スポンサーリンク

Original

フェリシモ「幸福のチョコレート」のバイヤーに訊くお薦めチョコ【女子会・自分へご褒美編】

最近はバレンタインというと、思いを寄せるひとにチョコレートを渡すだけの日ではなくなっていますよね。

友達とチョコレートを渡し合ったり、自分へのご褒美を買ったり。とびきり美味しいチョコレートなら、自分だって楽しみたいですものね。

バレンタイン

そこで、フェリシモチョコレートバイヤーみりこと木野内さんに、前回『フェリシモ「幸福のチョコレート」のバイヤーに訊くお薦めチョコ【本命・友チョコ編】』に続いて、とびきりのチョコレートを選んでいただきました。

女子会は「プーレチョコレートロングボックス」で盛り上がる!

プーレチョコレートロングボックス

バレンタインデーに友達と集まって、チョコレート女子会なんていうのはいかがでしょう?

みんなでチョコレートを持ち寄ったりして、いろいろなチョコレートを味わう事ができたら、きっとすごく幸せな気分になれますよね。


そんなパーティーにオススメなのが、「プーレチョコレートロングボックス」です。

40センチ近くあるオシャレで長ーい箱の端には、かわいいタッセルが。それを引くと、中から12種類ものカラフルなトリュフがずらりと現れます。

プーレチョコレートロングボックスのパッケージ

このロングボックスを作っているのは、ラトビアの「プーレチョコレート」というショコラティエ。

ラトビアの「プーレチョコレート」というショコラティエ

その名もプーレという小さな村にあり、ラトビアの大統領の公式のお土産を作っているそう。元は、果物の加工などをしていたメーカーだったのだそうです。

ラトビア

トリュフの中身は、フルーツやナッツのガナッシュ。箱を開けたときに、わあっと歓声が上がるはず!

プーレチョコレートロングボックスの箱を開けたところ

繊細な味わいを、少しずつ試すのも楽しいですよね。

12種類もあるから、みんなで食べ比べればおしゃべりも弾みそうです。

頑張っている自分へのご褒美は、超レアな「ネギュス チョコキャンディー」を

このチョコレートとの出会いは、一生ものの経験になりますよ」と、数あるチョコレートの中から迷いに迷って選んでくれた逸品が、この「ネギュス チョコキャンディー」です。

ネギュスチョコキャンディー

パリでは老舗中の老舗とも言える「ネギュス」。

パリ

このチョコキャンディー、熟練の職人さんが、小さな鍋でひとつひとつコーティングしているそう。

なんと、作れる職人さんもたったひとりだけなのだそうです。そして、日本で買えるのは、フェリシモ幸福のチョコレートのみ。

ネギュスの職人

シックな缶を開けると、つやつやと美しいチョコキャンディーが。

ネギュス チョコキャンディー

手でこねあげたチョコレートペーストを平行六面体にカットし、それを絶妙な厚みのキャンディーでコーティングしてあります。

口に含めばキャンディの甘さの中から、ゆっくりとチョコキャラメルのほろ苦さが広がります。


数々のチョコレートを日本に紹介してきたバイヤーみりさんが「一生もの」とお墨付きを与える、ウルトラレアなチョコレート。

ありえないほどの手間ひまをかけ、老舗が変わらずに作り続ける味は、頑張っている自分へのご褒美にぴったり。ステキな缶も思い出になりますね。


バレンタインだからこそ、とびきりを大切な人に。そして自分に。

口の中でとろけるチョコレートは、誰もを幸福にしてくれます。今年のバレンタインは、そんな特別な体験をいろいろな人と分かち合いたいですね。

Motto オトクにキレイ

バレンタインは思いを寄せるひとや大切な友達、お世話になった方への気持ちを表すチャンス。センスのいいチョコレートで相手の喜ぶ顔を見られたら、きっと自分も幸せな気分になれるはず。

もちろん自分へのご褒美も忘れずに。幸せな気分になること請け合いですよ!

スポンサーリンク

フェリシモ

関連記事

フェリシモ「幸福のチョコレート」のバイヤーに訊くお薦めチョコ【本命・友チョコ編】

井出玲子

井出玲子

フード、ワイン、暮らしにまつわるライター・編集者。女性のキレイなライフスタイルを応援する記事を発信中。

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

スポンサーリンク

この内容で送信します。よろしいですか?