スポンサーリンク

Original

ニトリの「ボーンチャイナ」に盛り付ける、クリスマスディナーのごちそうレシピ

「ニトリ」の食器というと、普段の食卓で使いやすいものが多い中、群を抜いてシックに見える「ボーンチャイナ」シリーズ。

コーディネートを工夫すると特別感の出る食器を使い、クリスマスディナーを盛り付けてみましょう。

今回は、「ボーンチャイナ」シリーズを使った、クリスマスディナーの前菜(2種盛り合わせ)、パスタ、メイン(肉料理)のレシピと、盛り付けのコツをご紹介します。

「ボーンチャイナシリーズ」の“額縁効果”で魅せる、前菜レシピと盛り付けのコツ

コース仕立ての料理を出すのなら、最初の前菜は盛合せが便利。まとめて大きなプレートに盛り付ければおしゃれな印象になります。

「ニトリ」の「ボーンチャイナシリーズ」のプレートは、模様の入ったリム(縁)がついているので、額縁のような効果があります。

ニトリ ボーンチャイナ クリスマス レシピ

切って盛るだけの生ハムとフルーツと、普段作っている海老とアボカドのサラダの作り方をちょっと変えて小さい器に盛ったものを乗せれば、レストランのような仕上がりに。

一手間で、こんなにキレイに見えます。

ニトリ ボーンチャイナ クリスマス レシピ 前菜

■海老とアボカドのカクテル柚子胡椒風味 バゲット添え

<材料(2人分)>

・アボカド……1個

・海老……6尾

・マヨネーズ……大さじ2

・柚子胡椒……小さじ1

・塩……小さじ1/4

・ピンクペッパー……少々

・リーフレタス……少々

<作り方>

1.海老は背わたを取って殻をむき、下ゆでする。

2.アボカドは種を取り除いて皮をむき、ボウルに入れてつぶす。柚子胡椒、マヨネーズ、塩を加えよく混ぜ合わせる。ボウルなどで保存する場合は種を入れて保存すると変色しません。

3.器にリーフレタスをちぎって入れ、2.を盛り付ける。海老を器の縁に引っ掛けるように盛り付け、ピンクペッパーを飾る。

 

●生ハムと柿の前菜

<材料(2人分)>

柿……1個

生ハム(プロシュートなど大きいもの)……4枚

オリーブオイル……少々

<作り方>

1.柿は皮を向いて8等分のくし切りにする。

2.1.に生ハムを巻いて器に盛る。

3.オリーブオイルをかけて出来上がり。

ニトリ ボーンチャイナ クリスマス レシピ 前菜

深さのある「ボーンチャイナ」のプレートを生かした、ペンネのレシピと美しく盛り付けるコツ

どんなにパスタが美味しく作れても、盛り付けがキレイにできないと美味しさは半減するもの。

パスタを盛り付けるなら、プレートではなく、深さのある「ボーンチャイナ」シリーズのパスタプレートを用意するのがおすすめです。

ニトリ ボーンチャイナ クリスマス レシピ パスタ

スパゲティなどのロングパスタより、スプーンで盛り付けて形が作りやすいショートパスタがオススメ。

パスタにソースを絡め、こんもりとスプーンで盛り付け、最後にお箸で具をトッピングする感覚で盛り付けるとキレイに決まります。

ニトリ ボーンチャイナ クリスマス レシピ パスタ

■ペンネ 鮭のトマトクリームソース

<材料(2人分)>

玉ねぎ……1/2個

生鮭……2切れ

白ワイン……50cc

ホールトマト……1缶

ローリエ……1枚

生クリーム……100cc

オリーブオイル……適量

塩、こしょう……少々

ペンネ……100g(コースで出す場合。パスタのみなら140g)

水……適量

塩……大さじ3

パセリ……適量

<作り方>

1.ソースを作る。玉ねぎはみじん切り、生鮭は皮を取ってそぎ切りに。パセリはみじん切りにしておく。

2.フライパンにオリーブオイルと玉ねぎを入れて火にかけ、中火で玉ねぎを炒める。しんなりしたら鮭を入れて表面を焼く。両面に焼き色がついたら白ワインを入れ、フライパンの底をこそげるようにして全体を混ぜ、ひと煮立ちしたらホールトマトを潰しながら入れる。ローリエを入れて15分ほど中火で煮込む。

