スポンサーリンク

Original

今年の秋冬のトレンドは○○!絶対押さえておきたいメイクアイテム&テクニック

秋冬はファッションもメイクも、やっぱりカーキ&ネイビー

春夏はファッションもメイクも、パステル調など淡いカラーや原色系のヴィヴィッドカラーがメインですが、秋冬はファッションに合わせて、メイクカラーも深みのあるものが注目されます。

2017秋冬は、ファッションもメイクも、カーキやネイビーカラーがオススメです。

初心者でも簡単!カーキ&ネイビーカラーをメイクに取り入れる方法

アイテムとしては、アイシャドウやアイライナーなどのアイメイクに、ぜひ取り入れてみてください。

これまで使ったことがない……と言う方は、アイライナーやマスカラで取り入れると、これまでのメイクと違和感使えると思います。

「アイライナー」でオススメなのは、『フローフシ』から発売されている「モテライナー」(写真<カラー:NvBk・ネイビーブラック>)。

メイク 秋冬 トレンド フローフシ モテライナー

ネイビーのラインを入れると、白目がキレイに見える効果があるので、ぜひ試してみて下さい。

クリームタイプのアイシャドウなら、秋冬の乾燥対策にも◎

また、秋冬は空気が乾燥して、お肌もドライ肌になりがちです。

アイメイクをする時は、クリームタイプのアイシャドウを上手に取り入れるのもポイントです。

メイク 秋冬 トレンド クリームタイプ アイシャドウ

写真のようなクレヨンアイシャドウなら、密着度が高くメイクするのも楽ですし、おすすめです。

今年は、“新型”ブラウンのアイシャドウがスゴイ!

アイシャドウにブラウンを使うのは王道中の王道、ブラウンは誰にでも似合いやすいカラーです。

ただ、使いやすい分無難な感じになり、メイクがマンネリ化してしまうデメリットも……。

しかし今年の秋冬は、各ブランドから“新型”ブラウンアイシャドウが登場しています!

メイク 秋冬 トレンド マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ

資生堂『マキアージュ』から登場した「ドラマティックスタイリングアイズ」(写真、カラー:BR505)は、ブラウン系のアイシャドウを5つも展開。

その人の瞳の色に合った、最高のパレットを見つけることができるアイテム。

ひとつのパレットに5色がセットされていて、瞳の色に自然になじむアイメイクが可能です。

重ねる順番でグラデーションも自在

また、重ねる順番によっても、グラデーションの具合が変化。濃い色から重ねれば自然なグラデーションが簡単に作れ、淡い色から重ねれば、目の輪郭を強調するようなメイクに仕上がります。


ここ数年、アイシャドウを塗る際、事前にベース(下地)を塗って発色を良くしたり、メイク崩れを防いだりするアイシャドウベースや、目もとファンデーションなどのアイテムも登場していますが、このパレットは、5色の中に目もとファンデーションもセットされているので、メイク直しにも便利です。

専用アプリや店頭のツール活用すれば、より自分の瞳に合った色が探せる!

店頭には自分の瞳の色に合ったアイシャドウを勧めてくれるツールがあったり、専用アプリ・スマホ向けコンテンツ「I(EYE) SHADOW」もあるので、ぜひトライしてみて下さいね。

大注目のボルドーカラーコスメを使いこなすテクニック

2017年夏あたりから、ネットや雑誌などで数多く取り上げられているのが、“ボルドーカラー”。

秋冬も引き続き注目のカラーです。秋になると、ファッションも深みのあるアイテムを着用する機会が増えますので、ボルドーメイクとの相性抜群。

手軽にボルドーカラーを取り入れるなら、リップメイク

深みのあるレッドが、口もとからクラシック&エレガントさを演出してくれます。

秋 トレンド メイク 写真上:アクアアクア「オーガニックスイーツリップ」/02クリアクランベリー、写真下:エテュセ「クレヨンリップ&チーク/ RD(ワインカラーレッド)、限定品

(写真上:アクアアクア「オーガニックスイーツリップ」<02クリアクランベリー>、写真下:エテュセ「クレヨンリップ&チーク< RD・ワインカラーレッド、限定品>)

“ボルドーカラーのリップで、ケバ顔”にならないためのぬり方&今年のトレンド

ただし、濃い色の口紅で唇の輪郭をしっかり描いてしまうと、顔がケバく見えるのでNG。その時のファッションやお出かけ先の雰囲気に合わせて、ぬり方も工夫しましょう。

今年のトレンドは、あえて輪郭をぼかすようなリップメイク。唇の中央部分に口紅(リップグロス)を乗せ、薬指の指先で徐々に外側へぼかしていきます。

ボルドーカラーのリップを使う時は、グロスをプラスしてツヤを出そうとすると、ギラギラした印象になる可能性があります。さりげなく使いたい方は、口紅&輪郭ぼかしのテクニックでメイクを仕上げましょう。

ナチュラルメイク派は、ボルドーカラーをアイラインに取り入れて

口元の色を薄くしたい、ナチュラルメイク派の方にオススメなのは、ボルドーカラーのアイラインに使うこと。アイラインは口もとほど目立たないですが、目もとにほんのりボルドーが加わるだけで瞬きするたびにチラッとボルドーカ夏のお疲れ肌脱出!秋美肌をゲットする保湿スキンケアテクラーが見えて、一気に可愛らしい印象に仕上がります。

目尻側のラインを少し長めに描けばボルドーを少しだけ目立たせることができるので、目尻から2~3ミリ長めにアイラインを描いてみましょう。

これまでブラウン系やピンク系のアイシャドウを使っていた人も、ボルドーをアクセントカラーとして1色プラスするだけでトレンド感がアップします。

Motto オトクにキレイ

秋冬のファッションは、アースカラーやモノトーンなど色が若干暗めになりますので、メイクでさりげなく華やかさをプラスしてみましょう。

これまでアイメイクはブラウン一辺倒、リップメイクもベージュ系が多かった…という方は、ぜひ“新型”ブラウンアイシャドウを筆頭に、今回オススメしたアイテムを取り入れてみてください。

1つプラスするだけで、グッとおしゃれに見えますよ。


関連記事

今年の秋冬に押さえておきたいファッショントレンド大全

夏のお疲れ肌脱出!秋美肌をゲットする保湿スキンケアテク

プチプラで楽しめる♪ハロウィンアクセサリーのパーツと作り方

高橋果内子

高橋果内子

コラムニスト/美容コーディネーター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:http://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク