スポンサーリンク

Original

夏こそつかろう!入浴剤の効果を最大限に感じる入浴法とは?


夏でも“湯船につかる”をお勧めする3つの理由

夏になるとつい面倒になって、入浴時に湯船にはつからずシャワーで済ませている……そんな人はいませんか?

確かに、お湯を張ったバスルームは夏には暑さを感じるのでシャワーでちゃちゃっと済ませた方がさっぱりする気もしますが、できれば年中湯船には使ってもらいたい!

今回は温泉ソムリエでもある筆者が“湯船につかる”をお勧めする理由をお話します。


理由その1:湯船につかると体が温まる(温熱効果)

「体が温まる」と聞いて、夏に暑苦しい……と思う方もいるかもしれませんが、夏でもエアコンの影響で汗はかくけど手足が冷たい“隠れ冷え性”になっている可能性があります。

体が冷えると血行が悪くなったり内臓の働きが低下したり体全体に影響を及ぼします。

湯船につかると温熱効果で体のコリがほぐれたり、自立神経に働きかけてリラックスできたり、心身ともに良い効果があります。


理由その2:湯船につかると血行が良くなる(水圧効果)

湯船につかると水圧を受けます。

その圧力で下半身にたまった血液がポンプ作用で押し戻されて心臓の働きをサポートしてくれます。

その働きによって血行が良くなるのです。


理由その3:湯船につかるとリラックスできる(浮力効果)

湯船につかると体がフワッと浮き上がるような感覚になりますよね?

湯船につかると浮力の効果で体重が軽く感じ、普段自分の体重を支えている筋肉や関節の負担が軽くなり、緊張がほぐれます。

そうなることで、自然と体がリラックスしていきます。



美肌づくり?冷え性対策?目的別お勧め入浴法

前述したとおり、入浴には様々なメリットがあります。

貴重なバスタイムをただ単に“体をきれいにするための時間”にしておくのはもったいないです!

ここからは目的別にお勧めの入浴法をご紹介します。


美肌づくり入浴法

ヒートショックプロテイン」という言葉を聞いたことはありますか?

ヒートショックプロテインとは、ストレスで傷ついた細胞を修復して元の元気な細胞にしてくれるタンパク質のことなのですが、ストレスの中でも熱によるストレスで最も多く作られることが研究で明らかになっています。


(1)入浴前に500mL程度の水分を補給しておく

(2)42度のお湯に10分間(もしくは40度で20分間)つかります

(3)入浴後10〜20分間、体にタオルを巻いて保温。同時に500mL程度の水分を補給


この入浴法は週に2回ほど実践するのがお勧めです。



冷え性対策入浴法

冷え性が気になる方には「温冷交代浴」がお勧めです。


(1)入浴前に500mL程度の水分を補給しておく

(2)40〜42度のお湯に4〜5分間つかります

(3)20〜30度のシャワーを1分間浴びます。シャワーは心臓から遠い手足からかけるのがポイントです。

(4)(2)と(3)を3〜4セット繰り返し、最後はシャワーを浴びて終わせます


ただし、「温冷交代浴」は高血圧・動脈硬化・糖尿病・心臓病・内臓疾患がある方、体調が優れず熱がある方は避けてください。



疲労回復入浴法

体の疲れが取れないなぁという方は「反復入浴法」がお勧めです。


(1)入浴前に500mL程度の水分を補給しておく

(2)まず“ほどほど”5分間入浴

(3)次に“じっくり”8分間入浴

(4)最後は“さっと”3分間入浴


1〜2回の湯船の出入りより3回に分けて入浴した方が血行は良くなり、疲労物質の排出が早まり、さらには入浴後の保温効果も持続すると言われています。


皆さんもよくご存知の“温泉マーク”。

実は、湯気の長さが理想的な入浴時間を表現しています。

左端の湯気の長さは中くらい(5分間入浴)、中央の湯気が一番長く(8分間入浴)、右端の湯気の長さが一番短く(3分間入浴)を示しているんですよ。

疲れたなぁ、と感じる時は“5-8-3”入浴で疲労物質をデトックスしましょう。



自宅のお風呂が温泉に早変わり!?入浴剤活用術

これまで入浴剤を使ったことがないという人はいないと思うくらい、日常生活に溶け込んでいる入浴剤

最近では東急ハンズやロフト、プラザなどのバラエティーショップへ行くとおしゃれな入浴剤もたくさん揃っていますよね。

前述したとおり、湯船につかるだけでも様々なメリットがありますが、入浴剤を活用すればさらに入浴効果が高まります。


日本では古くから、端午の節句の菖蒲湯(しようぶゆ)や冬至の日の柚子湯(ゆずゆ)など、季節の変わり目に“薬湯”に入る文化があります。

お湯につかるだけではなく、菖蒲や柚子を浮かべることで温泉成分が持つような効果をプラスしより健康増進を、と考えらえられてきました。


最近では、菖蒲湯や柚子湯を実施し、来客を促す銭湯施設も増えていますが、入浴剤を活用すれば自宅で温泉と同じような効果を体感できるわけです。

私自身も入浴時には必ず入浴剤の入れた湯船につかるようにしていますが、たくさん試した中でも最近のお勧めは「汗かきエステ気分」シリーズです。

バスソルトタイプの入浴剤で、お塩は国産の鳴門の塩とイスラエル産の死海塩が主成分。

バスソルトタイプは入浴中の発汗を促してくれます。

ヒアルロン酸やコラーゲンも配合なので、入浴後のお肌はしっとりすべすべ。

何も入れずに入浴した時に比べてお肌の調子が良くなったと実感しました。


湯色がピンクの「汗かきエステ気分 スキンケアローズ」は@cosme口コミランキング入浴剤部門で1位を、湯色がブルーの「汗かきエステ気分 リラックスナイト」は2位を獲得した実績のある実力派。

また、「汗かきエステ気分 スキンケアローズ」は2017年度のバスソルト市場にて、売上No.1を記録しており、実力だけではなく人気も抜群です。

口コミでも、「発汗を実感」「体が温まる」「お湯の色が良い」などのコメントが寄せられていました。


汗かきエステ気分」シリーズは種類が豊富で、個包装6個セットタイプも。

こちらはお友達へのギフトにもちょうど良いと思います。


温泉に行けば、いつもと違った環境に身を置くことができてリラックス効果がより高まりますが、忙しい毎日を過ごしているとそう簡単には温泉旅行へ行けませんよね。

そんな時こそ入浴剤の出番です。



関連記事

「汗かきエステ気分 マッサージソルト」で、目指せ!すっきりつるつるボディ

「汗かきエステ気分(リフレッシュボディ)」、Motto読者の試した感想&とお風呂の過ごし方調査結果発表!

10/5新発売!人気バスソルト「汗かきエステ気分」に、アソートBOX登場

高橋果内子

高橋果内子

コラムニスト/美容コーディネーター OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。現在は、コラムニスト/美容コーディネーターとして活動し、ウェブメディアにて多数連載を持つ。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。 公式ホームページ:http://www.kanakotakahashi.com Instagram:insta_kanako

スポンサーリンク

オトクな「モニター体験」なら「Japamoni」

モニター体験ならJapamoni(ジャパモニ)

お悩みから探す

コスメから探す

デイリーアクセスランキング

スポンサーリンク