、中華スープの素を入れて混ぜておく。ソースの長ねぎを刻んでおく。

3.2.に1.の鶏肉を皮目を上にして袋の水分ごと入れ、炊飯器のスイッチをオン。

4.ソース1の材料を全て混ぜ合わせておく。

 

炊飯器でできあがるまで、40分ほどかかります。その間に涼しい部屋で、ネイルカラー塗ったりもできちゃいますね。見栄えもいいから、お友達を招くときの料理にもぴったりです。

涼しく作れる レシピ

家のオーブンレンジのあの機能、使っていますか?

 いろいろある調理家電の中でも、家にあるものの中で、意外とみんな使っていないのがオーブンレンジの「オーブン機能」。

夏 涼しく作るレシピ レンジのオーブン機能

料理を下ごしらえして、温度と時間を設定して入れておけばできてしまうのに、これを使わない人が多いなんてもったいない!

簡単なオーブン焼きから、少し手の込んだものまで、かなりいろいろできるのです。今回はたっぷりの野菜を使ったものをご紹介します。

涼しく作れる レシピ 野菜のオーブン焼き

●野菜のオーブン焼き

<材料(2人分)>

じゃがいも……小1個

玉ねぎ……1/4個

しめじ……1パック

トマト……中1個

ブロッコリー……1/4株

オリーブオイル……80ml

白ワイン……50cc

オレガノ(乾燥)……大さじ1/2

塩、こしょう……各適量

<作り方>

1.じゃがいもは5ミリの厚さに切る、玉ねぎは2ミリの薄切りにする。しめじは石づきを取ってほぐす。トマトは2センチ角に切る。ブロッコリーは小房に分ける。

2.オリーブオイルと白ワインを混ぜる。

3.耐熱の器に塩こしょうを振り、2.を大さじ1振りかける。じゃがいも、玉ねぎ、しめじ、ブロッコリー、トマトの順番に重ね、オレガノを振り、塩こしょうを振る。2.を全体に振りかけて250度のオーブンで15分焼く(トースターでも可)。菜箸で刺してみて、じゃがいもに火が通ったらできあがり。

※食べるときにお好きなパンを添えて。野菜から出る水分までおいしくいただけます。

 

トマトから出る水分とワインやオイルを、一番下のじゃがいもが吸ってほくほくに。キャセロールなどのそのままテーブルに出せるオシャレな鍋に入れて作っても、見た目もきれいでインスタ映えもバッチリ。

涼しく作れる レシピ キャセロール

もちろん野菜だけだからヘルシーなのに、しっかりおなかもいっぱいになります。

 Motto オトクにキレイ

涼しい部屋にいられるだけでなく、調理家電に料理をまかせている間の数十分のすきま時間に、スキンケアしたり、ネイルを塗ったりなど、女磨きもできちゃう。

調理家電と時間を上手に使って、さらにキレイに磨きをかけましょう。

 

井出玲子

井出玲子

フード、ワイン、暮らしにまつわるライター・編集者。女性のキレイなライフスタイルを応援する記事を発信中。

スポンサーリンク

この内容で送信します。よろしいですか?