3.2.のフライパンに生クリームを加える。軽く混ぜて5分ほど煮込み、塩、こしょうで味を整えて火を止める。

4.ペンネをゆでる。たっぷりの水を鍋に沸かし、沸騰したら塩を加えてペンネを湯で時間の半分ゆで、ザルに上げておく。

5.食べる頃合いになったら4.でザルに上げたペンネを沸騰した4.の鍋に戻し、残り半分の時間ゆで、ザルにあける。

6.3.のソースを火にかけ、5.のペンネを入れてソースを絡める。器に盛り、パセリを飾る。

ニトリ ボーンチャイナ クリスマス レシピ パスタ

二トスキを使えば簡単!メインを飾るローストチキンのレシピと盛り付けのコツ

さて、肝心のメイン。クリスマスといえば、ローストチキンですよね。ここで登場するのが、おなじみの「ニトスキ」です。

焼き目をつけてからオーブンに入れて焼き上げれば、タイマーが鳴るまで放っておいても料理ができる上に、そのままテーブルに出せば、プレゼンテーションもバッチリ。

ニトリ ボーンチャイナ クリスマス レシピ ニトリ チキン メイン料理 二トスキ

「ボーンチャイナ」シリーズのプレートに取り分ければ、落ち着いた雰囲気のメインディッシュが完成します。盛り付けるときは付け合せから。

奥に付け合せをこんもりと盛って、手前にお肉とにんにく、上にローズマリーを飾るだけなので簡単です。

ニトリ ボーンチャイナ クリスマス レシピ ローストチキン メイン料理

■ニトスキを使ったローストチキン

<材料(2人分)>

鶏もも肉(骨付き)……2本

じゃがいも……1個

にんにく……1個

ローズマリー……2枝

塩、こしょう、オリーブオイル……適量

<作り方>

1.じゃがいもを洗って食べやすい大きさに切る。

2.にんにくを横半分に切る。

3.鶏もも肉に塩、こしょうを振る。「ニトスキ」にオリーブオイルを入れ、鶏もも肉を皮目から焼く。表面だけ焦げ目を付けたらお肉を取り出し、じゃがいもを並べ、お肉を再度戻してにんにくとローズマリーをのせる。

4.オーブンを200度に予熱する。

5.3.を「ニトスキ」ごとオーブンに入れる。40分焼き上げたら出来上がり。

ニトリ ボーンチャイナ クリスマス レシピ ローストチキン メイン料理

ゲストを待たせないために、調理順も事前に考えておく

メニューが決まり、盛り付けのコツがわかったら料理!と考えがちですが、その前に重要なことがあります。それは、調理のタイムテーブル作り。

どの順番に何を作ると、無駄なく時間が使えるかを考えましょう。ゲストを待たせないこともおもてなしのうちです。今回のメニューであれば、こんな感じです。

 

【ゲストが到着する前の準備】

ステップ1:ローストチキンの手順3.まで済ませて冷蔵庫へ

ステップ2:パスタの手順の4.まで済ませておく

ステップ3:生ハムと柿をお皿に並べてラップ

ステップ4:海老とアボカドのカクテルの手順2.まで済ませる。

【ゲストが到着してからの手順】

ステップ5:ゲスト来客!

ステップ6:海老とアボカドのカクテルを器に盛る、オーブンの予熱をする。

ニトリ ボーンチャイナ クリスマス レシピ 前菜

あとはゲストとのペースに合わせて、パスタを食べる前にローストチキンをオーブンに入れるくらいで大丈夫。ゆっくりおしゃべりを楽しみながら、ワインを楽しむのもいいでしょう。

チーズを食べる場合は、メインのあとにお酒を楽しみながらがコースの順番なのでお忘れなく。みなさまのクリスマスディナーが楽しいものになりますように!

Motto オトクにキレイ

温かみのあるテーブルコーディネートにひときわ映える、「ニトリ」の「ボーンチャイナ」。リーズナブルな値段でありながら、高級感のある見た目で料理も引き立つオトクなシリーズです。

ニトリ ボーンチャイナ クリスマス レシピ

自分では難しいと思いがちなクリスマスディナーメニューも、ひと工夫で意外と簡単に作れて、盛り付けもキレイ仕上がり、料理上手って褒められること間違いなし♪

 

「ボーンチャイナ」シリーズを使ったテーブルコーディネートのコツは、「ニトリの「ボーンチャイナ」+100円ショップで作る、クリスマスの簡単テーブルコーディネート」でご紹介しています!

ニトリ ボーンチャイナ 100円ショップ テーブルコーディネイト

こちらも、ぜひ参考にしてくださいね♪

 

関連記事

ニトリの「ボーンチャイナ」+100円ショップで作る、クリスマスの簡単テーブルコーディネート

ニトリ「DAY Value(デイバリュー)」シリーズでテーブルコーディネイト&簡単レシピ

インスタ映えもばっちり!ニトスキ&スレートディッシュの盛りつけのコツ&簡単レシピ

井出玲子

井出玲子

フード、ワイン、暮らしにまつわるライター・編集者。女性のキレイなライフスタイルを応援する記事を発信中。

スポンサーリンク

この内容で送信します。よろしいですか?