スポンサーリンク

Original

私のベースメイク大丈夫!?今さら聞けないメイクの基本のキ

意外に重要な化粧下地選び

近年のBBクリーム、CC クリームの登場で存在が忘れられがちですが、意外に重要なのは化粧下地です。

ベースメイク テクニック 基本

■化粧下地を使うメリット

ファンデーションは茶系で色素の中に“黒”が含まれているため、時間経つとくすみやすいという特徴があります。その点、化粧下地はファンデーションの持ちを良くするだけではなく、カラーコントロールで肌トラブルを上手にカバーすることも。

それによって、使うファンデーションの量を減らすことができ、正しく化粧下地を選ぶことでくすみもカバーできます。


■肌悩みに合わせて、化粧下地の色を使い分けるのもおすすめ

化粧下地は色がつかないタイプの物もありますが、お悩みに合わせて色を使い分けるのもポイント。

お肌のくすみが気になる人はイエロー系、血色感をプラスしたい人はピンク系、肌にツヤ感やハリ感が欲しい人はパール入りタイプにするなど、その時の肌状態により使う色を変えるのもおすすめです。

ファンデーションはフェイスラインまで塗らなくてOK

メイクレッスンを開催すると、ファンデーションを顔全体、隅から隅まで塗っている人が多いことに驚かされます。

雑誌などで「お肌にファンデーションを均一に塗布する」などの解説があるからだと思うのですが、この「均一」とは「ムラなく」という意味であって、「顔全体に」という意味ではありません。

ベースメイク 基本 ファンデーション

■ファンデーションを顔全体に塗ると“錯覚”が起こることも

ファンデーションは、肌のキメを整えてみせる効果があるので、顔全体に塗ることが悪い訳ではありません。しかし、顔全体に塗ると、もともと立体的な顔の造形が平坦に見えてしまう錯覚が起こることがあります。


■人の視線が集まりやすい部分は、しっかり塗ってカバー

化粧下地である程度トラブルがカバーできていれば、ファンデーションはごく少量でもOK。メインでカバーしたいのは頬の部分です。目の下から小鼻と結んだ三角ゾーンは、人の視線が集まりやすい部分。

毛穴カバーの意味でも、頬の部分はしっかりファンデーションを塗ります。

ベースメイク 基本 テクニック ファンデーション

■しっかりカバーする三角ゾーン以外は、境目をぼかすようにのばすだけでOK

それ以外の部分は新たにファンデーションを取って塗るのではなく、指やスポンジ、パフに残っているごく少量のファンデーションを使って、境目をぼかすようにフェイスラインに向かってのばすだけ。

こうすることで、頬の部分からフェイスラインにかけて、自然にグラデーションができて立体感もでます。

ベースメイク 基本 テクニック フェイスライン

フェイスラインにニキビなどのトラブルがある人は別ですが、隠さなくてはいけないほどのトラブルがある人は少ないので、「フェイスラインに、ファンデーションは塗らなくてもいい」それくらいの気持ちで、メイクしてOKです。

色選びに迷ったら、「パーソナルカラーセルフ診断」も活用

「どんな色のファンデーションを選べばいいですか?」という質問も多いですが、自分がもともと持っている「肌・瞳・髪」の色などを基準に似合う色を決める、「パーソナルカラーセルフ診断」もおすすめです。

ベースメイク 基本 テクニック ファンデーション

こういった診断を受けてプロに見てもらうと、メイクやファッションに活用できてとても便利です。ただ、近くにプロがいない……という方も多いと思います。

そういう方は、以前の記事(あなたの“似合う”を分析!パーソナルカラーセルフ診断のススメ)で紹介した「パーソナルカラーセルフ診断」をぜひやってみてください。何かの参考になるかと思います。


■「パーソナルカラー」って、どんなもの?

「パーソナルカラー」とは、肌・瞳・髪の色に黄みを感じる「イエローベース」と肌・瞳・髪の色に青みを感じる「ブルーベース」に大きく分けられます。

ファンデーションの色名で言うと「イエローベース」はオークル系、「ブルーベース」はピンク系と言われていて、自分の「パーソナルカラー」に合ったファンデーションカラーを選べば、色の力でお肌のトラブルを目立たなくさせることも可能です。

ベースメイク 基本 テクニック パーソナルカラー

■ブランドごとに、色の基準が違う…迷った時はどうしたらいい?

少し悩ましいのが、ブランドごとに色の名前や基準が異なる点です。同じ「オークル」と名前がついていても、ブランドごとに若干色が異なりますので、やはり店頭の美容部員さん(プロ)に選んでもらうのが一番だと思います。

ただ、店内は照明が明るく室外とは光の加減が異なるため、店内で色が合っていると思っても、室外に出ると白過ぎるなんてこともあります。


■遠慮せずにサンプルを活用して、より自分の肌色に合ったファンデーションを選ぶ

より自分に合った色のファンデーションを選ぶには、一度お店で塗っていただくか、サンプルがあればそれをいただいて数日間使ってみて、色が浮かないかをチェックしましょう。

ベースメイク 基本 テクニック サンプル

「試してみたい」と切り出すのは申し訳ないと思う人もいるようですが、この先1〜2か月、気に入らないファンデーションを使い続けることを考えれば、一瞬の恥です(笑)。

美容部員さんも、サンプルがあれば快く提供してくれますので、遠慮なく聞いてみましょう。

Motto オトクにキレイ

「化粧下地とファンデーションの色選び」、「ファンデーションを塗る範囲」が、ベースメイクにおいて重要なポイント。今回のアドバイスを参考にメイクをして頂ければ、ファンデーションの使用量も減って一石二鳥です!

何事もそうですが、物選びの基準はあなた自身。自分の肌の色やお肌の状態を日々チェックすることは、あなたの魅力を引き出すことにつながります。

面倒くさがらずに一日3分、自分の顔を隅々までチェックすることも習慣づけていきましょう。


関連記事

あなたの“似合う”を分析!パーソナルカラーセルフ診断のススメ

夏のお疲れ肌脱出!秋美肌をゲットする保湿スキンケアテク

実は簡単、毛穴ケア!“崩れない女”で夏をもっと楽しもう

高橋果内子

高橋果内子

コラムニスト/美容コーディネーター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:http://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク