スポンサーリンク

Original

薄くて短いまつ毛の悩みは「墨彩筆 アイライナー」を使って簡単に解決~japanese_kitchenさん

Mottoナビゲーターの方が“コスメを使って、人生を少し輝かせたストーリーを伝える”こちらのコーナー、今回のお悩みのテーマは「まぶた」。

MottoナビゲーターのJapanese_kitchenさんに、ストーリーを伺いました。


■今回のMottoナビゲーター:Japanese_kitchen さん

Japanese_kichenさん


肌質:乾燥肌

年齢:32歳

InstagramJapanese_kitchen


自己紹介:

食育インストラクター、ママヨガインストラクター、ベビーサルサ認定講師です。
料理が好きで、インスタグラムには料理の写真を日々アップしており、
食事で身体の中から、ヨガで身体の外から、健康的な美しさを心がけています。

■悩みを解決に導いてくれたコスメ:墨彩筆 アイライナー​​​​​​​



薄くて短いまつ毛がコンプレックス~japanese_kitchenさんのお悩み〜

二重の幅は広いのですが、まつ毛はかなり薄く短く、特に下まつ毛にいたっては産毛のようなまつ毛しか生えておらず、ずっとそれがコンプレックスでした。

そのため、短めのまつ毛をカバーするためにアイラインを引きたいのですが、どうしても濃いメイクになり、きつい印象になってしまうのが悩みでした。



"柔らかな筆"と"滑らかな描き心地"がお気に入り♪

知り合いの人からプレゼントしていただいたことがきっかけで、この「墨彩筆 アイライナー​​​​​​​」に出会いました。

自分が今まで使用してきたリキッドタイプのアイライナーと比べると、筆の部分が凄く柔らかくて驚き!

まるで本物の筆のような、すごく滑らかな描き心地です。



調整できるラインの太さに感激。ナチュラルなアイラインで自然なデカ目に!

今までもずっとリキッドアイライナーを使っていたのですが、かなりコシのある筆のものしか使用したことがなく、「アイライナーの太さをコントロールする」ということをあまり考えたことがありませんでした。

でもこちらのアイライナーは、筆の部分がとても柔らかいので、太さを自分で調整できることに気づくことができました。

下まつ毛が薄くてずっと気になっていた下まぶたも、細くラインを引けばけばけばしくならずに、かつ「アイラインを引いています!」ということもなく、自然に下まつ毛の薄さをカバーできるように!

墨彩筆 アイライナー」を使い始めて2カ月経ちますが、それ以来アイメイクの際は自然なアイラインを引けるようになりました。


下まぶたは描く位置によっては落ちやすくなるので、使用してから5分くらいはラインが崩れていないか様子を見た方がいいから、と思います。

落ちてきた場合は軽くオフするのがおすすめ。

何度も落ちてくるということはないので、落ちてしまった部分を1回ぬぐえば大丈夫です。



あえてのナチュラルメイクで悩みをカバー

二重の幅は広くてもずっと悩みだった短いまつ毛

そんな悩みをカバーしようと引いていたアイラインが逆に印象を悪く・・・。


そんな時このアイテムに出会い、まつ毛のスキマを埋めるようにラインを引いてみたところ、華美になりすぎずにまつ毛のない部分をカバーできました。

自然な感じで顔全体の印象を引き締めることができるようになり、ナチュラルメイクがしやすくなりました♪



諦めないで!印象を左右するアイメイクの大切さ

私は、自分の顔の悩みに対して諦めてしまい、そのままずっと放置していたのですが、偶然いただいたアイテムで悩みが解決しました。


誰もがそれぞれ顔に悩みがあるのではないかと思います。

今はメイクアイテムも様々な種類がありますし、私のように諦めてしまうのではなく、自分の悩みを解決するアイテムを探し求めることは大切だな、と、今回のことを通して実感しました。

特に""は人の印象を大きく左右するパーツなので、是非、自分の気になるところは解決できるよう諦めないでほしいな、と思います。



■商品名:墨彩筆 アイライナー​​​​​​​

​​​​​​​

■価格:1,200円(税抜)

■商品ページ

http://www.fueki.co.jp/cosmetics/c_bokusaifude_eyeliner.html



同じ悩みの記事を見る(毛穴)

Mottoトップページ

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク